*

あの芸能人のTANPAN COFFEE ができるまで

公開日: : coffee

例えば誰かのお好みコーヒーを作るときもこのような流れなので、オリジナルコーヒーはどんな流れでできるのか、を今回のブログで楽しんでくださいね。

 

さて、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのオリジナルコーヒー TANPAN COFFEE の販売にあたってお好みの味わいを再現するために、サンプルテストを何度も行ってもらいました。

 

作る方も大変かもしれませんが、テストする方もほんとに大変なんですね。
サンプルテストのコーヒーの数、その数10個、短パン社長とスタッフの皆さん ほんとうにありがとうございます。

 

10個の感想を動画で頂き、微妙なお好みの味わいの違いを修正していくこの作業でした。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

サンプルのために焙煎したのは10キロものコーヒー豆

焙煎機には上限と下限があります。
なんのことかというと、焙煎するキロの上と下ですね。

 

一度に出来る上限は4キロ、下限は1.5キロ。
その限度の数字をオーバーしたり、下回ると微妙に味わいが狂ってきます。

 

ですので、最低は1.5キロの焙煎からとなります。
1つ200グラムのサンプルを作るのに、1.5キロの焙煎が必要となるということなんですね。

 

もちろん挽き方やそこにちょっとブレンドしてみたりといろいろしましたので、200グラムの時もあればもう一つ別のタイプを作ることもありました。

 

7回の焙煎で手に渡ったのはそのうち4回だった

このうちの3つは僕がテストした段階で「違う」と判断しました。
焙煎って焙煎している途中で味わいがわからないのですね。

 

まずはイメージして、焙煎して、そしてコーヒーを淹れてみないとわからないのです。
つまり豆を見て、液体を想像しないといけないのですね。

 

ですから、イメージでこうだ!と思っていても、出来上がりが自分の思ったものと違う場合も多々あります。
それが7回したうちの3つのテストサンプルの焙煎でした。

 

1.5キロが7回、計10.5キロのコーヒー豆をサンプルテストで合格するまでに必要としました。
これだけでも非常に価値がありますよね、って自分でいうたらあかんか(笑)

 

サンプル番号7番を渡した時、僕の本心はこのあともう打つ手がないなぁとほぼ背水の陣でした。

 

その前に動画で、もうちょっと苦味が欲しいのだけどなぁと、あの芸能人からのコメントがあり、その苦味とコクのアクセントをつけるために、加えるブレンドの配合を10%にするか、15%するか、一晩悩みました。

 

ツーアウト満塁、スリーボール、ツーストライク、一打逆転のピンチ。
さぁ次のボールは何で決めるのか?

 

野球で例えたら、このシーンのピッチャーの立場でした。

 

そしてこちらの動画をどうぞ。

 

 


 


はぁ、よかった。
安堵しました。

 

高品質のコーヒー豆なので、数量が少ないのでキープもオッケー、あとは販売までに準備ですね。
こんな感じでサンプルは合格しました。

 

次号は、このTANPAN COFFEEの素材の価値をお伝えしますね。
お楽しみに!

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今後コーヒー豆の価格はどうなるの?

今後コーヒー豆の価格はどうなるのか、とまぁ僕も聞きたいところですが、今僕が知っていることを今回は綴っ

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

コーヒー豆は保存食品じゃない!だから保存法が大事なんです!

プロローグ 定期的にリライト、書き直しですね、している記事です。 というのもコーヒー豆は保存食品

記事を読む

コーヒー豆は焙煎すると2倍の大きさになる、なんで?のお話

コーヒー生豆を焙煎すると、だいたい2倍くらいの大きさになります。 詳しく測ったことがないので、2倍

記事を読む

いつも同じですか?

有名なコラムを書いている人が、コラムを読んでもらうために、面白くするために、こうすると良いということ

記事を読む

コーヒーの可能性 2型糖尿病を予防する!?

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   秋が深くなってくると 更にコーヒ

記事を読む

フレッシュな香り マンデリンが新豆に変わります!

かれこれたぶん10年以上、ブログを書いています。 今のようにほぼ毎日ではなかった時もあったのですが

記事を読む

絵心

 ないなぁ~ と 昔から思っていました 学生のころ 美術の時間が大嫌いだった 人生とは後悔

記事を読む

no image

お手軽に♪

 http://shima-coffee.com/quick_coffee.html 皆様

記事を読む

絵心

 時間を見つけては エスプレッソマシンと動作になれるために ラテを作っています ラテアート

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑