*

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ

コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。
こうして続けていけるのもお客様が応援してくれているおかげです。

 

美味しいコーヒーを売ってたら、自然にお客様が来てくださる!なんて鼻息荒くして開業しましたが、ところがどっこいそんな高飛車になった人のコーヒー豆なんて誰が買うもんですか、ね。

 

見事に鼻を折られた14年前、あそこで気づかなかったらどこまでも落ちていたと思います、感謝です。

 

島珈琲を続けていけているのもお客様というファンがあってこそ、サポーターがあってこそ。
これからも笑顔の為に、美味しいコーヒー豆を焙煎したいと思います。

 

そう、15年目なんです。
その長い期間を通じてわかったことですが、女性、男性、老若男女により味の好みにある一定の似た傾向があることを接客しながら学び、そして蓄積してきました。

 

コーヒー好きなあの人にコーヒー豆などをプレゼントするときは、このお話を参考にしてくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_2076

 

 

味の好みの傾向

男性と女性、ざっくり言うと男性の方が濃い味を好む方が多いです。
女性はどちらかというと濃い薄いというよりかは、刺激のないの味わいを求められます。

 

以前にも書きましたが、女性は子供を産みそして育てることから「食の中で子供を守る」という無意識が働いているそうです。
コーヒーの醍醐味である酸味や苦味というのは、基本的には食べ物においては危険信号です。

 

大人の味のコーヒーですが、苦味酸味がきついコーヒーにおいて、女性は刺激をキャッチする能力が男性よりもあるので、一般的に酸味苦味が際立った味わいは好まない傾向にあります。

 

老若で見ると、これは食事でわかりますよね。
若い時は脂っこいものでもバンバンいけましたが、歳を重ねるごとにお肉よりも野菜、魚などに徐々に好みが移行していきますよね。

 

ですので、どちらかというと歳を重ねる事にコーヒーもあっさりした味わいを好む、そうした傾向があります。

 

あとタバコをお吸いの方。
僕も以前は吸っていたのでよくわかるのですが、タバコを吸われる方は濃い味を好む方が、過去見てきた比率を思いだしてみると多いと記憶しています。

 

この上の基本軸にして、食事を見て聞いて判断する

プレゼントを贈るためにコーヒー豆を買われる時、贈る先様の好みが分からない時はお食事をことを聞きます。
僕の経験上、調味料をよく使う方、マヨネーズ、ソース、ケチャップなどなどは濃い味派。

 

サラダとかお肉でも基本的に素の味わい、つまり調味料をあまり使わずに食べられる方、もしくは塩を使うくらいだとかだと、あっさり派です。

 

SNSでも濃い料理の写真をアップしている方、ハンバーグとか肉とか脂ものとかが多い方は、濃い味派です。
同じく刺身とか野菜とか、シンプルな料理の写真を多くアップしている方は、あっさり派です。

 

濃い味派=深焙煎(深煎り)のコーヒー あっさり派=中焙煎(中煎り、浅煎りのコーヒー)
こんな感じで覚えておくと、コーヒーだけでなく食べ物、飲み物を贈るときに便利だと思います。

 

エピローグ

女性と男性の味覚が違うのを知ったのは、コーヒー豆屋をはじめてからのことでした。
このことを知っていろんな場所、いろんな人と一緒にご飯を食べている時に観察していると「ふーん、なるほど」と思うことが多かったです。

 

あくまでも傾向ですが、だいたい合っていると思ってますので、よろしければ活用してくださいね。
その先のもう少し詳しいことをお聞きしたいときは、僕に聞いて下さいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3回に分けて。   昨

記事を読む

フルーティなアイスコーヒーって何がフルーティなのか?

プロローグ 去年から販売し始めた島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー 「フルーティなアイスコー

記事を読む

コーヒーを取り巻く環境はどんどん良くなっている

昔は、昔は、なんて口癖になってしまいそうなくらい、最近ブログでよく利用している言葉なってしまってます

記事を読む

カラダがあたたかくなるコーヒーをください

プロローグ 先日、喫茶をご利用のお客様にオーダーを取りに行った時に、こう言われました。 「身体が

記事を読む

コーヒーを淹れるお湯の温度

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何

記事を読む

新豆さん!いらっしゃーい!

  いったい何人の人が 三枝ふうのイントネーションで読んでくれただろうか・・・? 先程 朝

記事を読む

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

no image

情熱の薫りを求めて

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之 島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラッ

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

なぜいつも同じ味のコーヒーにならないのか。

ブログは序破急で構成しております。 3部構成ですね。   徐々に始まり、本題に入って、急速

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎機のメンテンナスを怠るとどうなる?

昨日はお休みでしたが、午後からは高槻店の焙煎機のメンテンナスを行いまし

経験には無駄はない

本日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 岡

コーヒーの楽しみの一つに

本日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町にある岡町本店に来まして、先

やけくそになったらあかん 丁寧に生きよ

今朝は焙煎を早い目に終わらせて、月イチのお詣りに行ってきました。 高槻

エスプレッソマシンの豆はアイスコーヒー用です

詳しいところまでわかりません、というのが前提でお客さんに聞いたお話です

→もっと見る

PAGE TOP ↑