*

お店に立つ上でとっても大切なこと

公開日: : 最終更新日:2018/10/15 カフェオープンに参考になる話

 

 

 

日曜日だけの岡町本店のオープンは2002年、僕が26歳の時でした。
開店当初は月曜日を定休日にして6日の営業。

 

開店から3年後に、営業日を「日曜日だけ」に変更しました。
オープンからこの年で17年目になります。
次の3月が来れば17周年。

 

高槻店は奥さんと2人でしておりますが、その岡町本店はいつも僕だけで営業しております。
今回はお店を経営するにあたって、お店に立つ上で大切にしてきたこと、これからもしていくことのお話。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

1人だからこそ

 

心の持ちようが大事なのですね。

 

僕も人間ですので、お店に関係のない悩みを引きずってたり、不安を感じてたり、またイライラしてたり、と自分をコントロール出来てないなぁと思うことしばしばあります、今でも。

 

まして1人の場合ですと特に、心の中がどろどろしているような、なんというか、大きいものではないのですが悶々としたものですね、これをなかなか鎮火できず、気を紛らわすことができなかったりすることもあるのですね。

 

それを持ってしまっていても、それはお客さんには関係ないことです。
関係ないものですが、やっぱりお客さんが感じ取ってしまうわけですよね、不思議ですね人間って。

 

感じさせないように、僕は自分の心をどうコントロールすべきか、どうしたら出来るのか、そこに腐心してきました。

 

生活においての「癒しのため」のコーヒー豆を買いに来てるのに、不快な思いをさせたくないですからね。

 

やっぱり笑顔になること

どんな状況でも笑うのです。

不敵な笑い、ではないですよ。

 

鏡に向かって笑ってみてください。
口角が上がれば、脳内のセロトニンというのも増えるそうで、それが出ると元気になるそうなんです。

 

接客でムッと対応されるのと、笑顔で対応されるのでは印象はまるで違うモノになりますよね。

 

笑顔になるって大切です。

 

無理からにでも、まず笑顔になってみる。
お客さんがお店に来てくれたら嬉しいじゃないですか、そこで笑顔になったらよいのです、素直に。

 

僕の中で、どうしたらいつも笑顔でいられるか、これがいまだに、というか永遠のテーマです。
仕事だけではなく、いつでも。

僕もまだまだです、山頂に行くことが出来るのはいつの日かな、そこを目指して。

 

大切なことは笑顔。
笑顔力を鍛えることこそが、お店の繁栄へのまず一歩だと、僕はそんなことを考えてます。

 

そう今日も笑顔で。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~コーヒーの選び方編~

プロローグ どちらかというと、このシリーズは個人でお店を出店される方に向けた記事を書いております。

記事を読む

営業中ブログを書く時間をどうやって捻出しているのか

沈丁花の香りは、雨に打たれるとよりいっそう強く香るのだろうか。   昨晩、高槻

記事を読む

お店に置いてあるPOPって効果はあるの?

日曜日は、日曜日だけが営業日の岡町本店で営業です。 火曜日から土曜日は高槻店で営業し、日曜日は移動

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス② ~味覚をよくするにはどうしたらいいのか~

プロローグ 僕が経験してきたことで、カフェオープンを目指す方にちょっとでもお役に立てるように書いて

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お客さんの言うことは聞かんでいい~

プロローグ 最近、カフェの相談を多く受けるようになりました。 もちろん「夢」の段階でのお話なので

記事を読む

ブログはお店になんの効果をもたらすか

今日は日曜日だけが営業日、岡町本店での営業でした。 朝は早起きをして、車で高槻店へ向かい、そこでコ

記事を読む

ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。 と言うのも、すぐにお腹いたにな

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期になる、この月は閑散期になると

記事を読む

職人とSNSと仕事と

先日、東大阪からわざわざ高槻店に、パティスリーモンガトウのシェフ「とーるさん」こと長尾徹シェフが来て

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑