*

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

公開日: : coffee ,

昨日は奥さんはお休み。
その奥さんから営業時間中に電話があり、それを取ると娘へとすぐにバトンタッチ。

 

娘が開口一番に大きな声で、父ちゃ-ん!私が大きいお姉ちゃんになったら夕方までお店手伝うからね、お店一人で大変やもんね、と言ってくれるではありませんか。

 

ほんとうにそうなるかどうかは別にして、その気持ちだけでも嬉しいですよね。
僕自身、正直この島珈琲を娘が継ごうが継ぐまいか、好きなようにしたらいいと思ってます。

 

やりたいというなら、やってくれればけっこう。

 

自分の好きな道ができたならば、それに向かって進んでもらうもけっこう。
自分の人生なんだから、思うように好きに生きて欲しい、なんて思ってます。

 

今月、島珈琲は法人化し、島珈琲株式会社になります。
別に多店舗展開して大きくなろうなんてひとつも思ってませんし、大企業にするぞ!という野心は僕にはありません。

 

一生、職人で生きていくつもりにしています。
なので、まぁ娘の言葉は素直に嬉しいですが、自分が選んだ好きなことを思い切り楽しむ人生を歩んで欲しい、とお父ちゃんは思っております。

 

ということで、本文と全く関係ない前置き、長ーくなりました(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日のツィートが皆さんに喜んでもらえたようなので、こちらでも。

 

 


疲れた時などは特に甘いコーヒーが欲しくなり、ミルクを入れ砂糖もわりとたっぷりいれて飲みます。

今回はブレンド花、中焙煎=中煎りのコーヒーをそれで頂きました。

 

ミルクを入れるなら深焙煎=深煎りの方がわりとしっくりくるのですが、中焙煎は中焙煎で爽やかな酸味がミルクと絡み合い、そして砂糖の甘みとコーヒーの甘みが広がり、コーヒー風味のミルクキャラメルのような味わいが口の中をゆっくりと駆けていき、さっぱりと気持ち良い感じの味わいでした。

 

もちろんこうしたミルクとの相性などを調べるために、入れることもありますが、春先はツィートに書いた様にミルクに酸味が感じる時があるので、それをチェックするということも兼ねているのですね。

 

牛の食べる草で変わる事もあるらしい

 

これは何人かいる、僕のコーヒー師匠のうちのお一人の方から教えてもらったお話です。

 

ミルクは生クリームで、動物性のクリームなら、それの生みの親は牛さんであります。
春先は新芽というか若草を牛が食べる、その若草がミルクに酸味を持たせる原因になる、と。

 

科学的なことは調べておりませんので、科学的に正解かどうかは僕はわかりません。
でも、春先ってミルクに酸味を感じることが多いのですね。

 

なので、コーヒーの酸味ではなく、ミルクの酸味を感じればそれに対して、どう応じるか。
それをキャッチするために、時々ミルクを入れて飲んでおります。

 

ミルクに酸味があると、それはそれで美味しいのですが、コーヒーの酸味とどう合わさるのか、も調べておかないといけませんからね。

 

ミルクに酸味を感じた時は、焙煎での微調整はしませんが、コーヒーを淹れる時や挽く時にはちょっと工夫をほどこして、よい塩梅になるように気をつけています。

 

牛乳にはそう感じたことはありませんが、同じくあるのかもしれません。
何十年とやっていても奥が深いです、ちょっとした引き金で謎が謎を生んで。

だから沢山の方の興味をひく飲み物なんですね。
いやぁコーヒーって本当に素晴らしい飲み物ですね。

 

それでは今回はこのへんで、御機嫌よう。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

店舗デザイン

  ありがとうございます 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂きまして 感謝感謝です さて

記事を読む

コーヒーはあなたの身体のバロメーター

プロローグ さて、あなたは自分の体調を何で管理していますか? うーん今日はちょっと身体がこってる

記事を読む

ハンドピックとは1杯のコーヒーへの愛

通販のご注文が沢山あり、ドタバタな島珈琲です。 いやでもほんと、ありがたいです。  

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

no image

ディスカバリー

 今日 前職でお世話になりました(株)マツモトコーヒーの社長に 注文の電話があったので 電

記事を読む

スコットブレンド ブレンド内容を変更します!

プロローグ 2016年1月20日にデビューしました、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナル

記事を読む

コーヒーを愉しむ為に必要な2つのこと

プロローグ 僕は「続ける」ということが苦手でした。 えっ?と思われる方もいるかと思いますが、ほん

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を

記事を読む

必読 コーヒーが身体にいいという理由

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 今日はコーヒーが身体に良いという、効用をズラッと書

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑