*

スコットブレンド ザ ドリップバッグ準備ができました!

準備を進めていた、マーケティングの師匠 藤村正宏先生公認のブレンド、スコットブレンドのドリップバッグ、ブレンドしたコーヒー豆を工場へ出荷し、個包装となって還ってきました。

 

img_4165

 

img_4155

 

今年1月からスタートした、スコットブレンド。

 

スコットブレンドそして続くTANPANCOFFEEと有名人のコーヒーを作らせて頂き、身に余る光栄です。

 

先日、マーケティングの師匠 藤村正宏先生が島珈琲高槻店に来られた時に、スコットブレンドのドリップバッグがあったらいいよなぁ、と言われたので、それなら!と思い、企画していたドリップバッグ。(写真は師匠とハッピーとゆかりん そして奥様の高槻店で記念ショット!)

 

 

IMG_2249

 

作るタイミングの着地点がなかなか見つからず、というのも今年は気候が安定してないですよね、やっぱりホットコーヒーの美味しい時季からスタートさせたかったので、そんな事からちょっと間延びしておりました。

 

おりしも今月19日 師匠のセミナーがちょうどあります。
そのセミナーに出席しますので、師匠にお渡しして師匠が1番に飲んでもらってからスタートしますね。

 

師匠のために作ったコーヒーですからね、やっぱり1番始めに飲んで貰いたいのです。

 

今回のスコットブレンド・ザ・ドリップバッグ。

 

img_4167

 

しおりはあの「つむご」さんにデザインしてもらいました。
ええ感じにできてるわー、流石やわー!
つむごさんのブログはこちらから。

 

http://tmr265.com/
エクスマシールは、ゲンさんこと、堺にある「もじ工房 みくにのはんこ屋」さんで
ホームページはこちら

 

http://mojikobo.net/
それぞれお友達に協力してもらいました!
ゲン、つむご、ありがとう。

 

師匠の好きなマンデリンとブラジルをブレンドしたスコットブレンド。
実は今回、ちょっとしたミスがあって、この味わいはこのロットのみとなります。
1ロット1000個なんで、1000個だけの味わい。

 

今回、個包装をしてもらうのに初めての会社さんにお願いしました。
スコットブレンドの味わい、師匠の好きな味わいを忠実に再現しようとして粉を結構細くしたんです。

 

それがですね、先方さんの機械には少し粉が細かすぎて、ラインですぐ根詰まりしてしまい機械をすぐストップさせてしまうようなんです。
次回からはもうちょっと粗めにすることになりました。
ご迷惑をかけてしまったんです、ごめんなさい。

 

今回は工場のスタッフさんが根詰まりしながらも、親切に全部きちんと作ってくれました。
そういうこともあって、次回から少し味わいが変わります。

 

スコットブレンドはどちらかというと、ニューオールド、ニュークラシックな味わいと呼ぶべきでしょうか。

昔ながらコーヒーの味わいを、新しい今の高品質コーヒーの原料で作った味わいです。
だからニューウェーブコーヒー(サードウェーブとか呼ばれているもの)とはちょっと違うかな。

 

ニューウェーブコーヒーが「コーヒーとファッション」なら、スコットブレンドは「コーヒーと文化」「コーヒーと芸術」みたいに文化を漂わすような味わいですね。

 

パック詰めでは窒素注入もされていて、香りもバッチリ。

今、大阪製罐さん(写真 中央の背の高い方が社長の清水さん、右が元プロボクサーの長島さん、左がデザインの中川さん)で現在、作ってもらっている島珈琲カンでギフトも作りたいと思ってます。

 

面白いブログです!清水社長のブログ
http://www.okashinomikata.com/blog/

 

IMG_3412

 

 

img_4168

 

 

スコットブレンド・ザ・ドリップバッグ もう暫くだけお待ちくださいね。
師匠、喜んでくれるかなぁ、楽しみです!

 

それでは、お楽しみに!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島珈琲のコーヒー豆のラインナップ、どう考えて揃えたの?

季節の変わり目に差しかかかると、味覚のブレが生じて、焙煎度合いが微妙にずれたりするので気をつけないと

記事を読む

梅雨時期が近づいてきた!湿気に弱いペーパーの保存方法はこちら

リライトになります、「改めて書き直し」っていう意味ですね。 ペーパードリップする時に使うペーパー。

記事を読む

コーヒー生豆にもそれぞれ背景がある

本日、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店へ来て営業しております。 この週の営業はバタバ

記事を読む

苦みが少なくてコクがあるコーヒーは?

餃子は大好きなんですが、いかんせん接客業ですのでやっぱり「ニンニク」は気になります。 ですので、これ

記事を読む

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

no image

自分で言うのはなんですが・・・

最近 格段に島珈琲高槻店のエスプレッソが美味しくなったと思っているダラコルテというイタリアのメーカー

記事を読む

続 ナイス!島珈琲!

 ということで 続編です 続編の今日は ナイス!島珈琲!の一員である メリタ社コーヒーメー

記事を読む

奥が深い

 どんなことでもそれ自体は単純な作業だが  突き詰めれば奥が深く ひとつひとつに深い意味あ

記事を読む

コーヒー器具は銅製が良いの?

次の休みはもう3月になるんだなぁなんて思ったり。 次の休みはこの週末が終わった月曜日。  

記事を読む

産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景が一面に、というようなことを書

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎機のメンテンナスを怠るとどうなる?

昨日はお休みでしたが、午後からは高槻店の焙煎機のメンテンナスを行いまし

経験には無駄はない

本日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 岡

コーヒーの楽しみの一つに

本日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町にある岡町本店に来まして、先

やけくそになったらあかん 丁寧に生きよ

今朝は焙煎を早い目に終わらせて、月イチのお詣りに行ってきました。 高槻

エスプレッソマシンの豆はアイスコーヒー用です

詳しいところまでわかりません、というのが前提でお客さんに聞いたお話です

→もっと見る

PAGE TOP ↑