*

同じブラジルコーヒーの豆でもお店によって違うのはなぜ?

このお話は、お店でするとよくへぇーと言われるので、ブログにも書きますね。
ブラジルコーヒー、と言えばどんなコーヒーですか?

 

と聞かれると非常に答えにくいですよね。
何を持ってブラジルコーヒーか、表現しにくいですよね。

 

コーヒーに難解なイメージがあるのは、違いが分かりにくい、もしくは表現しにくい、というところから来ていると思っています。

 

ですので、お店によってブラジルコーヒーも同じじゃない、と言われてもイマイチぴんと来ないですよね。
そこのところをわかりやすく説明していきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

コーヒーはお米と似ている

これは僕が感じていることですが、お米の違いも結構難しいですよね。

 

甘いとか弾力性がある、とか冷めてもシャッキとしてるなぁーとか、粘りがあるねとか、はわかりますが、コシヒカリとひとめぼれの違いとか、ササニシキと秋田こまちの違いとか、ちょっと知識を入れないとその違いは説明できないですよね。

 

そして味わいの違いも。

 

コーヒーもこれに似ていて、ブラジルでも産地が沢山あり、産地によって当然味わいも違い、品種によっても違ったり、様々です。

 

そして僕のような個人店では焙煎する人の好みによって焙煎されるので、ブラジルコーヒーにおいて、ある人は深焙煎=深煎りがベストだと思っていたり、ある人は中焙煎=中煎りがベストだ、いやいや両方で味わいの力を出しますよ、と言う人もいたり、ほんとうに様々です。

 

お客さんによく言うのは、特に個人店のコーヒー屋さんは僕も含めてお山の大将ですよーって。
それぞれに自分の理屈や理論があるので、言うことが違うこと多々あります。

 

ですので「言うこともお店によって違う」と思っていた方が、何事にも迷わないかと思います。

 

例えばチャーハン

チャーハンは同じでも、中華料理店によって味わいは違いますよね。
ラーメン屋のチャーハン、本格中華料理店のチャーハン、微妙に違いますよね。

 

それはなぜか、料理人に考えがあってその味付けになっているわけで、チャーハン単体で食べるのをイメージして美味しくしているのか、「何かとセットにしたときのチャーハン」の味付けを考えているのか、それは様々ですよね。

 

このチャーハンの例えと同じく、コーヒー焙煎も一種の料理であって、焙煎している人はある意味でコックさんと思って頂ければ、お店によってブラジルの味わいが違うのが納得できるかと思います。

 

同じブラジルでも使うコーヒー豆が違う、焙煎度合いが違う、料理する人(焙煎する人)が違う、そして焙煎機が違う。

 

焙煎機が違うのも、当然味わいの違いになってきます。

例えばお肉をフライパンで焼くのか、炭火の網焼にするのか、違いますよね。
似た様なことがコーヒーの焙煎機にもあり、そして違いがあるのですね。

 

なんか奥深いですよね。

 

いろんな違いがあるからこそ、お店の個性になっているのですね。
言葉にするとなんとなく分かってもらえたかと思いますが、実際 味わいの違いは・・・分かりにくいと思います。

 

ブラジルコーヒーだけで見ると難解かもしれませんが、そのお店の味わいが自分にとって美味しいと思うか、感覚的に合うか否か、全体を見る方がいいと思います。

 

わかりにくいですが、違いがあるからこそ面白い、そうしてコーヒーを楽しんでもらえると嬉しいです。

同じブラジルコーヒーの豆でもお店によって違うのはなぜ?のお話でした。

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

毎日注油

このゴールデンウイーク期間中はとってもお客さんが多く、沢山のコーヒー豆を焙煎させてもらっています。

記事を読む

産地によって違う味わいをどう表現するか

来週の3月5日月曜日、高槻市五領公民館でコーヒー教室を開催します。   その中

記事を読む

島珈琲の一番人気の銘柄は?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店にて店頭に立ちコーヒー豆の焙煎、そして販売をしております。

記事を読む

記憶に残る味

お客様がわざわざ「どうしても飲みたくなって・・・」 と車で1時間ちょいの時間をかけて 高槻店に来てく

記事を読む

僕、島規之が一番好きなコーヒーの淹れる器具はどれ?

最近、娘との楽しみは寝る前にYouTubeを見ることです。 娘はニンテンドースイッチのスーパーマリオ

記事を読む

コーヒーは主役か脇役か どっち?

まぁ正直、どっちでもいい話ですよね。 コーヒーは主役か脇役か、どっちにしても楽しめることができたら

記事を読む

エスプレッソマシンの豆はアイスコーヒー用です

詳しいところまでわかりません、というのが前提でお客さんに聞いたお話ですが、そのお客さんはアメリカから

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

ブラジル サンベネジット

 ブラジルの豆に新顔さんが登場です レディースエーンジェントルメーン ウェルカム フローム

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
島珈琲のコーヒーが飲めるお店、増えるかも?(4724)

本日9月21日(木)はカミさん体調不良でお休み、僕のワンオペでの高槻店

目指すのは雑味のないコーヒー (4723)

島珈琲高槻店の1日は、というと早朝より焙煎からスタート。 早い時は6時

心は成長し続ける (4722)

昨日は月曜日でお休みでしたが、娘の体調がよろしくなく1日のほほーんと過

良い流れを自分からつくる (4721)

本日9月18日は祝日の月曜日ですが、岡町本店も高槻店も定休日でお休みで

岡町本店は小さなお店です(4720)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店にて本日は営業に

→もっと見る

PAGE TOP ↑