*

職人さんの仕事 やっぱり人やで

昨日はお店の流れがゆるやかだったので、隙を見ながら、焙煎機をちょっと磨きました。

 

焙煎機のステンレス部分は研磨剤で磨くと、コーヒー焙煎時に付着する茶色い脂分が取れて、輝きを取り戻し、ピカピカになってめっちゃ気持ちよくなります。

 

気持ちいい気分で、気持ちよく焙煎、いいコーヒー豆ができますねー 笑

 

島珈琲では、9月10月はどちらかというと閑散期。
1年のうち、この二ヶ月は割とお店の流れ、特に高槻店は穏やかです。

 

なので、掃除をしたり、今出来ることをフューチャーして、念入りにそれをする時期にしています。

 

さて今回のお話は、昨晩、バイクのパンクを修理してもらったのですが、そのショップで思ったことを。

 

 

ある自転車屋さんで

 

パンク修理するにあたって、お世話になっているYSP門真の犬村さんにアドバイスを頂き、それを基に、どうすれば最短でなおすことができるか、をいろいろ考えてまず空気を入れれるところ、そや!家の近所に自転車屋さんあったわ!と思い出しました。

 

そこで空気を入れさしてもらって、近くのバイク屋さんへ、と思ったのですが、待てよ、その自転車屋さんでもバイクのパンクなおしてくれるんちゃうか?と考え直し、そしてすぐ電話をかけて聞いて、一応、出来ますよーと。

 

夜遅くまでやっている自転車屋さんで、いつも家に帰る途中、よく働きはる自転車屋さんやなぁと見て思ってたんです。

 

家に帰り、急いでバイクを押して自転車屋さんに行き、パンクを直してもらいました。
そのパンクを直してくれた人が、まぁ職人さんだこと。
手つきに見惚れてしまいました。

 

これからAIの時代に、何が残るためのキーワードになるか

 

個人店が生き残るためにどうするべきか、何を考えるべきか。
いつも僕の頭にこのことがあります。

 

これからますますテクノロジーは進化し、自動運転の車が一般化されたり、いやもっともっとすごいことが起こっていくでしょう。
しかもコーヒーのハンドドリップも、もう東京のあるお店では試験的に、ロボットでのドリップを始めているっていうじゃないですが。

 

コンピューターやAIが人を凌駕した時、人の役目ってなんだろう。
僕ら個人店の役目ってなんだろ?って考えるのです。

 

人には温度があって、血が流れているいるわけで、やっぱり情とか人間らしさ、人間らしいぬくもりとか、なんだと思うのです。

 

その職人さん、むすっとして仕事をしているのですが、話すとめっちゃ穏やかな人で、しかも仕事も親切、丁寧。
これからは自転車のことは何かあったらここに来よう、と決めました。

 

取り留めのないことを書いていますが、僕自身が特に個人店へ行った時に、個人の魅力ってなんだろう、って見て探してしまうのですね。

 

そうして、見た枝葉を吸収して、自分のフィルターに通して考えて、島珈琲も選ばれるお店になれるようにと行動するわけです。

 

商品の品質とか、美味しさとか、そういうものありますが、それを超える人としての惹きつけるもの。
そこをいつも探して、自分に置き替えることできないかと考えております。

それが、今後もっともっと進むであろうテクノロジーに対する個人店のできること、ではと考えております。

 

パンクを直してくれる自転車屋さんの職人さんに触れて、そんな個人店のこれからの独り言を書きました。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消費税負担のお願い(実施時期 2

記事を読む

コーヒーの香りの強さは何によって違うのか?

昨晩、娘が幼稚園でもらってきたヨーヨーで遊んでいました。 それを見た僕は、突如スイッチが入ってしまい

記事を読む

これを知っていれば安心 初めてのコーヒー専門店でコーヒー豆を買うとき応用できる3つのこと

プロローグ コーヒー豆専門店を13年させてもらっていますが どうしても敷居が高く感じられているよう

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

僕の尊敬する人 Route271の船井さん

大阪梅田の芝田にある有名なパン屋さん、Route271さんをご存じでしょうか。 テレビや雑誌などに

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

つき抜ける香り

昨日は、高槻店のご近所にあるカレー屋さん、ヴァスコダガマさんへカミさんとランチデートに。 本店はJR

記事を読む

コーヒーの味わいの表現はむずかしい・・・参考にした本はコレ

実は僕、過去にバーテンダーを目指した時期がありました。 昼はコーヒー焙煎、夜はバー、カフェバーです

記事を読む

味覚も季節のよって多少変化するのをご存知ですか?

季節の変わり目ですね 季節の変わり目というと味覚も季節によって じゃっかんの変化があるのがご存知でし

記事を読む

まとめて買うのがよいか こまめに買うのがよいのか どっちだ?

プロローグ 「これからのビジネススタイルは好きなこと(もの)と好きなこと(もの)を足してあなただけ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ドリップコーヒーについて 知りたいこと

僕 島規之が、コーヒー基礎講座の講師を務めることになりました。 久しぶ

通販 店頭 税込表示に変更します!

昨晩は帰宅すると、娘が玄関までお出迎え。 元気な声で、おかえりーと。

ブレンド桜ふぶき ネット販売開始です!

昨日はお休み。 家族で伊丹にあるプラネタリウムへ行き、その近所にある伊

1回の焙煎時間はどれくらい?

岡町本店では、営業時間内でも焙煎をしていることが多々あります。 岡町本

開業17年 コーヒーの価格の流れ

島珈琲が開業したのは2002年3月29日。 次の3月で開業18周年とな

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑