*

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うの?

公開日: : 焙煎アーティスト ,

昨日は高槻店が終わった後バイクで、高槻・芥川町にあるセレクトショップ&カフェ「テマヒマ」さんへ、コーヒー豆の配達に行ってきました。

 

今年10月1日オープンされ、ランチは予約しないと食べられないことも多々あると。
すごい人気ですね。

 

とっても嬉しいです。
高槻の人気カフェになりますね、きっと。

 

テマヒマさんには、オリジナルブレンドを。
深煎り=深焙煎のブレンドで、とっても好評だとお聞きし、ほっとしております。

 

僕の焙煎したコーヒーが、お店のお手伝いができたたなら、ほんとうに嬉しいです。

 

 

 

 

ランチのご予約は11時半のスタートのみなら可能ということですので、予約して行った方が安心ですね!

人気のテマヒマさんの詳細はこちらからどうぞ。

 

https://www.temahimaselect.jp/

 

さて、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェ、もしくはレストランは総じて、深焙煎の方が多いです。
業務用卸では、中焙煎=中煎り よりも 深焙煎=深煎りの方がやや人気のようです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うの?

 

例えば島珈琲のコーヒー豆メニュー表を見てみると、中焙煎にはあるけども深焙煎にはない、またその逆のものもあります。

 

ブラジルは中焙煎、深焙煎ともにラインナップされていますが、タンザニアというコーヒーは中焙煎のみ。

マンデリンとグァテマラは深焙煎のみ、中焙煎にはラインナップされていません。

 

 

 

 

これはどういうことかというと、ブラジルは割とオールマイティの選手で、同じ銘柄の豆でも中焙煎でも深焙煎でも、どの焙煎度合いでも良い味わいをだしてくれます。

 

タンザニアというコーヒーは、これは僕の好みですが、深焙煎よりも中焙煎でその魅力を発揮できると考えてますので、深焙煎に出来ない事ないのですが、深焙煎ははずしております。

 

マンデリンはその逆で、中焙煎よりも深焙煎の方が魅力が上と僕は考えますので、深焙煎のみのラインナップ。

 

要はその銘柄に合わせて、魅力を一番引き出せるところを重視している、といいうことです。
そして僕の好みでもあります 笑

 

その豆その豆に、美味しいポイントがある

 

焙煎度合いは一般では8段階あるのですが、その中で自分がここだと思うベストを探すのですね。

深焙煎でその魅力を発揮するもの、中焙煎で魅力を発揮するものそれぞれです。

 

人間だってそうでしょ、かけっこでも長距離が得意な人、短距離が得意な人、それぞれです。
いいところを引き出すのが、焙煎職人の腕の見せ所なのですね。

 

その豆が持っている長所を、最大限引き出すことを考える、それがコーヒー焙煎という作業であり、技でもあるのですね。

 

美味しいって喜んでもらいたい、笑顔になってもらいたいですもんね、僕のコーヒーで。

そのためにいつもコーヒー豆の味わいのベストポイントを探している、ということなんですね。

 

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うのは、その美味しさである長所がそれぞれに違うから、そんなお話でした。

 

それでは、良い週末を!
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

家でコーヒーを楽しむとき、ミルクは何を使うべきか?

プロローグ 昨日、奥さんが用意したアイスコーヒーが美味しかったー。こんにちは 焙煎アーティスト島規

記事を読む

コーヒーの美味しさって何?

今日は土曜日で、明日は日曜日で母の日。 発送やギフトでてんてこ舞いの島です、どーもです。 ありが

記事を読む

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。   お客様から質問の

記事を読む

つき抜ける香り

昨日は、高槻店のご近所にあるカレー屋さん、ヴァスコダガマさんへカミさんとランチデートに。 本店はJR

記事を読む

誰かの必要な人になることを目指す

前号では、高槻店臨時休業しま-す!というご連絡をしました。 通販の発送もお休みになること、お伝えする

記事を読む

小さいお商売を営むものその姿勢

去年の秋ごろから糸井重里さんが毎日書くコラム「今日のダーリン」を読み、それを毎日音読しています。

記事を読む

no image

焙煎はアートだ!

焙煎はテクニックだけではなく 感性が命のアートだと思ってますつくり手の感情 経験 想い いろんなもの

記事を読む

敷居を下げず跨ぎやすいように考えてみる

本日は月曜日で僕自身のお休み。 午前中にバイクの修理のため、ヤマハのバイクショップYSP門真さんへ行

記事を読む

心技一体

確かこの言葉を見たのは、日本拳法で、だったお記憶してます。 日本拳法とは拳法で、大阪は吹田が発祥の地

記事を読む

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
気分よく帰ってもらえばいい

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て焙煎そして営業してお

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機

次のお休みには今年最後になるであろう、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です

さて今日は金曜日。 金曜日は僕が楽しみにしているYouTubeの配信が

何回もしつこいですが・・このコーヒーメーカーは非常にいい

通りを見ていると、男性も日傘を利用されている方が増えたように思います。

7月、8月の島珈琲は通常営業です!

昨日、今日は発送が沢山でした。 おかげ様です、感謝です。  

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑