*

あの芸能人のお好みのコーヒーを作るときの注意点

あの芸能人こと、アパレルメーカー社長 奥ノ谷 圭祐さん、ニックネームは短パン社長。
短パン社長が一声かけて販売すると、はっきり言って「ものすごい」のです。

 

フェイスブックやツイッターなどで、販売します!と一声かけると瞬く間にお洋服が売れます。
前回はアパレルメーカーの社長でありながら、ご自身が大好きなカレーをプロデュースし販売したところ、3200食を販売。(写真右 黄色の箱のカレーにサインして貰いました 笑)

 

img_4146

 

 

しかもレトルトカレーのこのパックが1つ1000円で、5つ入りが1セットを。
凄くないですか?アパレルメーカーの社長ですよ。
但しその結果は、常日頃から沢山のファンの方へ、フェイスブックやツイッターなどSNSを通じて心配りをしていているからこそなんです。

 

そんじょそこらではできないのです、だから結果もすごいのですね。

 

はい、そして次に企画されたのが「TANPAN COFFEE」。
大のコーヒー好きで知られる短パン社長が、プロデュースし販売するコーヒー。

 

その大役を島珈琲の僕 島規之が任命されました。

 

先日、僕が東京に行きまして短パン社長の好きなコーヒーのお店に連れていってもらい、味わいをチェックしてきました。

 

今回も一声かけるときっと、焙煎するコーヒー豆の量があくまでも予想ですが約300キロとハンパないオーダーがくると思われます。(たぶんもっとオーダーがあると予想されますが、僕の方に限界があるため、この量になると思います)

 

はっきり言って個人店ではありえない量のオーダーになると思いますが、短パン社長が僕を選んでくれたことの最大の感謝をこの「TANPAN COFFEE」で表現したいと思っております。

 

それで今回、今テスト焙煎や味わいのチェックなどし作っている「TANPAN COFFEE」を備忘録もこめて、作るための注意点を書いておきます。

 

今回、使用するコーヒー豆にエチオピアモカを使用します。
このモカにも2種類あって、精製法が違うことにより同じ地区のコーヒーでも大きく味わいが変わってきます。

 

ナチュラルと水洗式とあるのですが、短パン社長は水洗式の方の味わいがお好きでした。

 

今回、運良くたまたまエチオピアの農園に勤める日本人の方が、農園から直接豆を島珈琲に持ってきてくれたのですね。
日本に輸入されるエチオピアの豆はカンタンに言うと、各地区の農協に集ったコーヒー豆を「地区」の名称で販売しています。

 

ある農園だけに限定されたものは日本でほとんど流通していないと聞いています。
お米いうところの、誰それさんちで作ったお米、みたいに作った人、作った農園がわかるコーヒーです。
今回その貴重なモカを「TANPAN COFFEE」に使用します。

 

これだけでも相当な価値です、当然味わいも香りもベリーグッドで高い評価を受けています。

 

短パン社長の好みは、ずっと深焙煎の超苦味のあるタイプと思っていましたが、実はそうでなかったのですね。
非常に上品な味わいだけど深い、こんなコーヒーになるかなぁと思ってます。

 

まだいろいろあるんでのすが、あんまり書きすぎると全貌がわかってしまいますので、この辺で終わります。(笑)

 

連休明けにサンプルの一便が短パン社長に届くように段取りしております。
どんな感想を頂けるか、楽しみです。

 

一発OKかもしれませんし、修正が入るかもしれません。

 

こうしてあーでもない、こーでもない、とお好みのコーヒーを作らせて貰っていて実はすごく楽しんでいる僕がいることに気づきました、有り難いですね、感謝です。

 

さぁ、今日はテスト焙煎パート2をしたので、今からチェックに入りたいと思います。

 

やんぞー!やんぞー!短パン社長に喜んでもらうぞー!(写真はお好みのコーヒーのお店、UABARで)

 

img_4092

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

同じコーヒー豆でもコーヒーミルによって味が変わるという摩訶不思議

コーヒーの醍醐味の一つ、コーヒー豆を粉にする。   御家庭でコーヒーを淹れる場

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

疲れているときは変わるコーヒーの味わい

大阪北部に地震があり、6月20日から7月15日までお休みなしのぶっ通しでお仕事でした。 &nb

記事を読む

芦屋でカフェがオープンします!

先日の月曜日、友達がカフェをオープンするのでコーヒーの事などを教えて欲しいと言うことで、よっしゃーま

記事を読む

コーヒーシロップ無糖がショートしそうです!

さて、本日はマーケティングの師匠である藤村正宏先生のオリジナルブレンド、スコットブレンドの発送準備で

記事を読む

レギュラーコーヒーのレギュラーってどういう意味?

月曜日を一応ブログの定休日として設け、ほぼ毎日更新しております。 よくそんなネタがあるなぁ、と思わ

記事を読む

粉の量をいつもと同じで濃い味を作るドリップ方法

プロローグ 今日は1月2日、明日は1月3日日曜日ですが、岡町本店はお休みしまして高槻店を営業します

記事を読む

まずはコーヒー東京巡りから

ということで、昨日は高槻店ならびに発送業務の臨時休業を頂きまして、ありがとうございました。 今朝、4

記事を読む

僕を癒すのはあなた

  島珈琲オリジナルの コーヒーシロップの加糖 ものすごい勢いで売れてしまい 欠品してしま

記事を読む

ホットコーヒー用のコーヒー豆、アイスコーヒーに使うは邪道なの?

邪道とは、正しくないやり方、望ましくない方法、邪教、と調べると書いていました。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
「美味しい」と「楽しい」は直結している

昨晩は家族でたこ焼きパーティでした。 新調したたこ焼き器、キレイな球に

店頭で一番聞かれるコーヒーのこと

日曜日は岡町本店の営業日でした。 初めてのお客さんは、なぜ日曜日だけな

おうちコーヒーで、これはあって欲しい道具

朝6時に起床し高槻店へ行き、そして車に荷物を積んで岡町本店へ。 岡町本

完璧を目指さない

島珈琲には高槻店と岡町本店にそれぞれ焙煎機があり、2台所有しています。

職人さんの芸術的技術に触れる

本日も昨日に続き、店前の屋根の修繕工事をしています。雨が長く降ると、壁

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑