*

目指すのは雑味のないコーヒー (4723)

公開日: : coffee

島珈琲高槻店の1日は、というと早朝より焙煎からスタート。
早い時は6時前にお店に来たりします。

 

焙煎はいつも朝に、時々イレギュラーなことがあれば、お昼にすることもあります。
だいたい9時前くらいに焙煎を終了し、10時10分前くらいまで終わるよう開店前のお店の掃除を。

 

セットアップをして、10時にオープンしてから、まずは発送の豆の包装や梱包を終わらせて、もちろん10時からはお店に来られたお客さんの接客も並行しながら。

 

発送の支度が終わったら後は集荷してもらいまして、その後は明日の発送の準備やこのブログを書いたりしながら、お客さんをウェイティングする体制を取りつつ、いろんな仕事をしています。

 

今日はこの後、事務作業をしながらウェイティングで、19時まで営業します。
さて、本題に行きましょう。

 

 

雑味のないコーヒー

 

高槻店の焙煎機にはステンレス製のシリンダー、釜ですね、が備え付けられています。
だいたいは鉄製のモノが多いのですが、ステンレス製をチョイスしました。

 

鉄に比べて熱伝導が小さいので、伝導熱よりも対流熱にウエイトを置いた焙煎をするためにステンレス製を選んだということです。
ちょっとマニアックですね。

 

このステンレス製のシリンダーでコーヒー豆を焙煎すると、非常にですね雑味の少ないコーヒーを作ることができます。
透明感がある、というのでしょうか。

 

もちろん、手前味噌ですが僕の焙煎技術も含めて、それが出来上がっています。
非常にですね、飲みやすく優しいコーヒーの味わいとなっています。

 

嫌な苦みも酸味もない

 

舌を刺すような酸味であったり苦みであったり、そうした味わいはないです。
アフターテイスト、後口ですね、にも甘い余韻が長く続き、嫌な苦みがまとわりついていることなんてありません、もちろん尖った酸味が残るようなこともありません。

 

ステンレス製のシリンダー、釜ですね、ですと、ほんとにねクリアーな味わいそして後口の良いコーヒーが出来上がるのです。

 

そこには当然、コーヒーの原料選びもあっての話ではあるのですが、焙煎機の特長、焙煎技術、原料を選ぶ目、それらが重なってですね、雑味のないクリアーで後味が長く続くコーヒーとなるといわけです。

 

島珈琲の持ち味でもある、これらの特長。
雑味のない、そのコーヒーの持つ本来の味わい、をお楽しみくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

冷めた時に見える味

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来まして今ブログを書いています。 ブログと言うのは書くと

記事を読む

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

ホットコーヒーの豆(粉)を買ってきました アイスコーヒーにも使えるの?

高槻は久々の晴天となりました。   しばらく雨が続いていたので、今週から幼稚園

記事を読む

ミルの排出口に茶色い皮がいっぱいつく理由は

本日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店の店頭に立ちコーヒー豆の販売・接客をしております。 こちら岡

記事を読む

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、そして丁寧に。 ラッピングは神

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

レギュラーコーヒーのレギュラーってどういう意味?

月曜日を一応ブログの定休日として設け、ほぼ毎日更新しております。 よくそんなネタがあるなぁ、と思わ

記事を読む

ガッツしまこーひー

 昨晩 お酒を飲みながら 次に出店する(といっても1年以上先の話ですが)ことを考えていたの

記事を読む

ドリップコーヒーマシンのビターがエチオピアモカにチェンジします!

無事に夏期休暇が終了しました。 おかげ様で、ほんとうに良い時間を過ごすことができ感謝しております。

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続きます コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎 (4975)

次の月曜日の定休日には、お休みを返上しましてコーヒーシロップ無糖の仕込

ということでミル掃除とバーナーメンテナンスできました (4974)

昨日の高槻は午後からひどい雨でした。   そのひどくなる前に

大雨の日はメンテナンスを (4973)

本日、高槻では朝から大雨警報が。   今日は家からお店までは

刷り込み (4972)

来週の月曜日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です。  

年齢、感じてます (4971)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に朝は7時くらいに到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑