*

明けない夜はない 考え続ければヒントが閃くはず

公開日: : 焙煎アーティスト

岡町本店は次の三月、2022年の3月29日で開業20周年を迎えることになります。
ここまで続けてこれたのも、応援してくれるお客さんとファンの皆さんのおかげ、感謝しております。

 

ここ数年、ずっと考え続けていることがあったんです。
それは岡町本店が20周年ですが、そのお店の建物はそのずっと前からそこにあり、築ものすごい年月になっています。
岡町本店は賃貸で、毎月家賃をお支払いしております。

 

幸い、雨漏りなどといった建物による何か、というのは一度もなくまだまだ建物は大丈夫とは個人的に思っています。
しかしです。

 

家主さんであるこの建物の持ち主様が、古いしそろそろ建て直すと言わないだろうか、というのが一つ不安のタネではありました。
最近、僕の周りのお店屋さんが立ち退きを言われ、移転されている方も多く、ことさら敏感になっておりました。

 

 

もしそうなった時

 

どうするのが一番ベストか、ずっと考えていたんです。
岡町本店と高槻店を合併するとか、他に店舗を探すとか、だったら場所をどこにするか、とかありとあらゆる可能性を考えていたのですね。

 

まだまだ先だとはいえ、いずれあることだと思っているので、いざという時のために考えとかないと思いながら、隙あらばそのことを考えていましたが、どうもこれといった妙案はでてこず、考えてはため息を繰り返していました。

 

やっぱり岡町本店は岡町でお商売を続けていきたい。
でもいずれ立ち退きを勧告される日がくるかと思うのです、建物がかなり古いから。

 

そうなれば岡町本店はできれば、今ある岡町本店の近所での移転を望んでいます。
それをするには・・・って考えていて、このあいだ焙煎している時にその手があるやん!と手を打ったのです。

 

焙煎機を高槻店に移動させる

 

岡町本店にも焙煎機があり、高槻店にも焙煎機があります。
島珈琲は2台焙煎機を保有しております。

 

もし移転を余儀なくされた時、僕は焙煎機の移動と設置が一番のネックになっていたのですね。
そうか、岡町本店の焙煎機も高槻店へ移動させたらいいんや、と気付いたのです!

 

岡町本店の焙煎機はこれはこれで必要なので、移転する場合も移動させないとと考えていたのですが、高槻店に移動してしまえば、岡町本店は物販だけのお店なので、移転する時がくればそれはそんなに負担でもなくなる、ということにやっと気付いたのです。

 

なんだ、こんな簡単なことになぜ気がつかなかったのか、と自分にツッコミを入れたくらいでした。
高槻店に焙煎機を2台設置させるために、スペースの問題など、その他いっぱいこれからいろいろ考えることになりますが、でも心の負担は軽くなりました。

 

岡町本店は日曜日だけのお店ですが、わざわざその日曜日にめがけて沢山のお客さんがお店に来てくださるので、今後起こるかもしれないことにどう構えておくべきか、ということにおいて一歩前進したと思っています。

 

岡町本店は、岡町で続けていきたいですからね。
まだまだ先かどうかはわかりませんが、起こりうるだろうことにしっかりと構えながら、すぐにではありませんが準備していきたいと思ってます。

 

考え続けていればヒントは出てくるもの、と何かの励みになればと思い書きました。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメ

記事を読む

実は喫茶とコーヒー豆販売用とでは 味のつくりかたが違う

プロローグ 先週は週末に風邪にかかってしまう事態に陥り 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆 脂が少ないのはなぜ?

プロローグ 今回のご質問は、先日スコットブレンドを購入して頂いた僕のお友達で、お医者さんの佐々木み

記事を読む

白色のコーヒーペーパーフィルターと色つきの違いは何?

プロローグ コーヒーペーパーフィルターの白色と色つきの違いは何か? 色つきはそのほとんどが茶色だ

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

人は自分の鏡か?幸運をつかむ鍵とは

島珈琲高槻店は日本で2番目に古い天神さん 上宮天満宮の参道でお商売をさせてもらっているので 毎月 月

記事を読む

1+1=2以上になる 経営とか結婚とかブレンドとか 相乗効果の話

プロローグ 島珈琲を立ち上げた当初は一人で経営をしていました 一人で長く経営していると一人の力は所

記事を読む

成功するまではただの変人

明日は祝日ですが月曜日ですので、高槻店、岡町本店は日曜日だけの営業ですので、両店とも定休日となります

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑