*

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。
その半分以上の時期は、売れてなかったと感じています。

 

何を持って売れている、売れてない、なのか、その物差しはよくわかりませんが、ともかく売れてない時期がここまで来て、半分以上でした。

 

それで、現在は売れているのかというと、はたから見てどう思われるのかは別として、自分が目指していたところには届いたのではないか、そう思ってます。
開店当初に立てた目標が、17年経ってやっとたどり着けそうだ、そんな感じですね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

 

マーケティングの師匠、エクスペリエンスマーケティング略して、エクスマの創始者である藤村正宏先生とは2013年頃に出会い、その言葉を聞いて、自分の中でカタチになっていなかった事柄が、その言葉によって、そうか!と、カタチが見えた、ように思ったこと記憶してます。
そうして、エクスマを熱心に勉強し始めました。

 

それまでは、美味しいかったら売れる、このコーヒー豆はすんごいところで栽培されて、すんごく美味しいから売れると思っていたのですね、特に開店当初は。

 

商品力さえあれば売れると。
僕も含めて職人さんは、その作る商品に対しては、自信を持っているわけです。
美味しいものを作る、そのことに色恋のごとく血道を上げて取り掛かっているわけですから。

 

だから僕自身から見て、商品力はむっちゃ高い、と思っているわけですが、だけど売れなかったのです。
なぜか。
僕は、売れる売り方をしてなかったからです。

 

もちろん全く売れなかったわけではありませんでしたが、開店当初は生活がそれで成り立つほど、ではなかったので、朝刊配達のバイトをしながらでした。

 

売れる売り方とは

 

ここまで来てわかったことは、あの人がその方法で成功したとしても、僕はその方法で成功するとは限らない、ということです。

 

やり方も、自分に合う合わないがあるわけで、結局自分の個性に合わせた方法を、自分で見つけるしかない、それが僕の結論です。

 

つまり勉強するしかない、と思うのですね、売れる売り方の。
勉強して、自分には出来そうだと思うものを発見して、トライを重ねていくことだと思うのです。
売らないとお店は続けていけないので、ファンの方に迷惑がかかるわけですからね。

 

ファンの方のためにも、もちろん自分を向上させるためにも、大人になってからの勉強は、とても大切なことだと考えます。

 

作ることに没頭してしまいますが、お店である以上は、職人だけではなく商人の一面も持っていなければ、お商売として続かないのですもんね。

 

技術的な勉強も大切、そして経営の勉強も大切。
車の両輪のような関係だなぁ、なんて商品棚を見ながら思っていたことはそんなことでした。

 

大人になっても勉強は大事。(学生の頃は全然してませんでしたが 笑)

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のブログはこちら

https://www.ex-ma.com/blog/

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーはコース料理の最後をひっくり返す

昨日は高槻店業務終了後、カフェBeに寄り、そして新しくオープンされる「洋食カフェ kuwa」さんへ、

記事を読む

現在のカフェのスタイルに思うこと

実は今回、違うことを書くつもりでいました。 この次の回のブログのことを考えていたのですね。

記事を読む

店舗開業の工事 その時に

車を買い替えようと思ってます。 結婚する前にカミさんが乗っていた車、そして僕の仕事の車、どちらも軽自

記事を読む

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでもあります。  

記事を読む

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンになっているそのキッチンに向かっ

記事を読む

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェとコーヒー豆焙煎店とはちょっと

記事を読む

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェを設計、施工され、僕が初め

記事を読む

顧客を作るのではなく、ファンを作る ~エクスマセミナー~

何度か書きましたが、初めてエクスペリエンスマーケティングセミナー略して、エクスマセミナーに行き、それ

記事を読む

工務店や蕎麦屋がコーヒーを販売?あずブレンド、そばっこブレンドめっちゃ売れてます!

    しかしすごいです、お二人とも。 先日お伝えしました、工務店さん

記事を読む

コーヒー豆は売れるのか

プロローグ お盆休みに入り普段は通販を利用のお客様が、わざわざ遠方から高槻店にきてくださってます。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
日曜日だけのお店 岡町本店は当日全部焙煎しているわけではありません

日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ行きます。 高槻店から、荷物を積ん

ペーパーフィルター2枚重ねでドリップするとどうなるか?

娘に何か話しかける時にふざけて「よう、そこのカワイ子ちゃん」というと、

昨晩は久しぶりに島珈琲社会貢献部の活動でした!

今までは、次の日にお店に立つならば餃子は口にすることはありませんでした

7月の月替わり季節のブレンドは「夏みかん」

本日は久しぶりに島珈琲社会貢献部の活動です。 とある方から、福祉施設で

ブレンド風でもアイスコーヒーを作れます!

昨日はお休み。 娘が小学校から帰ってくると、玄関で「父ちゃんただいまー

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑