*

職人さんの仕事 やっぱり人やで

昨日はお店の流れがゆるやかだったので、隙を見ながら、焙煎機をちょっと磨きました。

 

焙煎機のステンレス部分は研磨剤で磨くと、コーヒー焙煎時に付着する茶色い脂分が取れて、輝きを取り戻し、ピカピカになってめっちゃ気持ちよくなります。

 

気持ちいい気分で、気持ちよく焙煎、いいコーヒー豆ができますねー 笑

 

島珈琲では、9月10月はどちらかというと閑散期。
1年のうち、この二ヶ月は割とお店の流れ、特に高槻店は穏やかです。

 

なので、掃除をしたり、今出来ることをフューチャーして、念入りにそれをする時期にしています。

 

さて今回のお話は、昨晩、バイクのパンクを修理してもらったのですが、そのショップで思ったことを。

 

 

ある自転車屋さんで

 

パンク修理するにあたって、お世話になっているYSP門真の犬村さんにアドバイスを頂き、それを基に、どうすれば最短でなおすことができるか、をいろいろ考えてまず空気を入れれるところ、そや!家の近所に自転車屋さんあったわ!と思い出しました。

 

そこで空気を入れさしてもらって、近くのバイク屋さんへ、と思ったのですが、待てよ、その自転車屋さんでもバイクのパンクなおしてくれるんちゃうか?と考え直し、そしてすぐ電話をかけて聞いて、一応、出来ますよーと。

 

夜遅くまでやっている自転車屋さんで、いつも家に帰る途中、よく働きはる自転車屋さんやなぁと見て思ってたんです。

 

家に帰り、急いでバイクを押して自転車屋さんに行き、パンクを直してもらいました。
そのパンクを直してくれた人が、まぁ職人さんだこと。
手つきに見惚れてしまいました。

 

これからAIの時代に、何が残るためのキーワードになるか

 

個人店が生き残るためにどうするべきか、何を考えるべきか。
いつも僕の頭にこのことがあります。

 

これからますますテクノロジーは進化し、自動運転の車が一般化されたり、いやもっともっとすごいことが起こっていくでしょう。
しかもコーヒーのハンドドリップも、もう東京のあるお店では試験的に、ロボットでのドリップを始めているっていうじゃないですが。

 

コンピューターやAIが人を凌駕した時、人の役目ってなんだろう。
僕ら個人店の役目ってなんだろ?って考えるのです。

 

人には温度があって、血が流れているいるわけで、やっぱり情とか人間らしさ、人間らしいぬくもりとか、なんだと思うのです。

 

その職人さん、むすっとして仕事をしているのですが、話すとめっちゃ穏やかな人で、しかも仕事も親切、丁寧。
これからは自転車のことは何かあったらここに来よう、と決めました。

 

取り留めのないことを書いていますが、僕自身が特に個人店へ行った時に、個人の魅力ってなんだろう、って見て探してしまうのですね。

 

そうして、見た枝葉を吸収して、自分のフィルターに通して考えて、島珈琲も選ばれるお店になれるようにと行動するわけです。

 

商品の品質とか、美味しさとか、そういうものありますが、それを超える人としての惹きつけるもの。
そこをいつも探して、自分に置き替えることできないかと考えております。

それが、今後もっともっと進むであろうテクノロジーに対する個人店のできること、ではと考えております。

 

パンクを直してくれる自転車屋さんの職人さんに触れて、そんな個人店のこれからの独り言を書きました。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑 周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが 少なく 

記事を読む

白色のコーヒーペーパーフィルターと色つきの違いは何?

プロローグ コーヒーペーパーフィルターの白色と色つきの違いは何か? 色つきはそのほとんどが茶色だ

記事を読む

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナ

記事を読む

僕が毎朝つぶやいている言葉

僕がツイッターを島珈琲に役立てよう、と本気で思ったのは、2014年7月14日から15日にかけて開催さ

記事を読む

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒーを作るとき、今まで聞いたことな

記事を読む

昨日 新規出店のご相談を受けて思った事

プロローグ 昨日は夕方に新規出店のご相談を受けました。喫茶店をされたいということでご相談です。

記事を読む

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなく

BGMを川のせせらぎにして

昨日はお休みでしたが、半日を焙煎機のメンテナンスの時間にあて、焙煎機を

思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑