*

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ

出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。
僕は今年で41歳になりますが、最近身体にだるさ、目の疲れが顕著にでるようになり、おっちゃんになってきたなぁと思ってます。

 

歳の重ね方は顔にでてくるというので、良い歳の重ねた方をしたいものですね。
疲れていても、明るく元気に見えるような顔に。

 

先日、奥様がそれを気遣って、なんとかゴールドという錠剤を買ってきてくれました。
やっぱり違うものなんですね。

 

これを書いている今、身体と目、共に疲れが飛んで随分と楽になっています。

 

さて、気分が乗っていますのでさらさらと綴っていきたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ドリップバックの試作

この度6月22日、九州で行われるエクスペリエンスマーケティング略してエクスマのセミナーで、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド、スコットブレンドの初ドリップバックをそのセミナーで来られた方にプレゼントして頂ける予定で、それを試作しています。

 

IMG_2376

 

 

IMG_2375

 

前にサンプルをもらったドリップバッグの空の本体があったので、味合わせをしています。

 

最近、ものをどこになおしてしまったのか右往左往してしまうことが多々あり、ここでも歳をとったなんて感じてるわけですね。
閑話休題。

 

今回は10グラムのドリップバックを手作りします。
よってかなり大変な作業になりますが、喜んでもらえるのは間違いありません。
誰かの喜びのために仕事ってあるんですからね、僕がんばります!

 

至って簡単

その本体に10グラム計ったスコットブレンドを超細挽きにして、セットします。

 

なぜ細挽きにするのかというと、ペーパードリップの様に丁寧に淹れるのが前提ではないので、どんなお湯の注ぎ方でも味わいがきちんと表現できるように細挽きにします。

 

中挽きと細挽き。
中挽きは基本的にペーパードリップの時の挽き方です。
細挽きは中挽きよりも細かくすることになります、よって味わいがよく出て中挽きと比べると味わいは濃くなります。

 

濃くなるように思いますが、ドリップバッグのようにペーパー・ドリッパーの役目を果たす、ドリップバッグ本体がペーパードリップよりも小さいサイズになるので、味わいのコントロールが難しく、細かめに挽いているほうがちょうど良い味わいになるのですね。

 

味わいをテストした結果、ばっちりです。

 

師匠はきっと喜んでくれるでしょう。
師匠が喜べば、皆さんもきっと喜んでくれるはずです。

 

エピローグ

このスコットブレンドのドリップバッグは商品化しようと準備中です。
オシャレなカンカンにいれてギフトにできればなぁと思っています。

 

ドリップバッグの試作は思うほど難しいものではないので、いろんな話で肉付けして完成させました。
あはは。

 

スコットブレンドの初ドリップバックがプレゼントされる、九州で開催されるイベントはこちらのフェイスブックページからどうぞ。

 

https://www.facebook.com/events/451188095089149/?active_tab=highlights

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

アイスアメリカーノというアイスコーヒーを説明してみた。

プロローグ アイスアメリカーノとは?カンタンに言うとエスプレッソの水割りになります。氷の入ったグラ

記事を読む

no image

スペシャルティコーヒーのラインアップ

 コロンビア アンデスコンドル (ボヤカ) グァテマラ ラスローザスオークランド (サンマ

記事を読む

僕がペーパードリップで大事にしている1つのこと

娘と日本むかしばなしを見ています。 夜はだいたい20時くらいに家に帰るのですね。  

記事を読む

ニューウエーブコーヒーとはなんなのか?

実は今流行りのサードウェーブコーヒーとかあんまり知らないのです。(笑) サードがあるならセコンド、

記事を読む

楽しくなるかも!コーヒーをもっと愉しむための味わいのヒント

昨日は高槻店が終わったあと配達もなく、カフェBeのレジ締めに行くだけだったので、これはおうちに早く還

記事を読む

コーヒー豆の鮮度って何なのか?

プロローグ 来年にコーヒー本を出版するため、原稿を毎日コツコツ書いています。 そんな中でコーヒー

記事を読む

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ 高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。 道ばたには花がところどころで顔をだし

記事を読む

これぞ タンザニア

 タンザニアといえばキリマンジャロで高名ですよね さて 島珈琲ではレギュラーの交代を告げま

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

コーヒーの味わいのチェックはどうしているの?

今日、舞鶴のお客さんにお電話をかけ通販のご注文の確認をしたあと、電話の先からこう言われました。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
売れる商品とは

先日から娘の質問攻めにあっております。 「父ちゃんは、なんでコーヒー

ブログはお店の売上げにどんな影響をあたえるか

困っている方や悩みがある方に、一番に思いつく人でありたいですよね。

水だしコーヒーの粉の挽き目 どんな感じにすればいい?

散髪に行ってきました。   実は僕、開業してから

疲れているときは変わるコーヒーの味わい

大阪北部に地震があり、6月20日から7月15日までお休みなしのぶっ通し

コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

→もっと見る

PAGE TOP ↑