*

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ

ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。
昨日はツイッターで繋がる、神戸のお客さまがわざわざ来られ、コーヒーについてお話をしていました。

 

そんな中でいろんな質問を受けて、それにお答えしていたのですが、ふと僕の発した言葉に、そのお客さまが「ブレンドは生演奏なんですね」と言われて、そうそれ!

 

探していた言葉を見つけた、そんな一コマでした。

ブレンドは生演奏、とはどういうことか。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_3501

 

ブレンドとは変わるモノ

ブレンドは味わいは常に一定しているのか、というお話をしていたのですね。
それについて僕はブレンドの味わいは常に変化しています、ただ大きい変化ではなく、小さい変化をしながら、できるだけ元の味わいに近づけながら調節しています、とおこたえしました。

 

なぜ変化するのかというと、ブレンドの元になるコーヒー豆。
いつも同じ国の同じ産地の同じ地区のコーヒーを用意できたとしても、農産物なのでその年によって味わいも変わります。

 

野菜でもお米でもそうですよね。

 

焙煎でも季節により味わいは多少変わっています。
ブレンドは数種類のコーヒー豆を混ぜ合わせて、新しい味を創造します。

 

ただし毎年同じ味わいの原料を確保できるかというと、僕のような小規模のお店ではなかなか難しいです。

ですので、同じ味わいを目指さずに、変化があるのがブレンドコーヒーです、と説明しています。

 

CDで例えると

昔、吉川晃司が好きでよく聞いたのですが(昔のCDは今でもたまに聞きます)、ライブで収録したCDと、CDの為に収録したCDの吉川晃司の声って違うじゃないですか、これはどんなアーティストでもそうですよね。

 

同じ歌でも、今日のライブと明日のライブでは、同じじゃありませんよね。
微妙に違いますよね。

 

島珈琲のブレンドもそんな感じなんです。

微妙に違います、同じを味わいを狙っていません、但し完成度の高さには意識しています。
変化を楽しむのがブレンドの醍醐味だと僕は思っています。

 

大手メーカーは同じ味わいを作りますが、僕は同じ様な味わいの中で毎日に少し変化をつけながらブレンドを作ります。

 

大きい味わいのブレはないですけどね。
音楽でいうところの同じ歌、同じ曲がベースにありながら日々少しの変化がある、というところです。

 

エピローグ

変わることを楽しむ。
人だって昨日と今日では違っていますよね。

 

微妙な変化を楽しむ、これもコーヒーを飲む楽しみに追加してもらえると「コーヒーを愉しむ」という幅が広がって、より楽しく飲んでもらえるのではと、これを読む皆さんに期待したいです。

 

ブレンドは生演奏という話から、コーヒーの楽しみ方へ繋げたお話でした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

明けない夜はない 考え続ければヒントが閃くはず

岡町本店は次の三月、2022年の3月29日で開業20周年を迎えることになります。 ここまで続けてこれ

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

コーヒーの挽き方 中挽きって何?

プロローグ コーヒー豆を粉にする、コーヒー豆を挽く時に中挽きだとか、粗挽きだとか、細挽きだとか、一

記事を読む

どうしてコーヒーを沢山の杯数を淹れる時、粉を減らすのか

プロローグ 毎日ブログを更新して書き慣れていても、書くのには時間はそれなりに必要です。 文字数に

記事を読む

エスプレッソの超極細挽きの粉をペーパードリップした結果

最近の僕のブログを書くパターンとして、序破急の3部構成で序はここの始まりのパートになるわけですが、日

記事を読む

島珈琲がコーヒーミルや器具をあまり販売しないわけ

今週からお店まで自転車でくるようにしてます。 今まではバイクでした。   配達も一旦、家に

記事を読む

コーヒーパワーアップ大作戦

 来る11月16日 神戸 マツモトコーヒーさんでおこなわれる エスプレッソセミナーに出席し

記事を読む

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今、僕は真田太平記を読んでいます。 12巻あるうちの6巻を終了し、7巻に入ったところ。 &n

記事を読む

慢心

昨晩はYouTubeで、ボクシングを観ていました。 昔の名選手の名勝負、名シーン、ノックアウトシーン

記事を読む

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎にかかる時間はどれくらい?

高槻店は川口ビルというビルの1階にあります。 2階はカモシカ雑貨店さん

来年のお正月3が日はお休み頂きます!

毎年、お正月の3が日は高槻店は営業していました。 しかしです。 &nb

閃きは動いているからこそ

本日は月曜日でお休みです。 高槻店は日曜日・月曜日が定休日。 岡町本店

暖色と寒色

本日は日曜日ですので、早朝に高槻店で荷物を積んで岡町本店で降ろし、営業

お店のBGMは「川のせせらぎ」です

高槻店のBGMは下写真のCD「川のせせらぎ」を流しています。 このCD

→もっと見る

PAGE TOP ↑