*

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

公開日: : coffee ,

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないのですが、コーヒーのなんらかの説明をするときには、生活にある身近なものと比べたり、例えたりするとお客さんによく理解してもらえます。

 

最初からそれは出来たわけではなく、お客さんの会話から自分の言った言葉にハッとしたり、何気なく言った言葉にお客さんがハッと気づきがあったり。

 

そうした経験を積み重ねていくと、生活あるものをただあると思ったり、見過ごしたりするのではなく、よく観察したりなんでだろ?と、よく考えるクセが身につきました。

 

すると、いろんなものと置き換えて、コーヒーの説明ができるようになってくるものなのですね。

 

もちろんまだまだ観察や考えることは続きます。
これは一生ですね、勉強や頭を良くする努力は、日常のどんなシーンからでも出来る、だから常に考える。

 

これが頭を良くしていく為の日常での意識かな、なんて思っております。
さてコショウの話でしたね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コーヒー豆の挽き方で変わる味わい

 

とまず、コーヒー豆を粉にするときいろんな挽き方がありますが、中挽きとか細挽きとか粗挽きとか、あとは中細挽きだとか、これによって味わいの変わり方を簡単に書きますね。

 

まず細挽きとは、読んで字の如く、細かく砕くこと。
豆を細かく挽くと、表面積が増えます。
増えるということは、お湯と接触する面積も増えるわけで、コーヒーの成分が多く抽出されることになり、粗挽きや中挽きに比べると濃い味わいができるということになります。

 

というとは、表面積が減っていけば、味わいは「薄くなる」に近づくということになります。

 

じゃあ細かく挽いて粉の量を少なくしたら経済的じゃないか、と思いますが、細挽きにすると抽出されて欲しくない味わいがでることもあり、じゃあ細挽きに、という簡単なことではないのですね。

 

簡単に書くと、細挽きは濃い味わい、粗挽きはやや薄め、中挽きと中細挽きはその真ん中、こんな感じで覚えるのがいいかと思います。

 

それをコショウで例えたら

 

ブラックペッパーやホワイトペッパーなどがあるので、一緒くたにはできないのですが、ブラックペッパーをペパーミルで粗挽きにしたときと、ホワイトペッパーのいわゆるテーブルコショウですね、その味わいの違いってありますよね。

 

ペッパーミルで粗挽きにしたコショウはわりと大味というか、比べて細挽きにしているテーブルコショウは濃い目の味わいというか。

 

ホワイトペッパーですので、幾分優しい感じではありますが、割と濃く感じると思います。
香りの質も違いますしね。

 

って書いたけど、コーヒーとちょっと比べるには、ちょっと難があったかな(笑)

 

お茶でも抹茶なんか粉末にしているから濃いですし、細かくすると濃いその事をお伝えできたら、参考になるかなぁと思いましたが、すみません、自分の中で、ちょっと上手くまとまりませんでした。

 

コーヒーの挽き方、そしてコーヒーミルをどれを選ぶかでも、変わってくるのですね。
コーヒーはいろんなところで味わいが変化するので、ほんとうに奥が深いです。

 

僕でも今だにびっくりさせられること、多々あります。
表現の方法がまだまだですが、いろいろな生活の中シーンでの観察を続けて、皆さんに「なるほど」を届けられるように頑張ります!

 

ということで、コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べるのお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎をお肉の焼き方で味わいを例えてみる

プロローグ どうもここ2,3日頭がぼぉーとしていて困ってます。 春だからか、もともとか、花粉だか

記事を読む

あっなるほど!ブレンドを音楽を使って例えるとこうなった

プロローグ ブレンドとはそもそも何かというと、ある味とある味を足して新しいコーヒーの味を創ることで

記事を読む

回帰して、そしてまた巡る

先日、島珈琲のホームページをスマホ対応のフレキシブルなんとかにする相談を、もう10年以上のお付き合い

記事を読む

コーヒー豆を挽いてから、何日までに飲んだらいいの?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回も保存方法や鮮度の話を書きたいと思います。 コーヒーのたてか

記事を読む

コーヒーミルによってコーヒーの味は変わるのか?

プロローグ 僕の道具の中で、味において焙煎機の次に重要なモノは、コーヒーミル(コーヒーカッターとか

記事を読む

アイスコーヒーを作る時の粉の挽き方は、細挽き?中挽き?どっち

プロローグ 3日間、お休みを頂きまして南紀白浜へ家族旅行に行ってまいりました。 ほんとうに楽しい

記事を読む

no image

シェーカー

 今日はアイスコーヒーをシェーカーで作って味見をしていました お湯でドリップした濃いめのコ

記事を読む

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ 別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1

記事を読む

ペーパーを濡らすにはどんなふうにするのがベスト?

昨日はコーヒー教室的なのが2本立てでした! 普段は無口なほうで、というとみんなにびっくりされるので

記事を読む

コーヒーの「美味しい」に一番大切なものは何?

手前味噌なお話になりますが、今までのいろんな成果がカタチになったのかして、このゴールデンウィークはも

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑