*

コーヒーの粉に混ざる茶色い皮の正体

公開日: : coffee

本日はお休み。
岡町本店へ行く日曜日、高槻店に荷物を降ろして家帰る時刻は、だいたいが夜の10時近くに。

 

ご飯を食べたあと、お風呂に入って、そして休み前の素晴らしい時間。
ちょっと夜更かししたくなりますよね。

 

昨日はアマゾンプライムビデオにあるキン肉マンを見てました。
悪魔将軍とキン肉マンとの一戦で、キン肉マンがキン肉バスターで勝利。

 

小学生の頃に見た、漫画ってなんでハマるんでしょうね。
その後、銀河を見ようと思いましたが、さすがに眠くなってダウン。

 

朝は娘と朝食を食べ、学校へ行くのを見送りました。
このブログ書き終わったら、入院している父との面会へと行ってきます。

 

そして今晩は、母と家族とで外食を。
楽しい1日にしたいと思います。

 

さて、今回はコーヒー豆を粉にした時に混ざっている、茶色い皮のお話を。

 

 

茶色い皮はチャフと呼ばれてます

 

写真を見ておわかりでしょうか。
コーヒーの粉よりも白っぽい茶色の皮、これがチャフです。

 

コーヒー豆は、コーヒーの実のタネで、赤いチェリーからタネを取り出しますが、タネの中心部のコーヒー豆は何重にも皮にくるまれています。

 

乾燥させて脱穀するのですが(その状態が焙煎する前のコーヒー豆=生豆)、その後もシルバースキンと呼ばれる皮がついて、それにくるまれています。

 

脱穀する時にかなり取れているのですが、それでも残っています。
残っている皮、シルバースキンは焙煎することではがれ、コーヒー豆の表面にはその皮がほとんど残らないということになります。

 

シルバースキンはチャフなんですが、焙煎したあとに残るシルバースキンがチャフという名に変わるような感じで、なんか出世魚みたいな感じですね。

 

生豆についている時の皮はシルバースキン、焙煎して茶色くなったシルバースキンがチャフ、と呼ばれているような感じです。

 

焙煎した時に剥がれるのなら、なんでコーヒーの粉に混ざるのか?

 

コーヒー豆の内部にもその皮があるから

 

シルバースキンは豆の内側から外側に向かって、豆をくるんでいるのですね。

 

なので、内側にあるシルバースキンまでは、焙煎で剥がすことはできません。
内部にシルバースキンが残っていて、豆の一緒に焙煎されてチャフとなります。

 

それが粉にした時に、皮=チャフとして混ざるわけなのです。

 

ですから別に異物が混ざっているわけではないのです。

 

おうちにミルをお持ちの方は知ってるかと思いますが、ミルで粉にした時にそのチャフがミルに付着するのですが、特に空気が乾燥している時はめっちゃ付きます。

 

逆に今の様な湿気の多い時は、付着するのが少ないですね。
ですので、空気が湿気ている時の方がコーヒーの粉に混ざっている、ということになります。

 

静電気でチャフがミルやコーヒー豆袋に付着するので、冬の乾燥している時の方がチャフが多いように感じます。
でも実際には季節によるチャフの量の差はありません。
目に付くか付かないか、の差ですね。

 

はい、このチャフは取り除けばより雑味のないクリーンな味わいになりますが、入っていても問題はありません。
ご家庭で普通に楽しむ方は特に心配することありませんので、気にせず飲んでくださいね。

 

今回はチャフのお話でした。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

きめ細やかさだよ 人生は

プロローグ 今朝のツイッターにこんなことを書きました 「生き残る生物は強い生物ではなく 環境の変化

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

香り立つ、コーヒーを美味しく飲めるカップはどれ?

プロローグ 昨夜お店が終わった後、買い物に行きました。   僕 クレ551って置

記事を読む

なぜマンデリンは人を魅了するのか

モカ・マンデリン・キリマンジャロ。 日本のコーヒーの三本の矢、みたいな感じで多くの人がその名を知っ

記事を読む

釜の厚みでコーヒーの味わいも変わる

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て焙煎そして店頭に立ち終日販売をしている僕です。 ど

記事を読む

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一緒と思うのですけど、止まったら

記事を読む

アイスコーヒーは淹れて直ぐ飲むべきか、寝かすべきか

食品学でいうと、コーヒーも淹れてからできるだけ早く飲む方が良いとされています。  

記事を読む

知ってますか?スペシャルティコーヒー

プロローグ 昨日 嫁さんと話していました 僕が晩ご飯を食べているときに たいてい9時からのニュー

記事を読む

コーヒーの可能性 2型糖尿病を予防する!?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   秋が深くなってくると 更にコーヒ

記事を読む

あの芸能人のコーヒー「TANPANCOFFEE」は今どんな感じに進んでる?

あの芸能人こと、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのオリジナルコーヒー TANPAN COFFEE 今どんな

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑