*

店先の黒板の効果はどんなもん?

昨日は夜遅くに、東京から高槻に戻ってまいりました。
エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースで主に「伝える」ことを学んでおります。

 

 

その4回目がありました。
塾のメンバーは同じような志を持った仲間、みんなとの会話は楽しいですね。
良い仲間と藤村正宏先生とスタッフの皆さんとの懇親会、とっても楽しい時間でした。

 

 

何とか自分の伝えたいことが、形になってきたかなぁと。
来月も塾はありますので、それまで更に磨きをかけていきたいと意気込んでます。

 

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

黒板で伝える

 

写真のような黒板を置いています。
書いてあることは主に、店内では喫茶ができますよー、コーヒー豆が購入できますよーとか、その価格だとか。

 

あとはトップのキャッチコピーですね。
1か月ごとに書き換えています。

 

原稿は僕がつくり、書き上げるのはカミさんです。

 

最初は書き上げるのに、時間もかかりましたが、今は手慣れたもので数分で書きあげるようになってます。

 

これがあるとないとどう違うか。

 

カッコよさだけなら、高槻店の場合、店先に黒板がない方が、僕は見た感じはシンプルでカッコいいと思ったりします。
作りが「和」でできているので、シンプルにしている方がカッコいいと思うのです。

 

実際、同じようなことをお客さんからも言われたことがあります。

 

なくて、伝わるか?

 

なければ、見た目はカッコいいかもしれないけども、どんなお店なのか、とってもわかりづらいですよね。

 

ただでさえ入りづらい、扉を開けるのに勇気がいる、とよく言われます。
なので、この黒板があることで初めて扉を開けようと思っているかたは、いくつかの情報を得ることができますよね。

 

もちろん、ツイッターやフェイスブック、このブログなどで沢山の情報をだしていますが、すべての人が、すべての島珈琲のお客さんが見てくれているのか、というとそうではありませんよね。

 

たまたまお店を見つけた人もいるでしょう、車を乗っていてふと発見した人もいるでしょう、行こか戻ろか、入ろか帰ろか、そう迷っているかたにちょっとでも背中を押すことが書いていれば、どうでしょうか。

 

そういう為にも、黒板は有効なツールです。

 

あるか、ないか、で随分違ってきますよね。
いや私、自分の字がへたくそやから、と言って書きたいのに書かない人がおられるかもしれません。

 

ただ、その字に個性があるから、目に付くのです。
下手ではなく、それはあなたの個性が現れた「字」なのです。

 

そういうことで、手書きの方が、より目に付きやすいと思います。

置かないより置く方がお店にも、お客さんのためでもある、と言えます。

 

キャッチコピーはインターネットで調べたらいくらでもあるので、ちょっと面白おかしくしたりすればいいかなぁと思います。

 

黒板はお客さんのためにあった方がよい、効果はあります!それが僕の結論です。

ということで、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~商いは牛のよだれ~

プロローグ   商いは牛のよだれ という言葉をご存じでしょうか?牛のよだれ

記事を読む

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェを設計、施工され、僕が初め

記事を読む

職人であり 商人であり

コーヒー焙煎職人を目指したのは、炎を扱い、炎を操作したい、そして美味しいコーヒーを焙煎して作り、喜ん

記事を読む

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。   今も昔もやっぱり大事と言われ

記事を読む

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期になる、この月は閑散期になると

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい

最近、島珈琲へカフェで使うコーヒー豆のお問い合わせが増え、嬉しく思っている僕です。  

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンになっているそのキッチンに向かっ

記事を読む

お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。   モノを売るのではなく

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
おうちで美味しいコーヒー飲むのにかかせないこと

次の月曜日は、高槻芥川町にあるテマヒマさんで、コーヒー講座を開催します

コスタリカの銘柄が変更になります!

昨日は娘の七五三でした。 豊中は岡町にある、原田神社で祈祷を。 &nb

いいモノを作りたいとき 心の状態も大事

先日、家に帰ると食卓の上に、娘からの手紙が。 開けてみると、父ちゃんい

プロのコーヒー用語では、苦みがある酸味があるはネガティブなんです

明日は月曜日ですので、僕自身のお休みです。 高槻店は定休日、岡町本店は

コーヒー豆を販売したい!何か許可は必要なの?

最近続けていろんなご相談を受けます。   その方の近くにコー

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑