*

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ

コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻店・カフェBe店ともに立派なエスプレッソマシーンがありますが、エスプレッソもまたすんごく奥が深く、美味しさを追求すれば一筋縄ではいかない高度な技術が必要とされます。

 

高度の技術を得るためには修練が必要となります。僕もある程度のことを勉強してきていますが、どっちかというとサブ的な位置づけになっています。コーヒー屋として分かっときたいところだけ、勉強してきた。そんな感じです。

 

だから、エスプレッソのことを書くことがじゃっかんおこがましく思っておりますが、でもこれを知っておくといろんなお店でカプチーノが飲むことが楽しくなるじゃないかなぁ-と思って、記事にしたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_8431

写真はエスプレッソマシーン

カフェラテとカプチーノ違い

僕の定義では、エスプレッソに泡立てたミルクを合わせたのがカプチーノ。
ミルクにカプチーノのような泡がなく、同じエスプレッソの量にミルクの量が1.3倍くらい入っているのがカフェラテ、だと思ってます。正直なところ本場はどうなのか、僕も曖昧にしか知りません。

 

ミルクの泡立て方が美味しさのキーになる

美味しいエスプレッソがあっての大前提の話になりますが、カプチーノ美味しさははミルクの泡立て方が命と僕は思っています。

 

エスプレッソマシンのスチームノズル、これをミルクピッチャーという道具にミルクをいれてスチームでミルクを温めながら、ミルクピッチャー内でミルクを混ぜながら65℃くらいまでもっていきます。

IMG_8430

 

これがスチームノズル。ノズルからスチームを噴射します。

 

 

なぜ65℃なのかというと、この温度帯が1番ミルクの甘みを引き出すことができるところなんです。ちょっとぬるく感じるのですが、ここが美味しいポイント1です。

 

ミルクを温めるときに、空気を含ませます。泡を作るためです。ミルクに泡を作るために空気を含ませますが、含ませるだけではいけません。この気泡を細かく細かくしてなめらかにしなければいけません。

それはなぜか?

 

IMG_8439

 

 

口当たりがなめらかになり泡が、それはまるで生クリームを食べているかのような食感が生まれるからです。

IMG_3924

 

気泡が粗いとミルクの舌触りはざらつき、気泡が細かいものよりイマイチしまりのない味わいとなります。
ここ美味しいポイント2です。この作業になれるまでは、なかなか難しい作業なんですね。
だいたい約30秒ほどでこの作業は完了していまうので、手早くしなければいけません。

 

ミルクの気泡と気泡をぶつけ合って、粗い気泡をより細かくなめらかにするのを約30秒と決められた中でバリスタはパフォーマンスするのです。

IMG_4207

 

エピローグ

残念ながら、僕はアートは苦手なんでカプチーノに絵は描きませんが、カプチーノの泡のなめらかさを意識して飲んでみてください。うーん、わかんないよーと思ったら是非、カフェBe店か、高槻店にきて僕のカプチーノ飲んでください!味には自信ありますからね。

 

これからカプチーノが美味しい季節。やってきましたね。

IMG_0593

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

島珈琲のエスプレッソ用の豆はこちらがオススメです。
http://www.shima-coffee.com/ble-0004/

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

麻袋の使い方だよ!コーヒー生豆の袋の使い道

プロローグ 麻袋と書いて、僕たちは「マタイ」と呼んでいます。 僕は普通と思っていましたが、マタイ

記事を読む

カフェをオープンするときのコーヒー選びも相談にのります!

今朝は奈良県奈良市より、落語喫茶 古々粋亭(ここいきてい)を近日オープンするオーナー井上雅博さんがご

記事を読む

なんでそんなに種類があるの?コーヒー計量カップの種類

プロローグ コーヒーを1杯淹れるのに必要なコーヒー豆、粉は島珈琲では10グラムとお伝えしています。

記事を読む

コーヒーのアテは何がお好き?

つくづく思うことがあります。   それは島珈琲のお客さんはほんとうに良いお客さ

記事を読む

僕がハワイ島のコーヒー農園で得た大事なこころ

プロローグ 僕がハワイ島のコーヒー農園へ働きに行ったのは、2001年1月のこと。 ボランティアと

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

いっぱいだーマン!

 頭の中が福祉施設に入るカフェの経営企画書のことで いっぱいだーマンだ! 寝ても覚めてもそ

記事を読む

普通のコーヒーがレベルアップしている現状に思うこと

18日の朝に高槻で地震がありました。   その日は定休日、19日20日と以前か

記事を読む

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。 こちらのカフェは2009年に

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑