*

焙煎で味わいが変わるってどういうことなのか

 

img_3912

 

焙煎でコーヒーの味を作る、これわかりにくいですよね。
そもそもコーヒー焙煎って、何をどうして各々職人さんが味つくりをしているのか、ということはわかりにくく、あまり伝わってません。

 

焙煎機が違うとか、焙煎するコーヒーの原料であるコーヒー生豆のグレードが凄いとか、焙煎する技術だとか、焙煎機がパワーアップしてるとか、焙煎する職人さんが目利きであるとか、違いと言えばこんな感じです。

 

焙煎をしている職人さんはそれぞれポリシーがあり、自分のキャンバスに描きたい味わいがあります。
それをコーヒーという絵の具で、そこに表現するわけですが目に見えて分かるものでないので、そこが分かりにくいとされる要因のひとつになっております。

 

焙煎機が国産だとか外国産だとかあくまでもそれらはスペックで、コーヒーだけで見渡せば、もはやコンビニでもネットでもカンタンに何処でも買える時代になりました。

 

焙煎のいろんな事が凄くても、それが伝わってなければ「ない」のと同じで、その違いもお客さんから見れば分かりにくいものなのです。

 

なので、焙煎職人による味わいの違いを説明したとして、それが「だから凄いのかぁ」と思うほどの味の違いを発見するのがあまりない時代になりました、みんなそれぞれに美味しいから。

 

プロ目線で見れば技術的な差がある場合もありますが、家庭でコーヒーを楽しむお客さんがそこまで細かい味わいを深追いしている方がいるのか?というとごく稀です、もしくはそれを楽しんでいる良い意味でのマニアの方です。

 

もちろん僕はコーヒーの焙煎の技術には自信がありますし、目の前のお客さんに喜んでもらおうと日々いろいろ考えていますし、日々技術を磨くことを怠ってはいません。

 

でもね、今の時代はどこから買うか、より誰から買うか、という流れになっていると思うんですね。
これだけ情報があって、どこでも買えて。

 

なので、お客さんとの関係性を築くことが大事なんです、それをエクスマの創始者、マーケティングの師匠 藤村正宏先生から教わっております。

 

今回はなんかだいぶ言いたいことが脱線してしまいました。
何が言いたかったのか、ちょっと迷走しております(笑)

 

技術は技術で大事ですが、それは影で職人が日々練習し鍛錬していくことであって、お商売として大事な事は焙煎の違いを声高にし差別化を図るのではなく、島さんからコーヒー豆を買いたい!と言って貰える、お客さんとの関係性を深めることにあるんですね。

 

そのためにブログやツイッターやフェイスブックを使い、今会えない人とでも関係性をゆっくり築いていっているという話です。

 

結局は僕がなんでSNSをやっているのか、というお話になりました、あらら。
うわぁ、今回のブログ 尻切れトンボで終わってしまったー!

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

どれがいい?手挽きコーヒーミルの選び方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 昨日 お客様から手挽きミル どれがいいのか分からない

記事を読む

ひとこと あるかないか で 人は変わる

ブログを移転して2回目 スマートフォンでは見やすくなったと思います スマートフォンとパソコンの画

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

焙煎中は味見できない どんなイメージを持って焙煎するのか

僕はこう見えて、コンピュータ関係にはかなり弱いです。 よくわかりません、だから分かる人に聞いていま

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

コーヒーに流行りはあるの?

昨日はお休みでした。 日曜日は岡町本店で、他の日は高槻店に居てますーと言うと、あらお休みなくて大変

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

まとめて買うのがよいか こまめに買うのがよいのか どっちだ?

プロローグ 「これからのビジネススタイルは好きなこと(もの)と好きなこと(もの)を足してあなただけ

記事を読む

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑 野に咲く花のように~♪

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑