*

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うの?

公開日: : 焙煎アーティスト ,

昨日は高槻店が終わった後バイクで、高槻・芥川町にあるセレクトショップ&カフェ「テマヒマ」さんへ、コーヒー豆の配達に行ってきました。

 

今年10月1日オープンされ、ランチは予約しないと食べられないことも多々あると。
すごい人気ですね。

 

とっても嬉しいです。
高槻の人気カフェになりますね、きっと。

 

テマヒマさんには、オリジナルブレンドを。
深煎り=深焙煎のブレンドで、とっても好評だとお聞きし、ほっとしております。

 

僕の焙煎したコーヒーが、お店のお手伝いができたたなら、ほんとうに嬉しいです。

 

 

 

 

ランチのご予約は11時半のスタートのみなら可能ということですので、予約して行った方が安心ですね!

人気のテマヒマさんの詳細はこちらからどうぞ。

 

https://www.temahimaselect.jp/

 

さて、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカフェ、もしくはレストランは総じて、深焙煎の方が多いです。
業務用卸では、中焙煎=中煎り よりも 深焙煎=深煎りの方がやや人気のようです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うの?

 

例えば島珈琲のコーヒー豆メニュー表を見てみると、中焙煎にはあるけども深焙煎にはない、またその逆のものもあります。

 

ブラジルは中焙煎、深焙煎ともにラインナップされていますが、タンザニアというコーヒーは中焙煎のみ。

マンデリンとグァテマラは深焙煎のみ、中焙煎にはラインナップされていません。

 

 

 

 

これはどういうことかというと、ブラジルは割とオールマイティの選手で、同じ銘柄の豆でも中焙煎でも深焙煎でも、どの焙煎度合いでも良い味わいをだしてくれます。

 

タンザニアというコーヒーは、これは僕の好みですが、深焙煎よりも中焙煎でその魅力を発揮できると考えてますので、深焙煎に出来ない事ないのですが、深焙煎ははずしております。

 

マンデリンはその逆で、中焙煎よりも深焙煎の方が魅力が上と僕は考えますので、深焙煎のみのラインナップ。

 

要はその銘柄に合わせて、魅力を一番引き出せるところを重視している、といいうことです。
そして僕の好みでもあります 笑

 

その豆その豆に、美味しいポイントがある

 

焙煎度合いは一般では8段階あるのですが、その中で自分がここだと思うベストを探すのですね。

深焙煎でその魅力を発揮するもの、中焙煎で魅力を発揮するものそれぞれです。

 

人間だってそうでしょ、かけっこでも長距離が得意な人、短距離が得意な人、それぞれです。
いいところを引き出すのが、焙煎職人の腕の見せ所なのですね。

 

その豆が持っている長所を、最大限引き出すことを考える、それがコーヒー焙煎という作業であり、技でもあるのですね。

 

美味しいって喜んでもらいたい、笑顔になってもらいたいですもんね、僕のコーヒーで。

そのためにいつもコーヒー豆の味わいのベストポイントを探している、ということなんですね。

 

コーヒー豆の銘柄によって、なぜ焙煎度合いが違うのは、その美味しさである長所がそれぞれに違うから、そんなお話でした。

 

それでは、良い週末を!
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。 年中さんで、今日から幼稚園がスタート。  

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメ

記事を読む

物事の効率を上げるには?

僕が高校卒業して就職したのは、中国料理店だったことはこのブログで何度となく書きました。 主にホール

記事を読む

フルーティなアイスコーヒーって何がフルーティなのか?

プロローグ 去年から販売し始めた島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー 「フルーティなアイスコー

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

人は結局 迷いながら生きている

くどいですが今月の15日 1ヶ月ぶりに休日を とれるとあって 目の前にゴールが見えると 疲労感と

記事を読む

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ 僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でし

記事を読む

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。 あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ぺーパードリップとフレンチプレス どっちがいいの?

昨日はお休みでした。 家族で娘が観たいという、プリキュアの映画を観に行

趣味を仕事に生かすには、を考えた (3093)

さて本日は、お休みです。 火曜日から土曜日までは高槻店。 高槻店は日曜

マンデリンをハンドドリップするとき、なんでフワッとしているのか(3092)

実は、って大したことないけどですね、コラムが好きなのです。 読むのが好

小さいお店のキャッシュレス化の未来について考えた

昨日はお休みを頂きありがとうございます。 とっても良い卒園式でした。

あなたは、あなたらしくいること

本日は高槻店臨時休業を頂きまして、娘の幼稚園の卒園式へ行ってまいりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑