*

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

公開日: : カフェオープンに参考になる話

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。
こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。
喫茶業務はしておりません。

 

しかも岡町本店では、通販の発送業務も今年の4月からなくなりました。
通販の発送業務は、火曜日から土曜日の間で高槻店からの発送のみとなっております。

 

来週、6月20日火曜日、6月21日水曜日は高槻店臨時休業しますので、通販業務も20日21日はお休みとなります、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

 

喫茶、そして通販・発送業務がない岡町本店、日曜日は比較的落ち着いてお仕事をさせてもらっています。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

コーヒーってカフェとか喫茶とかの方が、コーヒー豆を販売するより儲かるんじゃないの?と、よく言われました。

 

これについては、どんな仕事でもそうですが、儲かる仕事があるのじゃなくて、どの仕事にも儲ける人がいるだけだと思うのです、いかがでしょうか。

 

なので喫茶であろうが、豆販売であろうが、どちらだから儲かる、ではないと思っております。

 

実際 僕の場合、儲けたいから始めたのかというとそうではなく、コーヒーの焙煎が好きで四六時中コーヒーとたわむれていたいから、コーヒー屋になることを選びました。

 

ただ経営するにあたって、島珈琲を愛してくださる大切なお客さんのためにもお店を継続しないといけません。
なのでお店を運営し、そして自分たちの生活をしていくために健全な利益を得ることは、常に考えなくてはなりませんよね。

 

それはわかっておりますからね。(笑)

 

まぁでもですね、本音でいうなら経営のことよりも、コーヒーの事を考えている方がずっとずっと好きですね、どうしたら美味しくなるだろう、どうしたらみんなに喜んでもらえるだろう、ってね。

 

で、なぜコーヒー豆屋を選択したのか、でしたね。
開業は2002年僕が26歳の時、開業資金は500万円くらいで、僕のわずかな貯金と両親が貸してくれたものでした。

 

もちろん今は返済が終わりました、しかしまた新たにお借りしまして、返済している最中です。(笑)

 

コーヒー豆屋を選ぶか、カフェ・喫茶 兼 コーヒー豆屋にするかによって、必要な開業資金は、実は全然違ってくるのです。

当然カフェ併設の方が開業資金は多く必要となります。

 

その開業資金のところで、コーヒー豆屋を選択する以外なかった、のが僕の始まりなんです。

 

そんなに違うものなの?

コーヒー豆屋は焙煎したコーヒー豆を販売するお店。
それに付随する器具など販売するだけなら、一応何の営業許可もいりません。

 

カフェを併設するなら、保健所の許可が必要ですね。

この許可を得るための設備費で、結構資金を要するのです。

 

あと飲み物を提供する漆器やグラスや、冷凍冷蔵庫、製氷機などなど。
豆販売だけならこれらのものはなくても大丈夫です。

 

豆販売だけなら試飲用のカップくらいですよね。

 

コーヒー豆屋とカフェを併設するなら規模にもよりますが、僕の場合に照らし合わせてみると、倍か倍以上の資金が必要となります。

 

当時の僕にはそこまで余裕がなかった、そんな感じでコーヒー豆屋でスタートしました。
でもやっぱり喫茶・カフェスペースはあった方がいいと判断して岡町本店を開業してから10年後、高槻店を出店する際には、喫茶スペースを併設しました。

 

なぜか?ここを話すとさらに、ブログ1記事分を要しますので、この話はまた来週の日曜日にでも。

 

コーヒー豆屋を選んだのは、用意した開業資金が少なかったから、というなんじゃそりゃなお話でした。

 

それでは、アディオース!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

どうなる?週1回の営業でお店は出せるの

今までも沢山ご相談に乗りましたが、現在でも時々カフェ開業に関するご相談をお受けします。 &nb

記事を読む

おしゃれなお店 楽しそうなお店 どっちがいい?

5月28日火曜日は、長野県白馬五竜スキー場にて開催される短パンフェスに、島珈琲が出店します。 前日よ

記事を読む

SNSをやっていて批判は怖くないのか

お正月が過ぎると、一旦、お客さんの流れはゆっくりになるのですね。 年末年始でいろいろお金を使ったと思

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

やっぱり「好き」が大事のお話

日曜日は岡町本店での営業日です。 高槻店は火曜日から土曜日が営業で、日曜日・月曜日が定休日。

記事を読む

カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい

最近、島珈琲へカフェで使うコーヒー豆のお問い合わせが増え、嬉しく思っている僕です。  

記事を読む

カフェ開業相談におもふこと

最近も、ちょこちょこあるカフェ開業相談。   僕が島珈琲を開業してから、沢山の

記事を読む

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェを設計、施工され、僕が初め

記事を読む

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えていたら書きますね、と書きまして、

記事を読む

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分以上の時期は、売れてなかったと

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
影で力を発揮しているヤツがいる

実は近畿の梅雨入りがまだなのです。 四国、中国、九州の北部、そして近畿

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、

工務店や蕎麦屋がコーヒーを販売?あずブレンド、そばっこブレンドめっちゃ売れてます!

    しかしすごいです、お二人とも。

コーヒー豆の裏作とか表作とかの話

まずはご連絡から。 6月の末に大阪の北港か南港かで、サミットが開催され

父の日ギフトの発送 まだ間に合います!

お客さんからお電話でお問い合わせがあったので、こちらからもご連絡させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑