*

コンビニコーヒーで何が変わったか

公開日: : カフェオープンに参考になる話

昨日、相談を受けました。
現在、島珈琲のコーヒー豆を食後のコーヒーでお使い頂いている、ご近所の懐石フレンチ レ・コパンさん。

 

こちらのフレンチは本当に美味しいです。
レ・コパンさんは火曜日が定休日ですが、その定休日を利用して、レ・コパンさんにお勤めのスタッフさんが、火曜日だけカフェされます。

 

ですから、火曜日のみのカフェ。
それ以外の日は、いつもどおりフレンチレストランとなります。

 

レ・コパンさんは去年、移転されました。
といっても、新しくできた隣のビルの3階ですので、位置的にはほとんど変わっておりません。
素敵なお店ですよ、カフェがスタートする前には、またこちらでもご報告いたしますね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コンビニコーヒーで何が変わったか

 

もはやコンビニコーヒーは、私たち社会において当たり前にある存在になりました。
僕も利用します。

 

それで、先ほどの相談のところに話を戻しますが、コーヒーはオーダー毎に一杯ずつ淹れるべきか否か、の是非をお話していたのですね。

 

カフェですと、軽食を作ったり、スィーツを作ったり、とやることが沢山あってオーダー毎にコーヒーを1杯ずつ挽いて淹れるのは、手間だと思います。

 

だけど、です。

 

コンビニコーヒーが瞬く間に全国各地に普及して、一杯ずつ挽いてドリップする、ということが世間一般に当たり前になりつつある、ということなんですね。

 

インスタントコーヒーからコンビニコーヒーへ

 

昔は何かコーヒーのことを比べる時、一般的に代表としてインスタントコーヒーと比べることが多かったです。

 

僕のコーヒーとインスタントコーヒー比べんといてよー、とは思いましたが(笑)
それが現在では、コンビニコーヒーに移ったようにお客さんと話をしていて感じます。

 

ですから、そこが当たり前になる、基準になると、コンビニコーヒーはマシンがやっているとは言え、オーダー毎にコーヒーを淹れてないことは、手間を省いていると判断されるわけです。

 

やっぱりね、コーヒーだけに関わらず、お料理や、更にはどんな物事にも、やっぱり、ひと手間って価値になるんですよね。

 

ですので、一杯ずつ挽いて淹れた方が良いと思います、とお伝えしました。

 

改めて、コンビニコーヒーの影響はいろんなところに。
お話していて、それはまるで波紋のようだ、と思った次第です。

 

そんなお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之です。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分以上の時期は、売れてなかったと

記事を読む

美味しいコーヒーをあなたへ。コーヒー焙煎を上達するのにどうしてきたか

昨日、5月6日土曜日に歌手の辛島美登里さんが高槻店に来られていたのです。 実はそれを知ったのは、後

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

お店を出すときに古民家風にデザインしてもらったその理由とは

お待たせしております。 僕のコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」は

記事を読む

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

理由は「好きだから」が一番いい!

喫茶にお客さんがいないと暇そうに見えるらしいのです。 って、まぁそうですよね。(笑) &nb

記事を読む

カフェへの卸売りしているコーヒー豆、どんなのが人気?

島珈琲はカフェへのコーヒー豆の卸業務もしております。   おかげ様で随分と取引

記事を読む

SNSをやっていて批判は怖くないのか

お正月が過ぎると、一旦、お客さんの流れはゆっくりになるのですね。 年末年始でいろいろお金を使ったと思

記事を読む

コーヒーはコース料理の最後をひっくり返す

昨日は高槻店業務終了後、カフェBeに寄り、そして新しくオープンされる「洋食カフェ kuwa」さんへ、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑