*

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェを設計、施工され、僕が初めてそのカフェに訪れた時に、お店の作りに惚れて、ぜひ紹介して欲しい、とお願いしたご縁から始まりました。

 

古材問屋の明木さんには、島珈琲高槻店の内外装をデザインしてもらいました。
それまで、明木さんのデザインした建築を沢山拝見してきましたので、高槻店をお願いするときは、明木さんにほぼ丸投げ状態でした。

 

機械の位置、冷蔵庫とか、焙煎機の位置とか、僕がお伝えしたのはその程度でした。
それで出来た設計図を見た時はもう、しびれましたね。
今も大好きな場所です、高槻店。

 

さて、今回は古材を使ってお店を作りをするとどんな利点があるか、をお伝えしたいと思います。

 

 

やっぱり落ち着く木の香り

 

高槻店の内外装はほとんどが古材、一度どこかで使われた木材などをふんだんに使って、デザインされています。
高槻店の屋根は瓦を使用していますが、これは100年前のものと言われていました。

 

喫茶カウンターは杉の一枚板、そのカウンターにある飾木は、その昔、どちらかの門構えで梁に使ってもの。
水屋は、歴史ある料亭で使われたものだそうで、見てるだけも楽しいです。

 

現在はコーヒーの香りが支配していますが、開店当初は木の香りがいっぱいでした。
もちろん、今もコーヒーの香りの隙間に木の香りがしてますよ。

 

高槻店は7年目に入っていますが、何が良いって、飽きないですね。
僕の大好きな場所の一つです。
落ち着くし。

 

お客さんも喜んでくれますが、やっぱりね、やっている方が一番長く居るわけじゃないですか。
一番長く時間を過ごす人が、その場所を好きになるのが大切かと。

自分が好きじゃないものを好きになってもらうなんて、あまりないと思うのです。
木のあたたかい雰囲気が、人を落ち着かせ、その場所を好きにさせてくれる、これが1つ。

 

2つめは

 

これはね、古材の良さですね。
古くなるほどいい、味がでてくる。

 

もともと古いので、時間が経つほど味わいが加味される、そしてお掃除が楽。
初期投資が新品のものよりもリーズナブル。

 

新しいものが古くなるのと、古いものが古くなっていくのと、味わいはちょっと違うのですね。
更に、店の年季を醸し出してくれるのです。

 

古材を再使用して、環境にもいいですよね。
ほんとうにね、古材で和風なお店にしてよかったなぁって思ってます。
良かったら、僕のインスタでちょこちょこと高槻店の「和」を投稿してますので、ご覧くださいね。

島珈琲のインスタグラム

 

もし、これからお店をオープンするにあたって、古材を使うのっていいなぁって思われたら、高槻店を見に来てくださいね!

 

島珈琲高槻店をデザイン、そして施工してくださった、古材問屋さんのHPとインスタはこちら。

 

古材問屋さんのHP

古材問屋さんのインスタグラム

 

店舗だけではなく、住宅も相談にのってくれますよ!

興味があればぜひ。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

一目惚れ

 今日は一日 ぼんやりする予定でしたが どーしても詰めて おきたいことがあったので やっぱ

記事を読む

心のゆとり

今朝、家を出る時、娘が玄関でお見送りをしてくれました。 父ちゃん、なんでそんな朝早く行くのフフッと笑

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

コンビニコーヒーで何が変わったか

昨日、相談を受けました。 現在、島珈琲のコーヒー豆を食後のコーヒーでお使い頂いている、ご近所の懐石フ

記事を読む

ジーンズと  コーヒーと

最近、SNSの皆さんの投稿を見れてない僕です。   あれをして、これをして、あ

記事を読む

生きている と 生きてゆく それは・・・

最近 家に帰り 娘に向かって両手を広げると 2歳の娘が走ってきて 僕の膝あたりをハグしてくれます う

記事を読む

誰に向かって発信しているのか

今朝、わざわざ関東からコーヒー豆屋さんを経営されている方が、高槻店へおいでくださりました。 &nbs

記事を読む

燃え尽きろ!

  人の一生は一度しかないのだから、燃えることのできるところで、燃えつきるまで燃えなければ

記事を読む

開業相談 過去の失敗からお話できることをお伝えして

昨日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店での営業でした。 岡町本店は日曜日だけの営業で、喫茶コーナー

記事を読む

島という姓

 島という姓は珍しく 今の今まで同姓にはあったことなかったのだけど 今年に入って 2人のか

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
割れ豆、多し (4990)

カフェインゼロコーヒー、巷ではカフェインレスやデカフェと呼ばれているコ

七難八苦 (4989)

ブログの号数が4989だったので、あら四苦八苦やなぁと思ったんです。

急冷にはキレがある (4988)

アイスコーヒーの本格的なシーズンインに。   アイスコーヒー

水出しコーヒーでNGなこと (4987)

昨日の晩は、ホットプレートで餃子大会でした。   先日購入し

味見のテストはペーパードリップです (4986)

今日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑