*

ほんとですか?環境によって味わいも変わります

公開日: : カフェオープンに参考になる話

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。
と言うのも、すぐにお腹いたになる人だったんですね。

 

そうなる理由は毎晩、晩酌をしていることほかならないのですが、そう言っても仕事の後のビールはやめられません。
美味しいもん。

 

でも、年齢のことも考えてですね去年から飲み始めました、整腸ですね。

 

最初はその効果がわかりにくかったのです。
でもね、1年たった今、お腹いたも少なくなったし快腸ですし、続けてよかったよかったって思ってます。

 

今はほんとうに便利になって、欲しいモノがあれば、物事によりますがわりと簡単に手に入れることができるようになりました。
それに合わせてか、みんな結果も急ぐようになったように僕は感じてます。

 

直ぐの効果を欲しがってしまいますよね、僕も知らず知らずそうなっていることあります。
でも時間をかけて、でしか、その効果や結果も出ない物事もある、ということ頭に入れておきたいことのひとつですよね。

 

そんなビオフェルミンのことはさておき、今回は環境によって味わいが変わると言うお話。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

 

それはハワイ島でこと

ハワイ島で合計約半年間、僕はコーヒー農園で働きました、正確にはボランティアです。
その時に、ワイコロア・ビレッジだったと記憶しているのですけど、そこにあるのはヒルトンホテルかな、ホテルのプールに連れていってもらったのですね。

 

働いた給料はなかったので、ご褒美にだったと思います。

 

そこのプールサイドから見える景色は、青く輝く海がででーんと広がり優雅に過ごせる場所、でした。
それは綺麗なものでした。

 

そこのプールサイドで、シーフードカレーをお昼に頂きました。
このカレーは特別超高級な素材を駆使したカレーではありませんでしたが、すんごく美味しかったことを覚えてます。

 

それは味わいというよりも、その雰囲気、つまり非日常の風景の中で食べた特別なものだったから、なのですね。
皆さんもこういった経験があるかと思います。

 

旅行中など、何を口にしてもほとんど美味しいと感じますよね。(よっぽどのものは別として)

 

つまり環境は味覚を変えるのですね、環境もありますが、もっと突っ込めばそれは心の状態ですよね。

 

美味しいモノだけを売ればいい、ということではない

 

買い物の時だってそうです。
楽しいそうにしてくれる接客と愛想のない接客と、どっちが楽しく感じるでしょうか。

 

店員さんと普通のやりとりだけども、そこで笑顔があるかないか、どっちが気持ちよいと思うでしょうか。

 

料理を運んで来てくれた人が、極端に愛想が悪かったりしたら、美味しい料理はどうなるでしょうか。

 

美味しいモノを作るのは大事ですし、作る側にとってはその美味しいを作ることが楽しいわけなんですが、それプラスお商売ならその美味しいモノをより美味しく味わってもらう、その環境を作ることが大事なんだと僕は思うのですね。

 

売る時もそう、手渡す時もそう、提供する時も、もちろんお店の作りとか雰囲気もありますが、お商売において「人として大切なこと」の方が、僕は雰囲気よりも重要だと思っています。

 

笑顔とか挨拶、元気良さとか、ちょっとした気遣いや心遣い、そういった人間らしいことが大事だと考えてます。
そしてそれがそのお店の作られた雰囲気を、更に良い物に仕立て上げるものだと考えます。

 

自分がお客さんの立場の時は、ああだこうだと思うのですが、いざ働く側になるとなかなかできてなかったり
するものです。

 

環境で味覚がかわること、意識して接客や仕事に臨むこと、頭に入れておきたいですね。
それは自戒もこめて。

 

それでは、シーユーネクスト、バイバーイ とラジオ風に終わらせてみたり。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

お待たせしております。 僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は

記事を読む

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンになっているそのキッチンに向かっ

記事を読む

理由は「好きだから」が一番いい!

喫茶にお客さんがいないと暇そうに見えるらしいのです。 って、まぁそうですよね。(笑) &nb

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

コンビニコーヒーで何が変わったか

昨日、相談を受けました。 現在、島珈琲のコーヒー豆を食後のコーヒーでお使い頂いている、ご近所の懐石フ

記事を読む

ブログはお店の売上げにどんな影響をあたえるか

困っている方や悩みがある方に、一番に思いつく人でありたいですよね。   先日、

記事を読む

カフェへの卸売りしているコーヒー豆、どんなのが人気?

島珈琲はカフェへのコーヒー豆の卸業務もしております。   おかげ様で随分と取引

記事を読む

腐らすのはカンタンだ だからこそ・・・

おかげ様で本日8月6日、42回目の誕生日を無事に迎えることができました。  

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
おうちで美味しいコーヒー飲むのにかかせないこと

次の月曜日は、高槻芥川町にあるテマヒマさんで、コーヒー講座を開催します

コスタリカの銘柄が変更になります!

昨日は娘の七五三でした。 豊中は岡町にある、原田神社で祈祷を。 &nb

いいモノを作りたいとき 心の状態も大事

先日、家に帰ると食卓の上に、娘からの手紙が。 開けてみると、父ちゃんい

プロのコーヒー用語では、苦みがある酸味があるはネガティブなんです

明日は月曜日ですので、僕自身のお休みです。 高槻店は定休日、岡町本店は

コーヒー豆を販売したい!何か許可は必要なの?

最近続けていろんなご相談を受けます。   その方の近くにコー

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑