*

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~万人にうける必要はない~

公開日: : カフェオープンに参考になる話

プロローグ

このシリーズも少しずつ増えて来ました。
これからカフェをオープンしたい人、独立をしたい方への勇気になったり、少しでも参考になればとても嬉しいです。

 

どうして僕が別段言わなくても良いことを書いているのか。
僕が独立した時に自分自身の周りで、そうして教えてもらえる人がいなかったからです。
こうしてインターネットも今のようにアクセスしやすい環境でもありませんでしたし、スマホの様な便利なものも当然ありませんでした。

 

そんな経験から、僕の経験が誰かのお役に立てるのなら、そう思って書いております。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_6573

万人うける必要はない

万人うけようと思えば個性的ではなくなるかな、僕はそう思っています。
おそらくこの記事を読んでいる方は、個人で起業したいと思っている方が多いと思いますし、僕もそのような方にめがけて書いてます。

 

万人にうける商品は大手などに任せておけばいいと思っています。
個人店は個人店でしかできない個性的な魅力こそが、個人店の最大の魅力だと思います。
では個性的なものとは何か?個人店で目指すところはなにか?
僕は何も、奇をてらう事を進めているわけではありません。

 

例えば僕のコーヒー。
僕はどちらかというとあっさりとした飲みやすいコーヒーが好きです。
商いはあきない(飽きない)味つくり、これをモットーとしています。
ですので、1日で何杯も飲めるコーヒーを作りたいので、ドシンと1杯で満足してしまう濃い味のコーヒーを目指していません。

 

でも高槻店で喫茶を利用したお客様が時々、残念そうにされる事があります。
濃いドシンとしたコーヒーがお望みで、僕のお出ししたコーヒーは口に合わなかった事がごく稀にあります。

 

期待に応えられなかった

確かにそのお客様の期待には応えられませんでした。
僕は開業したときは、そうして一人の人に不満を持たれたら、すごく悩み、そのことで頭がいっぱいになりました。
時にはそれが頭から抜けず、寝られない事もありました。

 

でもね、違うんです。
自分の美味しいを信じたらいいんです。
その美味しいに、その人以外をどれだけ笑顔にしているのかを考えたのです。

 

そうすると、一人の方に振り回せられてたらあかん、という事に気づいたのです。

全ての人に受け入れられようと腐心するよりも、自分の味を主張して自信を持ってサービスする事、それも個性だ、と僕の経験から言わしてもらいたいのです。

 

エピローグ

僕もいろんな事がありました。
お客様が帰られた後、喫茶のテーブルに下げものへ行くと、ビリビリに破かれた島珈琲のパンフレットを置いてまま、店を後にする方。

偉そうにされて、言いたいことだけを言って退店されるお客様。

 

僕にも何か否があったとは思います、けどお店をしていると何かと色々あるものです。
ですから、そういった出来事が起こってもちゃんと自分を持ち、自分を貫く、これも個性だと僕は信じています。

 

万人にうける事を目指すのではなく、自分を応援してくれるお客様と一緒にがんばれるお店を目指して行くように心の準備してくださいね。
個性とは自分のぶれない軸を持つこと、そうだと思っています。

 

あなたの夢が具体的になりますように。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ほんのちょっとの気遣いが、お店の印象をかえる

さて、ドタバタの島珈琲です。 年末ギフトラッシュが続き、大変申し訳ございません、喫茶営業を昨日と本日

記事を読む

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達

記事を読む

コンビニコーヒーで何が変わったか

昨日、相談を受けました。 現在、島珈琲のコーヒー豆を食後のコーヒーでお使い頂いている、ご近所の懐石フ

記事を読む

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来て

記事を読む

ブログはお店になんの効果をもたらすか

今日は日曜日だけが営業日、岡町本店での営業でした。 朝は早起きをして、車で高槻店へ向かい、そこでコ

記事を読む

店先の黒板の効果はどんなもん?

昨日は夜遅くに、東京から高槻に戻ってまいりました。エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾

記事を読む

ロスとチャンスロスと武士道の教え

    ロスとチャンスロス、この言葉を僕が知ったのは珈琲店経

記事を読む

理由は「好きだから」が一番いい!

喫茶にお客さんがいないと暇そうに見えるらしいのです。 って、まぁそうですよね。(笑) &nb

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お店の立地~

プロローグ 年に何回か、将来カフェをやりたいと相談を受けます。 重なるときは重なるようで、ここ数

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
「間違いない」と思う飲食店の共通点

昨日はお休み。 家族で門戸厄神さんへ。   高校を卒業して、

テレビゲームが教えてくれたこと

今日は祝日ですが、高槻店はお休みです。 以前は祝日の月曜日は営業してい

リレーアタック防止には玄関にブリキ缶

僕の仕事用の車は、鍵です。 ドアを開けるのも鍵、エンジンをかけるのも鍵

やらな、わからへん

やってみないとわからない、標準語にしたらこうなるでしょうか。 やらなわ

迷ったら迷った味わいになる

これは自分の経験を通してわかったことですので、確信を持って言えることで

→もっと見る

PAGE TOP ↑