*

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うの?

公開日: : 焙煎アーティスト ,

昨日は高槻店が終わった後バイクで、高槻・芥川町にあるセレクトショップ&カフェ「テマヒマ」さんへ、コーヒー豆の配達に行ってきました。

 

今年10月1日オープンされ、ランチは予約しないと食べられないことも多々あると。
すごい人気ですね。

 

とっても嬉しいです。
高槻の人気カフェになりますね、きっと。

 

テマヒマさんには、オリジナルブレンドを。
深煎り=深焙煎のブレンドで、とっても好評だとお聞きし、ほっとしております。

 

僕の焙煎したコーヒーが、お店のお手伝いができたたなら、ほんとうに嬉しいです。

 

 

 

 

ランチのご予約は11時半のスタートのみなら可能ということですので、予約して行った方が安心ですね!

人気のテマヒマさんの詳細はこちらからどうぞ。

 

https://www.temahimaselect.jp/

 

さて、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェ、もしくはレストランは総じて、深焙煎の方が多いです。
業務用卸では、中焙煎=中煎り よりも 深焙煎=深煎りの方がやや人気のようです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うの?

 

例えば島珈琲のコーヒー豆メニュー表を見てみると、中焙煎にはあるけども深焙煎にはない、またその逆のものもあります。

 

ブラジルは中焙煎、深焙煎ともにラインナップされていますが、タンザニアというコーヒーは中焙煎のみ。

マンデリンとグァテマラは深焙煎のみ、中焙煎にはラインナップされていません。

 

 

 

 

これはどういうことかというと、ブラジルは割とオールマイティの選手で、同じ銘柄の豆でも中焙煎でも深焙煎でも、どの焙煎度合いでも良い味わいをだしてくれます。

 

タンザニアというコーヒーは、これは僕の好みですが、深焙煎よりも中焙煎でその魅力を発揮できると考えてますので、深焙煎に出来ない事ないのですが、深焙煎ははずしております。

 

マンデリンはその逆で、中焙煎よりも深焙煎の方が魅力が上と僕は考えますので、深焙煎のみのラインナップ。

 

要はその銘柄に合わせて、魅力を一番引き出せるところを重視している、といいうことです。
そして僕の好みでもあります 笑

 

その豆その豆に、美味しいポイントがある

 

焙煎度合いは一般では8段階あるのですが、その中で自分がここだと思うベストを探すのですね。

深焙煎でその魅力を発揮するもの、中焙煎で魅力を発揮するものそれぞれです。

 

人間だってそうでしょ、かけっこでも長距離が得意な人、短距離が得意な人、それぞれです。
いいところを引き出すのが、焙煎職人の腕の見せ所なのですね。

 

その豆が持っている長所を、最大限引き出すことを考える、それがコーヒー焙煎という作業であり、技でもあるのですね。

 

美味しいって喜んでもらいたい、笑顔になってもらいたいですもんね、僕のコーヒーで。

そのためにいつもコーヒー豆の味わいのベストポイントを探している、ということなんですね。

 

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うのは、その美味しさである長所がそれぞれに違うから、そんなお話でした。

 

それでは、良い週末を!
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

これを知っていれば安心 初めてのコーヒー専門店でコーヒー豆を買うとき応用できる3つのこと

プロローグ コーヒー豆専門店を13年させてもらっていますが どうしても敷居が高く感じられているよう

記事を読む

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。   お客様から質問の

記事を読む

株式会社にして改めて想ふこと

親しくさせてもらっている銀行さんがあります。 出店時の資金や、その後の運転資金の借り入れなどで、お

記事を読む

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑 周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが 少なく 

記事を読む

がんに対抗できるコーヒーの力

プロローグ 「コーヒーを飲むことで死亡リスクが低下する」という、9万人による日本人対象研究で確認さ

記事を読む

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。 こうして続けていける

記事を読む

no image

プロ焙煎士から焙煎アーティストへ脱皮!

そうです 今まではプロ焙煎士 島 規之 と申していましたしかし AMMの岡田先生に15時間くらいのヒ

記事を読む

お客さん目線になるということは、どういうことか

「焙煎アーティスト」とは何かの資格ではなく、登録商標したものなんですね。  

記事を読む

ブログを書くこと、お手紙を書いて伝えること

あれっ?どうしたんだろ。 実は最近、ブログの訪問者数はセッションというのでしょうか、その数が随

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑