*

ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。

 

コーヒー豆を購入しに来られたお客さんが、何気なしに言う困っていること、不思議に思うこと、技術的なこれでいいいのかなの質問、などなどを頭に入れておき、順番に書いていきます。

 

もちろん、それだけではなく、自分がこれみんな知らんやろうなぁ、とかこれって僕らコーヒー人からは当たり前のことやけど、実は当たり前と違うやろうなぁ、と思うことをピックアップすることも当然あります。

 

ブログのネタになるであろうものは、なんでもキャッチします。

ブログのネタの嗅覚(?)だけは、かなり敏感にキャッチしますね、職業病です(笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーの書籍を手に取ってみる

ブログのネタには嗅覚がかなり鋭くなっていますが、毎日のように書いていると周期的にネタに困る時がやってきます。

 

一つは今のような夏の閑散期。
春秋冬に比べ、夏はお客さんが少なくなる時季、ですから会話の時間も少なくなります。

 

ですので当然、上記に書いた会話からのブログネタを探しだす、そのヒット率はググーンと下がります。
じゃあどうするか。

 

コーヒーネタではないものも含めて、僕が今書きたいこと、思っていること、が見ている人にとって情報や役立つコトと絡めて書けないかを考えてます。

 

できるだけ「自分の好きなこと」と「なるほど」を組み込むのですね。
そうすると僕だけの記事が書けると言うことですよね。

 

しかしです。
それすら浮かばない時があります、そんな時はコーヒーの本を手に取り、僕の視線で書けることがないかと見ていきます。

 

そんな時に参考にしている本がこちら

バッハコーヒー主宰の田口護さんの コーヒー味わいの「こつ」 柴田書店

 

伊藤博さん 珈琲を科学する 時事通信社

 

 

 

今の時代からすると、もう古くなってしまうのかもしれませんが、この2つの本を調べていきます。
コーヒーの技術や文化もどんどん進化していってますが、基本的なところは変わっていないので、皆さんが不思議に思っているのではないかというのを見つけ、僕なりにかみ砕いて、ブログに書いています。

 

両方とも1995年近辺に書かれた本で、20年前になりますが、今でもなるほどが沢山ある本です。

 

コーヒー好きな方は、一度ご覧になられるのも良いかと思います。

今回は、ブログネタに困った時に島が見る本、の紹介でした。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

何回やっても・・・

 緊張というのはとれません お店をオープンする経験が今回で3回目ですが その回数のたびにう

記事を読む

布団の中で「自分らしさ」を考えた

昨日は鈴鹿サーキットでセミナーを受けるはずでしたが でしたが なんとまさかの体調不良を起こし

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

たこやき ビール 昼寝 

家族がなかったころ たまにとれる休みの日は 午前中は掃除やら身の回りのこと 昼からは買い物に行ったり

記事を読む

浄水器と整水器 コーヒーと水の関係

大阪は梅雨らしい天気が続いています 空梅雨だったので 農業を営んでいる方には恵みの雨でしょうか 降る

記事を読む

今一度

 神は自分に背負えるだけの荷物しかお与えにならない と なにかに書いてあった 難しいなぁ~

記事を読む

バウムクーヘンと美味しいコーヒー

プロローグ コーヒーによく合うお菓子の一つとして、僕はバウムクーヘンがオススメです。 シンプ

記事を読む

コチコチコチ・・・

何かのときに誰かが言っていた 「そのお店の善し悪しは 食器の洗い方を見ればわかる」と 食器を洗ってい

記事を読む

no image

コーヒートーク

 日曜日 岡町のお店で営業をしているときは お客様との距離も近く 時間もとれるので お客様

記事を読む

美味しいコーヒーで味覚は磨かれる

歳を重ねるごとに、味覚は磨かれると思う。   僕は今年で43歳になりまして、目

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑