*

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ

コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻店・カフェBe店ともに立派なエスプレッソマシーンがありますが、エスプレッソもまたすんごく奥が深く、美味しさを追求すれば一筋縄ではいかない高度な技術が必要とされます。

 

高度の技術を得るためには修練が必要となります。僕もある程度のことを勉強してきていますが、どっちかというとサブ的な位置づけになっています。コーヒー屋として分かっときたいところだけ、勉強してきた。そんな感じです。

 

だから、エスプレッソのことを書くことがじゃっかんおこがましく思っておりますが、でもこれを知っておくといろんなお店でカプチーノが飲むことが楽しくなるじゃないかなぁ-と思って、記事にしたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_8431

写真はエスプレッソマシーン

カフェラテとカプチーノ違い

僕の定義では、エスプレッソに泡立てたミルクを合わせたのがカプチーノ。
ミルクにカプチーノのような泡がなく、同じエスプレッソの量にミルクの量が1.3倍くらい入っているのがカフェラテ、だと思ってます。正直なところ本場はどうなのか、僕も曖昧にしか知りません。

 

ミルクの泡立て方が美味しさのキーになる

美味しいエスプレッソがあっての大前提の話になりますが、カプチーノ美味しさははミルクの泡立て方が命と僕は思っています。

 

エスプレッソマシンのスチームノズル、これをミルクピッチャーという道具にミルクをいれてスチームでミルクを温めながら、ミルクピッチャー内でミルクを混ぜながら65℃くらいまでもっていきます。

IMG_8430

 

これがスチームノズル。ノズルからスチームを噴射します。

 

 

なぜ65℃なのかというと、この温度帯が1番ミルクの甘みを引き出すことができるところなんです。ちょっとぬるく感じるのですが、ここが美味しいポイント1です。

 

ミルクを温めるときに、空気を含ませます。泡を作るためです。ミルクに泡を作るために空気を含ませますが、含ませるだけではいけません。この気泡を細かく細かくしてなめらかにしなければいけません。

それはなぜか?

 

IMG_8439

 

 

口当たりがなめらかになり泡が、それはまるで生クリームを食べているかのような食感が生まれるからです。

IMG_3924

 

気泡が粗いとミルクの舌触りはざらつき、気泡が細かいものよりイマイチしまりのない味わいとなります。
ここ美味しいポイント2です。この作業になれるまでは、なかなか難しい作業なんですね。
だいたい約30秒ほどでこの作業は完了していまうので、手早くしなければいけません。

 

ミルクの気泡と気泡をぶつけ合って、粗い気泡をより細かくなめらかにするのを約30秒と決められた中でバリスタはパフォーマンスするのです。

IMG_4207

 

エピローグ

残念ながら、僕はアートは苦手なんでカプチーノに絵は描きませんが、カプチーノの泡のなめらかさを意識して飲んでみてください。うーん、わかんないよーと思ったら是非、カフェBe店か、高槻店にきて僕のカプチーノ飲んでください!味には自信ありますからね。

 

これからカプチーノが美味しい季節。やってきましたね。

IMG_0593

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

島珈琲のエスプレッソ用の豆はこちらがオススメです。
http://www.shima-coffee.com/ble-0004/

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

同じ条件でやっても、同じ味わいにならない理由

昨日のブログをツィッターでリンクし、ツィートをしたところ、沢山のリツィートやいいねを頂けました。

記事を読む

島珈琲の姉妹店「カフェBe」ってどんなお店?

ブログを書き始めてどれくらいなのかがちょっと定かじゃありませんが、長くやっております。 このワード

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

良い食品を知る一つの「ものさし」とは

いろんな人と会う、ということはほんとうに大事だなぁと思います。   自分の視点

記事を読む

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を

記事を読む

TANPAN COFFEE 香りを閉じ込め、セット完了しました!

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー、TANPANCOFFEE 本日200gパック

記事を読む

接客力を上げるにはどうしたら良いですか?

接客力とは、文字通り接客における力、気づかい気配りですね。   接客力って本来

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言葉を使ってしまう僕です。

記事を読む

コーヒーの豆・粉は一杯何グラムが正しいのか

大阪高槻は昨日から寒くなり、涼しくなりましたねーなんて言ってたのが急転、寒くなりましたねにお声かけが

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑