*

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ

ブログのタイトルは大事だ。
見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いはず)

特に参考にしているのはスポーツ新聞の見出し。すごい勉強になるし、少しひねってポップに使えそうなものも沢山ある。あとはグノシーとかニュースのズラッと並んだ見出しを見て、「おっ」と思うもの。
そんなのを参考にしています。

 

ブログの内容は決めてあるのに、タイトルを決めるのに時間をかけてしまいました、って関係ない話すみません。

ということで、前置きが長くなりました

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

濃い味 薄い味の基本的なこと

濃い味の好み方、薄味の好み方それぞれだと思います。
まずコーヒーの味の調節ができる、基本的なところをご説明します。

 

コーヒー豆を粉にするとき、細かくすると味は濃くなります。粗いめに挽くと味は薄くなります。
1杯10グラムをコーヒーミルで細かくすると 同じコーヒー豆でも濃くなり、粗くすると薄くなります。
まず、粉の挽き目で濃い薄いを調節することができます。

 

粉で買う方は。
あらかじめお店の決めた挽き方で購入することになりますので、挽き方で味の濃い薄いは調節できません。
ですから、粉の量で調節します。1杯10グラムが基本だとして、ちょっと濃いのが欲しいなら14グラムに。
薄めがいいなら8グラムに、そうした調整をしてください。

 

一長一短ありますが、経済的なことを考えれば粉の挽き方で濃い薄いを調整するのがいいかなぁと思います。
迷わなくて安定した味をつくるのに向いているのは、粉の量を調節する方だと思います。

 

ハンドドリップのやり方で濃い味・薄味ができる方法とは

その次に濃い味、薄い味をコントロールできること、これはハンドドリップに限られる方法ですが、注ぐお湯のスピードで味に変化をつけられるということです。

この方法はつまり、ドリップするお湯の線を細くしゆっくり回転(「の」の字を書くように注ぐ)させ、時間をかけていれるとコーヒーは濃い目の味になります。

 

それに対し手早くささっと時間をかけずにお湯を注ぎ(お湯の線も太めで)、ドリップを完了させると、コーヒーは薄めにできます。

 

更に高等テクニックになりますが、お湯を点滴になるようにし、ゆっくりしてドリップすると濃い目のトロンとした味わいのコーヒーができます。(但し、できたコーヒーはぬるくなっていることがあります)

 

但し濃い薄いといっても、深焙煎の苦味のコーヒーがドリップの早さで、中焙煎のさわやかな味わいになる、というそんな変化ではありません。同じ条件において、ドリップの速さの比較においての味の違いです。

IMG_4141

 

エピローグ

アイスコーヒーを作るときなどは、少し時間をかけるようにゆっくりするのがオススメです。できたコーヒーを冷ますので、少々ドリップに時間がかかってぬるくなっても問題ありませんからね。
ちなみに僕が一杯分のコーヒー(約140ml)をドリップするのかかる時間は、蒸らしも含め約2分で完了します。

 

今日はドリップのスピードで味の濃い薄いが調節できるというお話、お客様から頂いた質問を参考にし記事にしました。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今月の季節のブレンドは「初春」味わい中焙煎/マイルドです

だいたい1月は12月の繁忙期の反動で、お客さんの流れは緩やかになるのですが、感謝感謝です、4日からス

記事を読む

それ大事!コーヒー屋のミルクが美味しい理由はなぜ?

プロローグ コーヒー屋はコーヒーだけに力を入れている訳ではなく、そのまつわるものにも当然力をいれて

記事を読む

焙煎度合いによって少し挽目を調節しています

毎週金曜日はカミさんお休みで、高槻店は僕のワンオペとなっています。 今日は娘の小学校が代休でお休み、

記事を読む

コーヒー豆にはフラットビーンとピーベリーという種類があるんです

プロローグ コーヒー豆というのは、コーヒーの実の種でして、似ているもので例えるとサクランボのタネの

記事を読む

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせいというのは定かで、身体がだるい

記事を読む

「癒し」と「集中力」コーヒーの香りのち・か・ら

朝晩がだいぶと寒くなってきましたね 僕は自宅から高槻店まで いつも自転車で通っているのですが もう

記事を読む

深煎りの方が豆は大きい

通販のセットは僕がしています。 伝票はだいたいカミさんが手書きで書いて、その後の発送の支度は僕が。

記事を読む

エスプレッソマシンは11年 (4654)

高槻店はこの11月で、開店11周年を迎えます。 ちなみに僕は来月で、48歳になります。  

記事を読む

ドリップポットは軽いタイプが良い

今晩から数日にかけて、高槻店の焙煎機内部の掃除をします。 メンテナンスですね。  

記事を読む

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザインをお願いしてます。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
休日の朝は、そばっこブレンド (4889)

月曜日です。   月曜日のルーティンは、朝、娘と一緒に起きて

マルハラ (4888)

本日3月3日(日)は、2週間ぶりの岡町本店の営業で、ここ岡町本店にてこ

コロンビアのサンプルが届きました (4887)

3月初めの土日。   土曜日、高槻店の一週間の締めの日。 &

3月4月は臨時休業はありません! (4886)

月初めというのもあってか、業務用卸のご注文が多数ありまして、そしてお店

お店のオリジナルブレンド作ってます (4885)

先日、娘にiPadをカミさんと僕からプレゼントしました。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑