*

ずっと職人でありたいのですね

公開日: : 感謝!!, 日記, 縁は異なもの 味なもの

昨晩は島珈琲のウェブを担当して頂いている、makoro-planの牧田さんが高槻店に御来店。
実は牧田さんとはかれこれ12年か13年くらいのお付き合いで、島珈琲のウェブは全て牧田さんにお任せしています。

 

 

 

これだけのお付き合いの期間があると、仕事仲間というか友達みたいな感じで、今回もご自身が毎月出している冊子でブログをテーマに僕にインタビューさせて-!とお願いがきましたので、もちろん即答でOKとお伝えしました。
お力になれるのなら喜んで。

 

牧田さんのお客さんにしかお配りしていない冊子ですが、覚えていたらこちらでも写真でご紹介しますね。

 

そんな友達のようなお付き合いの牧田さんのウェブ制作会社 makoro-planさんのHPはこちらです。

 

http://www.makoro-plan.com/

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

インタビューを受けてハッと思いだしたこと

こうしたインタビューを受けると、ふと忘れていたことを思いだすことありますよね。

 

いろいろ牧田さんからご質問を頂いていて、ある会話の時に「あー島さんは、ずっと職人さんでいたいのですね」と言われ、核心を突かれて嬉しかったのと、そしてそうだった事を思いだしたことに、ハッとしたんですね。

 

職人でありたい。
僕の夢だったこと、職人になることは実現されましたが、ずっと職人でいることが達成されるかは僕の寿命がくるまではわからないことです。

 

でも、最後の最後までコーヒー焙煎職人で居ていたいですね。

 

職人でいるために、時に商人にも徹しないといけないのが自営業。
僕みたいな零細企業は人を雇うほど力がないので、一人何役です。

 

ずっと職人であるために

一人何役もありますが、職人であるためには商人としてのお商売の勉強も必要。
お商売として、良い商品を作るための職人の技術も必要。

 

要はどちらもバランス良く出来ていたらいいと、15年お商売をしていて思います。

 

良い商品を作るたって、小さいお店じゃ技術革新には限度がありますしね。(もちろん向上心は常にもっていますよ!)
じゃあ商品力ではないプラスアルファは何か?接客だったり、日常にない空間だったり、笑顔だったり。

 

どっちが大事?ではなく、どっちも大事なのですね。

 

そう考えているといつまでもいつまでも勉強だね。
学生の頃、勉強なんてうんざりしてたけど、20半ばになって勉強することの必要性とその価値と面白さに気づき、歳を増す事に勉強の楽しさにはまっている僕、どんなことでも始めるのに遅いはないですからね。

 

職人であり続け、商人であり続け、そして皆さんに笑顔になってもらうためにこれからも勉強だなぁと、そんなことを思った牧田さんからのインタビューでした。

 

目標 一生コーヒー焙煎職人 どれだけの笑顔を増やすことができるかが職人としての腕ですね、これからも腕磨きます。

 

そんな今回は日記なブログでした、たまにはね(笑)

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

青春は今燃え尽きた・・・

 確か あしたのジョー2 の最終回もこのタイトルと同じだった記憶がある ホセメンドーサとの

記事を読む

no image

なくした何か

 今 なくしてたモノを気づいたような感がある 懐かしい時間というのは 例えば懐かしいメロデ

記事を読む

no image

らしくない と言われ

 しまさんらしくない と言われた 走ってないしまさんは しまさんじゃない そうです 忙しさ

記事を読む

no image

さいこう

 「さぁ行こう」とも 「最高」とも とれるなぁ と思った「さいこう」 イベントのための交渉

記事を読む

no image

生かされた8年

 開業は2002.3.29 御陰様で8年 お商売をさせて頂くことができました ほんとうにあ

記事を読む

職人だからこそ

 職人だからこそ話が通ずることがある 今日は ありがとう祭りに出品してくださります 和菓子

記事を読む

no image

回帰

 【回帰】 [名](スル)ひとまわりして、もとの所に帰ること。「伝統への―」 お商売をはじ

記事を読む

島珈琲は今日で開業16周年です ありがとうございます

2002年3月29日に島珈琲を開業しました。 もうあれから16年の月日が流れました。 &nb

記事を読む

作る時の気持ちって大事

美味しく作る、最強のコツはそのことを楽しむこと。 美味しくなれ、と愛情を込めること。 &nb

記事を読む

no image

おしごと

 カフェBeで使う コーヒー豆を販売するときにいれる豆袋 これに店名や住所が印字されたスタ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑