*

あの芸能人のTANPAN COFFEE の品質はほんまにすごいぞ!

公開日: : 最終更新日:2016/11/06 coffee ,

img_2993

 

 

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんから、「TANPAN COFFEE 作らない?」とメッセンジャーでご連絡を頂いてから、ことは始まりました。

 

短パンコーヒーツアーで、短パン社長の好きなコーヒーのお店を巡り好みを知り、そしてサンプルを作り飲んで頂き、決定に至ったわけですが、今回はこのTANPAN COFFEEのスペックを紹介したいと思います。

 

それまで経過はこちらのブログからどうぞ。
短パンコーヒーツアーの様子。
http://blog1.shima-coffee.com/?p=15124

 

サンプルテストをして頂き決定にいたるまで。
http://blog1.shima-coffee.com/?p=15242

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

TANPAN COFFEEはすごい原料で作られている

まずコーヒー豆にランクがあること自体をご存じない方のために、こちらをご覧下さい。

 

img_4604

 

 

コーヒー豆の全生産量のうち高品質コーヒー(スペシャリティコーヒーとも呼ばれています)は、このピラミッドの一番上(すごいコーヒー豆のところです)にあるように、全体の一部で世界的に少量の生産になっています。

 

しかも現在世界的な高品質コーヒーのブームで、取り合いのような状況になっております。
ですので、良いものが手に入りにくい状況です。

 

このピラミッドの上にあるコーヒー豆はどう、何が違うのか。

 

ワインでもソムリエがそのワインをテストし、そして良いものであれば高い価値を示しますよね、それと一緒です。
コーヒーにも同じ様なものがあり、甘みや風味が際立っているものには高価な価値がつけられます。
それが高品質コーヒーです。

 

TANPAN COFFEEはそのなかでも「超」がつくコーヒーで作りました。

 

短パン社長 奥ノ谷圭祐さんの好みでまとめたスーパーコーヒー

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのお好みは、ずばりエチオピアモカ。
モカの香りがお好きなんですね。

 

そして味わいは中米系のさっぱり系の味わいです。
そこにコクと爽やかな苦味をつける、このバランスを探しました。

 

そしてサンプルテストに合格したコーヒー豆はこの子たちのブレンドでした。

グァテマラ、エチオピアモカ、コスタリカ、この3つのコーヒー豆をブレンドし完成しました。

 

まずはグァテマラ、グァテマラの品評会で評価される常連さんの農園からチョイス。
日本でいう日本酒の全国大会の金賞とか、そういうコーヒーのグランプリがあるのですね。

 

グァテマラは世界で認められている優れたコーヒーの生産地です。
その中でも特に優秀な地区から選ばれた「レゼルバ(特級)」のコーヒー豆を使用しました。

 

エチオピアモカ モカはモカでも短パン社長 奥ノ谷圭祐さんは綺麗な味わいのモカがお好みです。

 

このエチオピアモカは、エチオピアからわざわざ島珈琲に売り込みに来た農園から直送されたものを使用。
エチオピアは小農家が多く、いわゆる地区の農協に集まり出荷されるのですが、このモカは単一農園でしっかりと管理された栽培のもとで育った美味しいコーヒー豆です。

 

日本でもまだまだ流通してない、混ざりけのない特に上質なモカコーヒーです。
独特の風味と香りを醸し出してくれます。

 

そして最後、コスタリカコーヒー。
こちらもコスタリカコーヒーの中で特にポテンシャルの高い農園からのコーヒー豆をチョイスしました。
これを少し配合することで、TANPAN COFFEEの味わいの全体のボリューム感があがり、さらに深い味わいにできました。

 

このコスタリカコーヒーをいれる事で合格に辿り着いた、決めの一手のコーヒーです。

 

こんな豪華なコーヒー豆でサンプルを作らせてもらったことは、ほんとにコーヒー屋としては限りなく幸せなことなのです。

 

感謝ですね。

 

こちらのTANPAN COFFEEは短パン社長 奥ノ谷 圭祐さんSNSの発信で12月頃販売される予定です。
どんなことになるのか想像が付きませんが、僕はこのTANPAN COFFEEを手にする方に笑顔になってもらうために、しっかりと愛情込めて焙煎をしますね!

 

また、ドキドキしてきた(笑)

 

以上、TANPAN COFFEEのスペックでしたーお楽しみに!

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か

プロローグ ペーパードリップの種類、そして器具やメーカー、その違いは何か?色々あってよく分かりませ

記事を読む

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。   ものがたくさんあること

記事を読む

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを取ると娘へとすぐにバトンタッチ

記事を読む

ペーパードリップの「蒸らし」が上手く出来ない!そんな貴方に贈るちょっとしたコツ

プロローグ 奥様に「コーヒーでなんか疑問に思う事ない~?」と、何気なくブログネタが欲しくて聞いてみ

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。   今回この相性は

記事を読む

溶けた氷の水で薄まらないアイスコーヒーを作るのは、どうしたらよいか?

さて、大阪は暑く、夏の入り口にさしかかったそんな気候が続いています。 朝晩は比較的過ごしやすい気温

記事を読む

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。 あ

記事を読む

「美味しい」と感じるメカニズムを考える

「美味しい」を作る側の人間ですので、「美味しい」を感じる力を鍛え続けることが大事です。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑