*

いつか日本でコーヒー豆が栽培できるようになる日がくる?

昨晩は久々に、ゆっくりと読書に時間を取ることができました。
ブログを書くためにはインプットも当然必要で、言葉の表現力は本から教えてもらっております。

 

昨晩読んだのは「きけ わだつみのこえ」
この本の最後、木村久夫さんの文はほんとうに何度も何度も繰り返し読んでいます。

 

終戦記念日が近づく夏になると、読んでおこうと思う文章で、過去にこうしたことがあったのか、というのを重くそして鋭く心を突いてきます。

 

読んだことのない方はお読み頂ければ、何か感じるモノがあるはずだと思います。

 

本は行ったことのない場所に連れて行ってくれたり、知らない時代に手を引っ張ってくれたり。
人生は有限、体験できることは限られているので、本を読み頭の中で疑似体験をすれば、世界が広がりますよね。

 

少しでも自分の視野を広げ、考え方などに柔軟性を持たせるように、本からいろいろと知ることができれば有意義な人生になりますね。

 

そんなことを思いながら、昨晩は本を読みふけっておりました。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

日本でコーヒーの木の栽培はできるのか

 

お店に立っていてわりと多くもらう質問です。
栽培できるかというと(商業で)、答えはイエスで、実際沖縄では栽培されていると聞いております。

 

ただ大量に流通できる程の量(例えば全国チェーン店展開している会社に供給できるほどのものすごい量)ではないかと思っております。

 

長崎にもハウス栽培でされている会社もあったはずです。

 

栽培だけでお話をすると、栽培できるのでイエスになりますが、商業ベースで流通するほどの量が収穫できるのか、というと日本ではそれは難が有ると言えます。

 

コーヒーにはいろんな種がありますが、僕たちが美味しいと口にしているのはアラビカ種という種が多く、このアラビカ種の栽培はある程度標高があるところでないと、育ちません。

 

朝晩、日中との寒暖差が大きくあり、日中の気温24℃を超えない場所が栽培において、良しされています。

 

なぜ気温が24℃を超えてはいけないのか、というとそれ以上になるとコーヒーの木の葉が、光合成をしないからなんですね。

 

朝晩と日中の温度差、寒暖差がなぜ必要かというと、それがコーヒーの甘さや味わいを深めるから。

 

あとは雨期と乾季が必要で、この条件が揃ってしかも広大な栽培地がないと、商業ベースで見た時に、採算ベースには合わなくなるわけです。

 

もしかりに日本で栽培できる場所があったとしても、日本での地代やガソリンなどのエネルギー、そして人件費などのことを考えると、今、普通に飲んでいるコーヒーの価格をつけることは、とうてい無理な話となるのではないでしょうか。

 

今後もそう?

 

こればっかりは僕にはわかりませんが、ただバイオテクノロジーがものすごいスピードで発達、発展しているわけで、野菜が工場で栽培されているように、コーヒーもそんな時代が来ないとは言い切れないと思ってます。

 

コーヒーもまたそうした技術の進化を受け入れて栽培されるようになれば、もしかしたらメイドインジャパンのコーヒー豆がどんどん流通するようになるかもしれない。

 

「ない」とは言い切れない世界になっている、と僕は思っています。

 

コーヒーには大きく三つの種があり、その三大種から枝分かれして更に品種がいろいろあります。

 

在来種もあれば、耐病性を備えた交配種などなど。

 

テクノロジーが発達し、近未来の世界のように工場でコーヒーの木が栽培がされたら、どんな品種が作られるのだろうか、などと想像すると興味深いです。

 

コーヒー栽培がどうなっていくのか。
生産者もそれを仕入れて販売する人も、そしてそれを飲む人も、みんなハッピーの構図であればいいなぁ、と思って、毎日愛情込めて焙煎しております。

 

以上、いつか日本でコーヒー豆が栽培できるようになる日がくる?のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです。 毎晩、晩ご飯の後、奥さん

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

次の1年も素晴らしいスマトラ・マンデリンを確保しました!

ニュークロップが続々入港しているようです。   ニュークロップとはコーヒー豆の

記事を読む

ひとこと あるかないか で 人は変わる

ブログを移転して2回目 スマートフォンでは見やすくなったと思います スマートフォンとパソコンの画

記事を読む

ドリップのやり方で味を濃くしたり、薄くしたりする方法があるらしい!

プロローグ ブログのタイトルは大事だ。 見出しのところで読もか、読むまいかを決める。(人も多いは

記事を読む

コーヒーのプロ 島さんのお薦めのコーヒー器具はどれ?

コーヒーブームに乗って、最近ほんとうにコーヒー器具の種類が増えたと思います。 僕自身も知らなくて、

記事を読む

コーヒーチェリーの精製で味わいが変わるんです、というお話

どうでもいいことなんですが(またはじまった 笑)、僕は1日4回ツィートしようって決めてます。

記事を読む

あの芸能人は深い「愛」を持った方だった

今日は急ぎの案件があって、昨日のあの芸能人と行く東京コーヒーツアーの詳細を書きたかったのですが、改め

記事を読む

一歩そしてまた一歩

 少しずつ進化しております 完成までの旅は まだまだつづく

記事を読む

教えて!ドリップのお湯の温度は何℃がいいのでしょうか?

プロローグ 自転車で風を切って走っていると、春から初夏に移り変わっていきそうな新緑の薫りが所々で感

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の炭酸ガスとは何ぞや

コーヒーの粉をドリッパーにセットし、お湯を落とす、ドリップをする。

「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

→もっと見る

PAGE TOP ↑