*

営業中ブログを書く時間をどうやって捻出しているのか

沈丁花の香りは、雨に打たれるとよりいっそう強く香るのだろうか。

 

昨晩、高槻店の業務終了後、いつものようにレジ締めなどのお仕事の為に、少しの雨に打たれながらカフェBeに寄りました。
先日もここに書きましたが、今、カフェBeの玄関は沈丁花の香りでいっぱいなのですね。

 

昨日は特にその香りがすごかった。

 

その時、ハッと思ったのは沈丁花って雨の時の方が香りが強いのでは、と。
というのも、香りが記憶を呼び起こすことってあるじゃないですか。

 

僕は沈丁花の香りで思いだすことには、常に雨とセットで思いだしていたのですね。
そうか、そういうことか。

 

雨の時、沈丁花の香りが更に増すんだ、そんなことを昨晩思っておりました。
科学的にはどうなのかな。

 

僕は雨の時の沈丁花の香りは、雨でないときよりも、よりいっそ強く香りを感じます。
皆さんはどう感じていますか?

 

 

営業中ブログを書く時間をどうやって捻出しているのか

 

さてブログを続けてゆくのに、まず大事なのはその書く時間を毎日確保するというところ、ですよね。
僕のような普段、営業で喫茶もやり、コーヒー豆も販売し、通販もして、業務用卸しもする、とその時間を作ることは困難に見えます。

 

しかしです。

 

とりあえず出来ています。
どう工夫しているのか。

 

どんな工夫していると思います?
ジャジャーン!工夫なんかしてません!(笑)

 

空いた時間に書く、それだけです。

 

焙煎は早朝に終わらせて、お店の掃除をして、開店。
そしてコーヒー豆を発送するために袋詰めや梱包をして発送を済ませ、あとはお客さんが来るのを待ちます。

 

と同時に通販のオーダーと業務用卸しのオーダーも待ちます。

 

オーダーが入れば、お返事をして発送準備を。

その間の空いた時間を有効利用して、ブログを書き、ツィートなどの投稿をしております。

 

ウエイティングの時間を有効に

 

お店というのは基本的に待ちの姿勢になりますよね。
僕の場合、高槻店は僕と奥さんとでしておりまして、僕の身体は基本、営業時間内はお店から離れることは出来ません。

 

ですから、何で動けるか、というと身体はお店にいるので、SNSやブログで僕の言葉を動かすことになります。

 

つまり、僕が僕の身体以外に動かせるもの、ツイッターやインスタグラムやフェイスブックなど、それをネット経由して動かして、お店で待つだけでなく、動いていくこと、これが大事だと思っているのですね。

 

だから結構重要なポジションにあるのですね、SNSやブログを投稿するという位置が。

 

待つだけでなく、動けるところで動く、だからそのブログを書く時間を仕事として捉え、何をおいても必ずキープすること、それが僕の基本にしていることなんです。

 

要はその重要度をどの位置に置くかが、継続するために意識することで大事なことなんだと思ってます。

 

僕のブログの月間アクティブユーザーの動向は、3万を基本ラインにして、見てもらえる時期、あまり見てもらえない時期、でだいたい2000の上下があるような、そんな感じで読んでもらっている様子です。

 

積み重ねてきた結果ですから、すぐにこんな効果はないにしても、お店から出られない僕はブログを書くことによって、月間(毎日見てくれている人も含めてですが)3万人になにがしアプローチできているということになります。

 

だからといってそれが、売上げに全てが直結していくことはありせんが、影響はあります。

 

なので隙間の時間を上手く利用して、いろんなアピールや交流ができたら、お店の為にもいいじゃないかなぁというお話を今回は。

 

参考になれば嬉しいです、それでは。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェやレストランで気をつけたい実は大切なこと

昨日は、高槻店終了後コーヒー豆の配達へ。   近隣のカフェやレストランさんへは

記事を読む

SNSをやっていて批判は怖くないのか

お正月が過ぎると、一旦、お客さんの流れはゆっくりになるのですね。 年末年始でいろいろお金を使ったと思

記事を読む

理由は「好きだから」が一番いい!

喫茶にお客さんがいないと暇そうに見えるらしいのです。 って、まぁそうですよね。(笑) &nb

記事を読む

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

お待たせしております。 僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は

記事を読む

カフェ・コーヒー店、お店を出すのに、いくらくらいの予算がかかったの?

先日は中学時代の友だち、今日は高校時代の友だちがお店に来てくれて、なんかむちゃむちゃ嬉しい僕です。

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい

最近、島珈琲へカフェで使うコーヒー豆のお問い合わせが増え、嬉しく思っている僕です。  

記事を読む

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンになっているそのキッチンに向かっ

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェとコーヒー豆焙煎店とはちょっと

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
香りの良いコーヒーはどれですか?

カフェBeの玄関には沈丁花があるのです。 今、これが非常に良い香り。

ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑