*

カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい

公開日: : カフェオープンに参考になる話

最近、島珈琲へカフェで使うコーヒー豆のお問い合わせが増え、嬉しく思っている僕です。

 

開業当時のことを思い浮かべ、あぁ僕もいろいろ不安に思うこと、もちろん希望も沢山あったよなぁ、なんて思い起こしております。

 

 

 

僕は3件のお店の立ち上げを経験しました。

2002年に岡町本店、2009年に社会福祉法人 北摂杉の子会さまが運営するカフェBe、2012年島珈琲高槻店。

 

それぞれの経験から、得たもの、そして参考になるであろうことをブログに書いております。

 

今回も何かの参考になればと思い、書いていきますね。
カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

聞く耳半分でいい、とはどういうことか

 

カフェをオープンするとき、オープンした直後数か月、そして何年経ってもお客さんからいろんなアドバイスをもらえます。

ありがたいですね、感謝です。

 

以前にも書いた内容ですが、改めてもう一度書いていきますね。

 

例えば、メニューを増やした方がいいとか、こうした方がいい、ああした方がいい、こんなサービスがあったらなぁ、いろんな要望も含めたアドバイスをお客さんや友人、知人から頂きます。

 

なるほど、と思うものもあるし、そういう見方もあるのね、と手を打つようなこともありますし、予算的に無理なものとかいろいろあります。

 

しかしです。
それをすべて真に受けて、忠実に実現していくとどうでしょう。

 

そこはあなたのお店です(もしくは任されたお店です)
それを受け入れることで、
あなたのカラーはそこにありますか?
あなたのやりたいことですか?
嫌と思わずにそれをできますか?
ほんとうにそれはお客さんのためになっていますか?
初めのコンセプトとズレすぎていませんか?

 

大抵、どれかに当てはまってしまうのです。
お客さんのアドバイスを、すべて聞く必要はないのですね。
必要だと思った、その必要なところだけ自分のフィルターに通して考え、自分の色でそれをすればいいのです。

 

お客さんがせっかく言ってくれたのに、って思うかもしれません。

 

大丈夫です、言った本人もだいたい忘れてしまってますし、もしそのアドバイスを忠実に実行したとして、もし失敗したとしたらその責任はあなたが取るわけですから、あなたが責任を取れると思うことだけをすればいいのです。

 

大丈夫です。

 

目の覚めるお客さんの一言

 

岡町本店で売り上げがないときに、ふとお客さんに洋菓子や紅茶も商品棚に並べようかな、ってぽそっと言ったことがあったのですね。

 

他の多数のお客さんにあったらいいなぁ、って言われていたんです。

 

そうしたら強烈な目の覚める一発を頂きました。
「島さんあのね、島さんがコーヒー豆にこだわって、ここでコーヒー豆だけを販売しているから、わざわざここまで買いに来てんねんで。」

 

そうや!そういうことなんや!
と、この言葉は目が覚めました。

 

そう僕は紅茶や洋菓子を販売しようとして、島珈琲を開業したわけではない、と気づかされたそのお客さんからの言葉でした。

 

売上に困ったときは、藁にも縋る思いになると思います、実際僕もそうでした。
だけどお客さんの言うこと、アドバイスなどをすべて真に受ける必要はないのです。

 

もちろんそのアドバイスは、お店やあなたのことを思って言ってくれていることなので、感謝の気持ちは忘れずに。

 

僕が言いたいのは、あなたがどんなお店をやりたいのか、それに基づいて、その頂いたアドバイスを取捨選択すればいいということなんですね。

 

状況に左右されず、自分の持つコンセプト、自分の思いのバックボーンを大切にしてください。
それがお店の個性になると僕は思っています。

 

参考になれば嬉しいです。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~関係性つくり編~

プロローグ 土曜日は妄想ブログ、コーヒー戦国時代劇。日曜日はアドバイスブログと最近パターンをつくり

記事を読む

店舗経営にブログの更新はどんな効果があるのか

僕がブログをほぼ毎日のように更新しているのは、もちろんお商売のためでもあります。  

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

コーヒー屋って儲かりますか?

プロローグ もうかりますか?と聞かれると自動的に、ぼちぼちでんな、とすり込まれているのは、なにわ商

記事を読む

カフェへの卸売りしているコーヒー豆、どんなのが人気?

島珈琲はカフェへのコーヒー豆の卸業務もしております。   おかげ様で随分と取引

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス② ~味覚をよくするにはどうしたらいいのか~

プロローグ 僕が経験してきたことで、カフェオープンを目指す方にちょっとでもお役に立てるように書いて

記事を読む

店舗開業の工事 その時に

車を買い替えようと思ってます。 結婚する前にカミさんが乗っていた車、そして僕の仕事の車、どちらも軽自

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス~商いは牛のよだれ~

プロローグ   商いは牛のよだれ という言葉をご存じでしょうか?牛のよだれ

記事を読む

現在のカフェのスタイルに思うこと

実は今回、違うことを書くつもりでいました。 この次の回のブログのことを考えていたのですね。

記事を読む

カフェなどの開業相談を受けたときに必ず伝える1つのこと

カフェ開業の相談をいくつか受けてきました と、その前にご連絡! あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

→もっと見る

PAGE TOP ↑