*

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

公開日: : coffee, 感謝!!, 日記 ,

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

IMG_4379

 

昨日 長くお付き合いのあるAさんが御来店 Aさんは僕にとってエスプレッソの師匠であり 僕はAさんにとって焙煎の師匠(というのは大げさかな 笑)という変な師弟関係の真柄です

そのAさん 近々コーヒーショップをオープンするらしく焙煎機について相談があるということで 少し雑談を交えながら相談を聞いていました

 

お店をオープンする となるとほんとにいろんな覚悟いると思うし勇気もいる
自分の過去と照らし合わしながら いろんなことを思い そしてこれからのこと考えました

人口は減少していく中 コーヒーショップ(コーヒー豆屋さん)もややブーム的な動きもあり 増えては減り 増えては淘汰されを繰り返し 高品質コーヒー豆を買われるお客様のキャパシティはある程度決まっている中で 取り合いをしている状況に思えます

 

コーヒー豆の生産と消費される量 いわゆる需要と供給 これがこの先ある年から供給が足りなくなる可能性が予測されている 需要と供給のバランスが崩れたときコーヒー豆を販売している僕たちにもその余波は必ずやってくる

少し話はずれるけど ITの進化により例えば自動運転の車とかこの先インフラ化していけば 経済は間違いなく変化するだろうし 携帯電話の進化を見ればわかるように10年での物事の変化は激変していく時代になった

 

こうした考えられる先々に起こる可能性のある 様々な状況変化に対して僕はかなり不安を持っています
でも不安というのも 不安を消し去るために何かの動機になり それはいいように使えばいいと思う

 

人生は楽観的でありたい でも真の楽観的というのは 僕は「悲観の境地」なんだと思う
こんなことが起こりえるかもしれない こんな失敗があるかもしれない そんなマイナスを受け入れる覚悟ができていて もしマイナスな事が起こったとしても受け入れる準備ができているので「まっいいか」となれるのが 真の楽観的じゃないかと

 

夢は叶ったところがゴールではなく 「継続すること 」継続していけば汚れてもゆく
だけどその夢を発展させ さらに大きく もちろん「自分のためだけに」ではなく喜ぶ人のために そして輪が大きく広がった時 初めて自分の夢の本質を知ることになると思う

 

聞くところによると 今は起業して10年後に残るのは 100人中6人くらいしかいないらしいです

Aさんとは この先10年後 同じコーヒー屋さんの経営者として握手をしていたい そんなことを考えた11月の夜でした

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

 

今朝のツイッターでは こんなことつぶやきました

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている 野菜を売りたい 農家の人が大切に育てた野菜

記事を読む

最も良い コーヒーの淹れる器具はどれだろ

あの芸能人のオリジナルコーヒーを手がけることになり、先日やっとやっとストライクに入りました。 ホッ

記事を読む

no image

毎日エブリデー

 ありがたい話です 忙しくさせてもらっています 毎日 月曜日に休養させて頂いたにも関わらず

記事を読む

コーヒーのグレードとはなんだ?

昨日は定休日、家族でゆっくりと過ごしました。 朝は娘を幼稚園に送り、そのあとは奥さんと高槻天神さん

記事を読む

男の横顔

 その男の横顔 その真剣な眼差し コンサート前のリハの様子を見るのが 実は好き というのも

記事を読む

比べるところがコンビニコーヒーになった

昨日は福祉のお仕事をされている方を対象とした、コーヒー講座をカフェBeで開催しました。 &nb

記事を読む

ブルーマウンテンに近い味わいのコーヒーってあるの?

昨日は島珈琲社会貢献部の一環として、高槻市五領公民館でのコーヒー講座を開催してきました。 &n

記事を読む

いつ混ぜてるの?コーヒーのブレンドはいつ行われるか

プロローグ ご存じですか?ブレンドのルールを。   例えばモカブレンドやブル

記事を読む

溶けた氷の水で薄まらないアイスコーヒーを作るのは、どうしたらよいか?

さて、大阪は暑く、夏の入り口にさしかかったそんな気候が続いています。 朝晩は比較的過ごしやすい気温

記事を読む

連日のK点越え

 ブログのアクセス数が多いモノをピックアップしてアクセス数が多い記事がでれば島珈琲のホーム

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の炭酸ガスとは何ぞや

コーヒーの粉をドリッパーにセットし、お湯を落とす、ドリップをする。

「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

→もっと見る

PAGE TOP ↑