*

迷った時は一つに絞る

公開日: : coffee ,

初めておうちでコーヒーを淹れることをトライし、その後、知れば知るほどコーヒーって奥が深いなぁと思いますよね。

 

そうです。
コーヒー豆の種類や鮮度、それから挽き方やミルの性能、保存方法から抽出器具、いろんなところやいろんなコトで、味わいが変化していきます。

 

いったい何が正解か、不正解か。
インターネットがお茶の間に普及し、そして沢山の情報を簡単に入手することができるようになりました。

 

あのHPではこう書いているのに、こちらのHPでは違うことが書いてあったり。
どれがどうなのか、わかりにくいのがコーヒーの世界ですね。

 

僕自身もコーヒー好きが高じて、現在のようになりましたが、コーヒーを知っていく最初の頃は???と思うことが沢山でした。

 

それに対して、どんな考え方でいると良いのか。
今回はそんなことを書いていきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

コーヒー屋はお山の大将である

 

僕自身もそうです、お山の大将です。

 

お山の大将とは、狭い範囲で自分が一番だと得意になっている人、と説明されていますが、一人一人のコーヒー職人さんにはその自身のコーヒーの世界というのを持っており、別段得意になっているわけではなくて、独自のコーヒーの世界をそれぞれに持っている、という意味での僕の言うお山の大将なんですね。

 

ですから、僕の選んだコーヒー生豆を焙煎し、その焙煎したコーヒー豆をどうしたら美味しく飲めるか、これを追求した結論や、追求している現在の過程が、それぞれに説明していることになります。

 

なので、それぞれに言うことが違うのは当然になるのですが、それじゃわからない、ですよね。

 

ならばどうすると良いのか、どうすればコーヒーのことで、できるだけ悩まず美味しいコーヒーを淹れる知識を会得できるのか。

 

基礎ができるまでは、ひとつに絞る

 

これだけインターネットで情報があれば、ほんとうに迷うと思います。
僕がコーヒーマニアで駆けだした頃は、今と比べると情報はまだ少なく、本が頼りだったので迷う量は現在の方よりも少なかったかと思います。

 

ただ現在とは逆に、教えてもらえる所は極端に少なかったことも事実です。

 

基礎ができるまでは一つに絞る、というのはですね、いろんなところを見ていると迷うだけなので、最初に慣れるまでは例えばA社ならのA社だけの情報を取り入れ、他のコーヒーの情報を遮断するというわけではありませんが、技術的なことはそこの一つに絞ってやる、これが大事だと思います。

 

ドリップのやり方など慣れないうちから、様々なところからいいとこ取りしたとしても、バランスが悪くなる恐れがあるのですね。

それは自分の経験から言えることなんですね。

 

ですので、情報過多な現在だからこそ、情報を一旦ひとつに絞り、慣れるまではその人のやり方を徹底して真似る、これが上手くなる早道だと思います。

 

もちろんこれは技術的なことにおいて、です。

 

迷った時は一つに絞る。
これはコーヒーだけでなく、どんな物事にも言えることと思っております。

 

それでは、今回はこのへんで。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

究めるコーヒー道!コーヒーを淹れるお湯の温度は何℃が良いのか。

プロローグ 仕事も大事ですが、最近は娘と遊ぶ時間をどう捻出するか、が僕の大きな課題になっています。

記事を読む

なぜ ライオンなのか?

島珈琲のロゴマーク なぜライオンなのか? ライオン丸が好きだったとか ハワイのライオンコーヒーに影

記事を読む

薫るアイスコーヒーを作ろう!

プロローグ アイスコーヒーが薫るというと、「ん?」ってなりますよね。 コーヒーの香りはどちらかと

記事を読む

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。   豆と言っていますが、それは「コ

記事を読む

どう使う?ドリップした後のコーヒーの粉

プロローグ 日本ではドリップした後のコーヒーの粉の二次利用について、結構興味を持たれている方、知り

記事を読む

僕が好きなコーヒーの抽出方法はなんだと思います?

プロローグ だいたいブログのネタは、書くその日の前日お風呂を入りながら閃くことが多いのですが、友達

記事を読む

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ コーヒーにお砂糖を入れる。 ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね

記事を読む

味覚って 年齢や性別で違うんです

 このブログで何回も取り上げてきたんですが島珈琲を立ち上げて12年 お客様の嗜好を知ろうと

記事を読む

絵心

 時間を見つけては エスプレッソマシンと動作になれるために ラテを作っています ラテアート

記事を読む

コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言葉を使ってしまう僕です。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっ

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマ

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒー

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一

コーヒーは水でも変わる

さて、今週から高槻店の喫茶コーナーは、6席から現在4席に変更になりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑