*

なめらかにしてくれる存在

公開日: : coffee

昨日はお休みでした。
午前はカミさんと献血ルームに行って400cc献血をしてきました。

 

その後バイクで二人乗りして高槻のイオンまで移動して、買い物とフードコートでランチデートを。
午後は学校から帰ってきた娘と、おうちに遊びに来た娘の友達との様子を見ながらほのぼのとしておりました。

 

娘が楽しそうに嬉しそうに、そしてまた友達も同じ様にしている様子がなんだか嬉しくさせてくれました。
良い休日を過ごせました。

 

今週はオリジナルブレンドの焙煎がたくさんです。
休みの日にきっちり充電しましたので、ガンガン愛情込めて焙煎します。

 

さて今回は、なめらかにする銘柄ブラジルコーヒーのことについてです。

 

 

ブレンドでの使いやすさナンバーワン

 

島珈琲では中焙煎、深焙煎ともにブレンドでよく使われている銘柄、それがブラジルです。
ブラジルは、ミナスジェライス州セラード地区にあるアグアリンパ農園のレッドカツアイという品種を、島珈琲では使用しています。

 

味わいは昔ながらのブラジルの味わい、クラシックな味わいといいましょうか、ブラジルらしい味わいのブラジルです。(?笑)
中焙煎でも深焙煎でも、ブレンドで使いやすく飲み口をなめらかにそして優しくしてくれるのがこのブラジルの特徴で、エスプレッソやアイスコーヒーのブレンドでも重宝しています。

 

エスプレッソやアイスコーヒーのブレンドでは飲み口の最初には口あたりにガツンとはくるのですが、でもその後優しい味わいがフワッと口の中に広がりまして、そしてブレンドしている他の銘柄がそこに表現されるのですが、見事に他の銘柄を中和させてくれる役割がブラジルにはあるんですね。

 

相性がいい

 

割とどの銘柄でも相性がいいですね。
上手く中和してくれるのがブラジルで、どのメーカーさんもブレンドにはブラジルは欠かせないアイテムになっていることが多いです。

 

例えば中焙煎のブレンド、ブレンド花にはブラジル・コロンビア・タンザニアの3種がブレンドされていて、ブラジルをベースにしているんのですが、そのブラジルのおかげでコロンビアやタンザニアの味わいが生かされており、僕の表現したい味わいができています。

 

ブレンド花のベースはブラジル以外には考えられないくらいです。

 

深焙煎にしても中焙煎にしてもブレンドで使う場合は、他の銘柄とすごく協調してくれるのですごく使いやすいのがブラジルなのです。
もちろんブラジルの単品は単品で、個性もしっかり持ってますので、まさにオールマイティなコーヒーなのです。

 

この10月の月替わりの季節のブレンドには、深焙煎のブラジルを使用してますので、よろしければブラジルの協調力をお楽しみ頂ければと思います。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの水割りは邪道か

POSレジシステムのエアレジのセットアップが完了してしまいました。 ほんとうは徐々に慣れて、もう少し

記事を読む

コーヒー豆を冷凍保存にするときに注意すること

前号では東京での短パンコーヒーツアーのブログを書きました。   ほんとにね、や

記事を読む

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー豆を混ぜ合わせているコーヒーで

記事を読む

島珈琲 という ブランド

作り上げられたものにのっかるのではなく ブランドは自分で 自ら作りだすモノである ということで 12

記事を読む

理由は後付でもいい まずはやってみること

またちょっとコーヒー教室でのお話したことを詳しく書きますね。   コーヒーのペ

記事を読む

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオ

記事を読む

好きな豆を選べない方へのアドバイス

プロローグ コーヒー豆って、どうやって好みを見つければいいか、わかりにくいですよね。 聞きやすい

記事を読む

コーヒー焙煎の技術を語る前に、まず焙煎機のメンテナンスを

昨晩は岡町本店の営業終了後、岡町本店の焙煎機のメンテナンスを。 昨日は朝6時過ぎから焙煎をスタートさ

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

焙煎アーティストがオススメするコーヒーメーカーとは?

「オススメのコーヒーメーカーはどれですか?」とよくお客様に聞かれますので 僕がオススメするコーヒーメ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑