*

島珈琲の美味しさの秘密 ステンレスシリンダーにあり!

公開日: : coffee, 焙煎アーティスト

前号(昨日)のブログがややマニアックな内容になったので、この号も思い切ってマニアックな方向で書こうかな、と。
昨日書き上げてから、そんなことをふと考えたので、じゃあたまには超マニアックに書こうか、ということでお付き合いください。笑

 

島珈琲高槻店の焙煎機は、富士珈機という国産のコーヒー機器のメーカーのもので、焙煎機やコーヒーミルなどを製造販売している歴史ある会社です。

 

島珈琲高槻店の焙煎機はステンレスシリンダーという、ステンレス製の釜の仕様。
シリンダー=釜は鉄製が多いです。

 

高槻店の焙煎機は、ステンレスシリンダーの1号機で言わばテスト機を兼ねたものでした、プロトタイプですね。
今では、どなたでもオーダーが出来るようになっているはずです。

 

なぜ鉄製ではなく、ステンレス製なのか、それは僕の求めていた美味しさにドンピシャだったからのなのです。

 

 

ステンレスシリンダーは蓄熱が少ない

 

高槻店の焙煎機は、富士珈機さんのノーマルタイプのものより、バーナーから立つ炎が低くなるようになっており、釜とバーナー部から更に距離を置き、しかもカロリーは20000カロリーとノーマルのタイプよりほぼ2倍以上の熱の力があるタイプとなっています。

 

遠火で強い熱を送り、焙煎します。
ステンレスシリンダーは釜自体の蓄熱が少ないので、電動熱による焙煎、金属から伝わる熱伝導、つまりフライパンで肉を焼くような感じではなく、イメージとしては熱風式のオーブンで肉を焼くような感じで、熱を全体に柔らかく当てて味わいを引き出します。

 

バーナーから出る、熱カロリーが強いと、それだけ香りを強くし、コーヒーの個性的な味わいの要素をグッと引き出せるのですね。
ただ強いだけだと、コーヒー豆を焦がしてしまうので、バーナー部と釜の距離を取って、焦げて嫌な苦みがでないように焦がさず上手に焙煎できる位置をキープしてます。

 

これによって、個性的な味わいを引き出し、香りも引き出しながらも、全体的に優しい味わいを再現できるのですね。

 

ただし、ピーキーである

 

ピーキーとは、ある一定の範囲では素晴らしい力を発揮するが、その範囲外になると極めて操縦性が低くなる、確かそんなことを書いてあったと思うのですが、釜の内部の温度を保持しないので、ステンレスシリンダーは蓄熱性が少ないからですね、釜内の温度が結構急激に変わるので、焙煎と焙煎の間のインターバルには、気を使います。

 

熱カロリーも強いので、ちょっとした操作で味わいがガラッと変わってしまうので、操作には気を使いますが、それを差し引いてもむちゃむちゃ面白いマシーンです。
何事にも敏感に反応する、って感じですね。

 

ですので、ある程度コーヒー焙煎の経験がないと、ちょっと扱いにくいのが、このステンレスシリンダー内蔵の焙煎機なのです。

 

1日に何杯飲んでも飲み飽きない味つくり、何杯飲んでもしんどくならない味つくり、何杯飲んでもって限度はあると思いますが、そんな味つくりを目指す僕にはうってつけのマシーンなのです。

 

今朝は、バーナー部分をメンテナンス。
明日は煙突掃除です、頑張ります。

 

ということで、島珈琲の美味しさはこのステンレスシリンダー内蔵の焙煎機に秘密がある、というマニアックな内容でした。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

知ってますぅ?歯周病対策にコーヒーが効果的なことを!

今朝は6時過ぎの家を出て 高槻店に車で向かい 岡町本店でも使う荷物を積みこんでいましたが 半袖

記事を読む

なぜコーヒーに砂糖を入れるようになったのか

基本的に僕は、コーヒーをブラックで飲みますが、やっぱり疲れている時なんかは、生クリームと砂糖を入れた

記事を読む

コーヒーの美味しくいれるコツを一言で言うと?

プロローグ 昨日、お客様の「?」と止まってしまった質問を受けました。 「島さんの言うように、粉で

記事を読む

冷めたコーヒーを温めなおす方法

娘が胃腸炎になりました。 聞けば土曜日、幼稚園の発表会があったのですが、何とか舞台には立ったけども、

記事を読む

ピンチは常にくるものと考える

どちらかというと石橋を叩いて歩く方の人間でして、どんなことも段取りそして準備を怠らず、そして物事に臨

記事を読む

コーヒーの粉は密閉容器に入れてても冷凍保存

島珈琲では(姉妹店cafeBeを除く)、この10月からクレジットカード決済を始めました。 実は僕、自

記事を読む

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

ドリッパーは陶器製か プラスチック製か どっちがいいの?

さて 今日はペーパードリップにおいて使われるドリッパー 紙を敷いて濾すあの道具ですね それが陶器製の

記事を読む

月替わりの限定ブレンド、季節のブレンド6月は「あじさい」です

本日、カフェインゼロコーヒーのコロンビアが入荷しました。 このブログを書いたあと、土曜日の営業中です

記事を読む

コーヒーの苦味 目指す味わい

娘が一度映画を気に入ると、もう何度も見るのですね。 終わったかと思うと、また巻き戻して見たり。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑