*

コーヒーの焙煎っていう言葉は浸透してるのか

プロローグ

僕がコーヒーの焙煎に興味を持ち始めた頃は2000年代に入る少し前、1990年の中盤でした。
当時はコーヒーにおける「焙煎」という言葉は、一般的にはそれほど知られていなかった、そんな風に感じています。

 

スターバックスが日本に上陸し、そこからどちらかというとバリスタがスポットライトを浴び、エスプレッソとミルク、そしてカップに絵を描くデザインカプチーノ、こちらの方が人気がありコーヒーロースター、コーヒー焙煎屋さんですね、はどちらかというと裏方でした。

 

このことで若者のコーヒー離れを食い止め「コーヒー」に多く人に興味を持たせてくれたのも事実です。

 

時間は流れて、バリスタの次にスポットがあたったのは、エスプレッソに使う原料、コーヒー豆の質や焙煎技術になり、焙煎というのがどんどん知られていくようになりました。

 

缶コーヒーのCMなんかをずっと追って見ていたら、その移り変わりって分かり易いかもしれませんね。
うたい文句が粗挽きネルドリップなどと抽出から、~~ローストへと焙煎に変わっていきましたよね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_3705

 

 

焙煎=ロースト

コーヒーの豆、茶色の豆が木の実になっていてそれが輸入されている、と思っている人が多かったのは一昔前で、今では何らかのコーヒーのテレビCMなどで、コーヒーの赤い実を見ることが多くなったかと思います。

 

それがどんな過程を経て、あの芳香なコーヒー豆になるのかまではまだまだ知らない人は多いと思います。

 

コーヒーの赤い実の種を取り出し、サクランボの様な感じで果肉(コーヒーの果肉は薄い)の中に種があり、それを精製して、コーヒー生豆として世界の生産地から輸入されます。

 

それが倉庫に入り、そして各工場やお店に配送される、大きな流れがこんな感じです。

 

生豆を焙煎する

焙煎とは熱を使って、化学変化を起こして写真の様なコーヒー豆の原料(コーヒー生豆)をあのコーヒーブラウンの豆に変えることです。

 

 

そしてここまで書いたこの 後お店が忙しくなり、ブログを書くのが2時間中断しまして、何を思いながら書いていたのかが吹っ飛んでしまいました。

 

ええっと、焙煎が浸透しているかどうかですよね、実際には豆をローストするというところの認識は浸透していると思います。

 

ただコーヒーの焙煎がどんな行程を必要とし、どんな事が大事なのか、ということは当然知られるにはまだまだです。

 

イメージとしては銀杏とほぼ同じなんですね。
黒豆を煎るのもコーヒーの焙煎とイメージは近いです。

 

エピローグ

今日は途中からグダグダで駄作になってしまいました。

 

申し訳ない気持ちが沢山ですが、こんな日もある、だって人間だもの、と締めくくらせてもらいます。(笑)

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

ハニーフラッシュ!

 いくわよ ソーレ!ということで島珈琲といえばグァテマラ島珈琲といえばコスタリカこの二つの

記事を読む

コロンビアEXの「EX」って何?

テレビはあまり見ない方でしたが、娘が見てるので一緒になって見ています。 前までは鬼滅の刃とか約束のネ

記事を読む

コーヒー豆は見た目で銘柄がわかるのか

人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり 一度生を得て滅せぬ者のあるべきか 信長が桶狭間の

記事を読む

微妙なことで変化するコーヒーの味わい (4622)

月曜日は僕のお休みです。 天気だったら摂津峡の三好山に行こうと思っていたのですが、微妙なお天気なので

記事を読む

いつもの音

昨晩は月一回実施している、焙煎機のバーナー部分のメンテナンスをしました。 バーナー部分に溜まる、コー

記事を読む

1杯のコーヒーは3回の味わいを楽しむことができるのです

コーヒーの味わいが3回楽しめる? つまり、ブラックコーヒー、ミルクを入れて、最後に砂糖を入れるって

記事を読む

コーヒーマシンの調べ

昨日、島珈琲の会計をお願いしている税理事務所の社長さんに電話を。 2023年から導入される、インボイ

記事を読む

焙煎のグレードと味わい

焙煎のグレードとは、焙煎度合いです。   焙煎度合いとは、一般的に8段階の名前

記事を読む

初めて選ぶハンドドリップで使うドリッパーの選び方

プロローグ もうすぐ4歳になる娘と話していると、面白い。 昨晩、娘と話をしていると「空からはチョ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ということでミル掃除とバーナーメンテナンスできました (4974)

昨日の高槻は午後からひどい雨でした。   そのひどくなる前に

大雨の日はメンテナンスを (4973)

本日、高槻では朝から大雨警報が。   今日は家からお店までは

刷り込み (4972)

来週の月曜日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です。  

年齢、感じてます (4971)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に朝は7時くらいに到着しまし

出力を抑えて (4970)

基本的に焙煎はコーヒー豆の持っているポテンシャルをどれだけ引き出すか、

→もっと見る

PAGE TOP ↑