*

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

公開日: : カフェオープンに参考になる話

梅雨が明け、夏本番となりました。
昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達、日焼けした若者、夏だなぁと思う光景が目に映り入ってきます。

 

さてコーヒー豆屋の島珈琲はというと夏は閑散期になります。
あくまでも島珈琲の基準でのお話なので、よそのお店のことは知りません。

 

16回目の夏になりますが、あぁまたこの季節がやってきたかと、未だ手放しで喜ぶことはできないのです。(笑)

 

なぜ夏は閑散期になるかというと、家でコーヒーを飲む量が減るから、ですね、たぶん。

 

アイスコーヒーは?と、よく聞かれますが、アイスコーヒーも暑さがまだ緩やかな時は淹れる気にもなりますが、暑いとお湯を見るのも嫌になりますよね。

 

春秋冬に比べ、家でコーヒーを飲む絶対量が減る、から豆の販売量も減るのですね。
まだまだ実力不足の僕なのです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

不安とどう向き合うか

いや、ほんとに。
生々しいお話ですが、税金払ったり、国保払ったり、年金払ったり、借金払ったり、ローン払ったりと、なんでこんな払うもんばっかりあるんやー!と改めて、改めて気づかされるのが夏です。(笑)

 

コーヒー焙煎という大好きな事を仕事にしていますが、経営から目を背けるわけにはいきません。

 

お金のことは書きたくありませんが、お金と向き合わないといけないのが自営業でして(って自営業に関わらず、みんなそうだけどね)、夏は特に資金繰りのことを考えて一抹の不安を持っていました。

 

でも今年はちょっと違います!えっなんで?話を続きますね。

 

心をコントロールする

僕は開業してから一番大事にしたのが、心の部分でした。
いかににどんな状況でも心の平安を保つことができるか、ここにずっとフォーカスし、歳を重ねちょっとずつできるようになってきました。

 

もちろんこれができたら繁盛するとは限りませんし、資金繰りが楽になることはありません。

 

しかしです。

不安を持って過ごすか、なんとかなると根拠のない自信を持ってその時間を楽しく過ごすか、というとできるだけ楽しい気持ちで過ごしたいですよね。

 

だって一度きりの人生ですもんね。

 

もちろんお商売を16年やってきて、大丈夫なんとかなる、と裏打ちされた自信があるのも確かです。

不安で過ごすか、心穏やかにして有意義な時間を過ごすか、どっちがいいですか。

 

これって心の持ちようで結構変わるモノですよね。
16年かかりましたが、閑散期でも不安に煽られず、心の平安を保ち、そして過ごすことがだいぶできるようになりました。

 

もちろんまだまだです。
今でも不安にかられることもあります。

 

だから心を整えることのできるように、本を読んだり、言葉を知る努力をしたり、感性を磨くように毎日心がけています。

 

強い心というよりも、心に柔軟性を持つことが大事でしょうか。

 

でもここまでは、お客さんには一切関係ない話。
経営側の話なんて、お客さんには関係ないですからね。

 

状況に関わらず、心を平安に、そして心穏やかにして笑顔でいつもいる、これがお店です。
自分から良い流れを作ることが大事、それがやっとちょっとずつ出来てきたなぁと思う、開業して16回目の夏。

 

お客さんに喜んでもらうこと、笑顔になってもらうことを考えながら、笑顔になり自分から良い流れを作っていきますね!

 

福が来たから笑うではなく、
そう「笑う門には福来たる」ですね、この言葉好きです。

 

さぁギフトのご注文沢山頂きましたよー、休み明けはやるでー!

 

いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

営業中ブログを書く時間をどうやって捻出しているのか

沈丁花の香りは、雨に打たれるとよりいっそう強く香るのだろうか。   昨晩、高槻

記事を読む

コーヒー屋って儲かりますか?

プロローグ もうかりますか?と聞かれると自動的に、ぼちぼちでんな、とすり込まれているのは、なにわ商

記事を読む

続けていくコツとは

信じてもらえないと思いますが、僕は学生の頃「続かない」人でした。 部活なんかそうですし、何事も直ぐ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~お客さんの言うことは聞かんでいい~

プロローグ 最近、カフェの相談を多く受けるようになりました。 もちろん「夢」の段階でのお話なので

記事を読む

コーヒーはコース料理の最後をひっくり返す

昨日は高槻店業務終了後、カフェBeに寄り、そして新しくオープンされる「洋食カフェ kuwa」さんへ、

記事を読む

あなたのお店の口コミは目に見えてますか?

昨晩、布団に横になり三島由紀夫の「金閣寺」をおもむろに手にする。 全部読み切るつもりで手にしたわけ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

現在のカフェのスタイルに思うこと

実は今回、違うことを書くつもりでいました。 この次の回のブログのことを考えていたのですね。

記事を読む

僕が見た、長く続いている飲食店の共通点

水曜日から金曜日までの3日間、高槻店終了後、バイクでコーヒー豆の配達を。 業務用卸のコーヒー豆の配達

記事を読む

カフェ開業相談があったんやで その時、必ず伝えていること

1年に多い時は4回5回、カフェ開業の相談を受けます。 現在進行形のお話だったり、未来の話だったり。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブレンド風でもアイスコーヒーを作れます!

昨日はお休み。 娘が小学校から帰ってくると、玄関で「父ちゃんただいまー

めんどくさいことに楽しむ工夫を

本日は高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけのお店なので日曜日以外は定休

ブレンドとシングル どっちがいいの?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ来て営業しております。 日曜

恥をかく

島珈琲ではオリジナルのコーヒー豆袋を使用してます。 包材屋さんで売られ

そぎ落としてシンプルに辿り着く

コーヒーの焙煎が好きで、好きが高じてコーヒー屋、焙煎屋を始めました。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑