*

コーヒー屋って儲かりますか?

プロローグ

もうかりますか?と聞かれると自動的に、ぼちぼちでんな、とすり込まれているのは、なにわ商人の悲しいサガか。

 

どんなお商売でも儲かるお商売ってないと思います。
マーケティングの師匠 藤村正宏先生が言うように、売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ。

 

これをお商売に置き換えると、
売れる商売があるのではなく、売れるお商売のやり方があるだけ、となります。

 

コーヒー屋さんも上に同じと考えます。

でもさぁ、コーヒーって原価率低いやん!

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_2311

 

コーヒーは原価率が低い、だから儲かるの?

確かに原価率は低いです。
単純にお店の価格で考えたとしてもコーヒー豆100g490円なので、1杯10g使用して49円。

 

そこに砂糖とかペーパーとか、かかる材料費を載せても基本100円にはいきません。
それを1杯500円で販売したとして、1杯にかかる原価率は20パーセント以下です。
業務用卸しの価格で計算したときには、もう少し原価率は低くなります。

 

この数字だけで見ると儲かりますね。
でも、そこで1日何杯のコーヒーを売れるのか、が問題です。

 

居酒屋のように1人がお酒を3杯4杯と飲むように、コーヒーは?カフェでは?飲みませんよね。

 

だいたいは1杯、多くて2杯、読書しながら有意義な時間を過ごしたり、お友達とおしゃべりしながらゆっくりと過ごしたり、ですよね。

昔みたいにどんどん回転して回転してのお店って少ないし、カフェの時間はせわしないものでなく、ゆっくり過ごすって感じになっていると思うのです。

 

なのでけっこう儲かりにくいです

資本がある大手のチェーン店などは、システムが良くできているので儲かるシステムが構築されていますが、僕のような個人で営業している場合はかなり条件は厳しくなります。

 

だから売れる売り方を考えないといけません、なのでエクスマ勉強するとよいですよ。

 

さて、ではなぜ僕が何とか続けてこれているのかというと、売れる売り方を一所懸命勉強しているのと、純粋にコーヒーが好きなことなんです。
ほんとにその理由は大きいです。
僕の大好きなコーヒーを喜んで飲んでくれることが嬉しくて、だから続けてこれているのです。

 

喜んでくれる人がいたからこそ、ねばることができているのですね。

あと付け加えると、ウエイトをコーヒー豆屋として豆を販売するのをメインにしているからだと思います。
ここは長くなるの今回は深掘りしません。

 

今回はなぜこんな話を書いているのかというと、商売っ気ないね、とオーダーストップが終わってから喫茶を利用したいお客様へお断りをしたときにそれを言われたのですが、そこからうーんて考えたのです。

 

あっ、僕、全然怒ってませんよ、僕にとっての「商売っ気」ってなにかなぁとそれをきっかけに考えてたんですね。

 

高槻店は17時でオーダーストップしてあと19時までは豆販売とギフト販売など物販のみの対応になります。

 

オーダーストップを17時にしたのは、喫茶を閉店までのぎりぎりの時間まですると体力的にしんどくなるので、早めに切り上げて体力温存。
1週間をできるだけベストなコンディションで良い接客が出来るよう、良い心身の状態を作りたいからです。

 

誰にもわからないけども、17時ラストオーダーはお商売を持続するための、僕なりの商売っ気なんだなぁと答えを見つけました。

 

でもこの考えは、儲からない商売っ気だね、きっと。(笑)

 

エピローグ

でもねほんとに、好きは無敵です。

つらいことはあったとしても、つまらないとは思わないから。
だから無敵なんです。

 

歳を重ねて体力が落ちてきたら、高槻店の喫茶を今の6席から3席に減らして、ネルドリップで淹れる高級喫茶コーナーにチェンジしようとは今の僕の夢です。(もちろん豆販売はメインのままで)

 

1杯1200~1500円の粗挽きネルドリップコーヒーの店、楽しそうだから、夢に取っておきますね。

 

結局何が言いたいのかがまとまらずまとめに入っていますが、島は大好きなコーヒーを焙煎して毎日楽しみながら、お客様に喜んでもらえることを毎日のエネルギーの源泉にして、笑顔でお商売してます!

 

皆さん、お客様、心からいつもほんとうにありがとうございます!

ということで、強制終了します。(笑)

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

そんな簡単なこと?僕が個人経営のお店でこれ大切!と思っていること

僕勘違いしていて、高槻店は6年目だと思っていたら、今は5年目でした。 次の11月21日で高槻店は5

記事を読む

美味しいコーヒーをあなたへ。コーヒー焙煎を上達するのにどうしてきたか

昨日、5月6日土曜日に歌手の辛島美登里さんが高槻店に来られていたのです。 実はそれを知ったのは、後

記事を読む

口コミは自然に発生するものなのか

お店をしていて面白いなぁと思うのは、喫茶が続くときは喫茶ばかりで、まるでお客さんどうしで図ったかのよ

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

ほんのちょっとの気遣いが、お店の印象をかえる

さて、ドタバタの島珈琲です。 年末ギフトラッシュが続き、大変申し訳ございません、喫茶営業を昨日と本日

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

お待たせしております。 僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は

記事を読む

カフェなどの開業相談を受けたときに必ず伝える1つのこと

カフェ開業の相談をいくつか受けてきました と、その前にご連絡! あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑