*

甘酸っぱいスィーツとコーヒーの組み合わせを考えてみた

プロローグ

昨日は1ヶ月はやい結婚記念日を僕がプロポーズした場所、高槻センター街にあるフレンチレストラン、四季菜フレンチ・ソレイユさんでコース料理のランチを奥さんと2人で楽しんできました。

IMG_8588

 

まずはシーザーサラダ

IMG_8589

 

前菜

IMG_8590

 

カボチャととうもろこしのスープ。スープ大好きの奥さんはこのスープをべた褒め。かなり評価が高いです。

IMG_8592

 

伊勢エビのレモンのホワイトソース添え 今まで伊勢エビで美味しいと思ったのは初めてでした、それぐらい食感とレモンのホワイトソースが美味しかったです。

IMG_8593

 

メイン サーロインステーキのワインソース添え
お肉も美味しいけど、野菜がとにかく甘くて雑味がなくお肉という主役をきっちりサポート。

IMG_8594

 

そしてデザート フランボワーズのソースとアイスクリーム、洋なしのタルト(以上 間違ってたらシェフごめんなさい!)

IMG_8595

 

デザートのコーヒーはもちろん島珈琲のコーヒー豆でいれたコーヒー。
とにかく大満足でした。こちらのコースお昼のスペシャルコースでお一人様3000円 お腹も心もいっぱいになります!大切な人と是非行ってもらいたいお店です!

 

フレンチレストラン 四季菜フレンチ ソレイユ
ホームページはこちら  https://shikisaifrenchsoleil.owst.jp/
ご予約の電話はこちら 072-685-6610

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

食後のコーヒーの役目

食後にコーヒーが欲しくなるのは、コーヒーに消化促進の効用があるんですね。ですから自然に身体が求めているから、欲しくなるんでしょうね、きっと。

ソレイユさんで飲んだコーヒーもとても美味しく(自画自賛だね 笑)、デザートの脇役としてしっかりと仕事をこなし、口の中もさっぱり、余韻もバッチグー、お料理の評価を更にプラスにするものだと自負できました。

甘酸っぱいスィーツとコーヒーの相性

実は僕、スィーツで甘酸っぱいものとコーヒーの相性は良くないと思っていました。でもそれは理屈の中だけで実際に口で知ったことではありませんでした。

 

なので今回頂いた最後のデザートは、フランボワーズのソースがかっていたので、コーヒーに合うかどうか、ちょっと考えながら飲んでいたんですね。

 

フランボワーズのソースを口にした直後、すぐにコーヒーを飲むと少しお互いの味がほんのちょっとだけぼけてしまいました。それでこれをどうしたらお互いの味がはっきりと美味しい状態で味わえるようにしたかというと、デザートを食べる、ほんの少しの水を飲む、そしてコーヒーを飲む。コーヒーを飲む、ほんの少しの水を飲む、デザートを食べる。

 

そうしてみると、あら不思議、お互いの味がものすごくクリアーに分かって更に美味しく感じるじゃないですか!そうすることにより、お互いがより美味しくなるんですねー。

そうなんです、水は口の中をニュートラルに(普通の状態)に戻します。ですから一旦水でリセットして、口にいれるとより甘酸っぱいデザートの良さも分かりますし、コーヒーの味も引き立ちます。

 

ポイントは水を少しだけ飲むというところです。飲み過ぎたらお腹ちゃぷんちゃぷんになりますからね。
この方法、ちょっと甘酸っぱいデザートとコーヒーがペアの時にはオススメです。

 

エピローグ

美味しい料理を食べながら会話が弾み、会話に夢中になっていると思うのであまり考えて食べられていないとは思いますが、(考えるより、楽しいを優先させてくださいね!)話のネタに覚えておけば、またお話が弾むかもしれませんね、是非お試しあれー。

 

四季菜フレンチ ソレイユさんのコーヒーはカスタムオーダーなので、メニューにはありませんが比較的近い味わいがこちらのブレンド月です。

http://www.shima-coffee.com/ble-0004/

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

2024年4月よりコーヒーシロップ無糖が価格改定となります (4911)

昨日はお休み。   カミさんが体調を崩して、一緒に行く予定にしてましたが、僕だけで島珈琲の

記事を読む

開封しなくても冷凍保存!~粉で購入編~

僕は掃除するのが好きな方で、お店の掃除はほとんど僕がしています。 朝、焙煎が終わると開店前の掃除を。

記事を読む

深煎りか中煎りか、はお好みの問題

今朝、横で寝ている娘がおもむろに僕の顔の方へ手を伸ばし、寝ている娘はその伸ばしてきた手で僕の顔をペタ

記事を読む

焙煎機 焙煎人

コーヒー屋をやっているのは コーヒーの焙煎が楽しいから他ならない 仕事であり 楽しみであり 喜びであ

記事を読む

あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかのツィートを一昨日のお昼前くらい

記事を読む

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

プロローグ コーヒーの味わいをつくる。 これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロ

記事を読む

2021-2022 コスタリカが新豆になりました

先月より小学4年生の娘、塾通いが始まりました。 その塾で小テストがあったみたいで、その結果を昨晩見せ

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べています。   なぜ一般

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
割れ豆、多し (4990)

カフェインゼロコーヒー、巷ではカフェインレスやデカフェと呼ばれているコ

七難八苦 (4989)

ブログの号数が4989だったので、あら四苦八苦やなぁと思ったんです。

急冷にはキレがある (4988)

アイスコーヒーの本格的なシーズンインに。   アイスコーヒー

水出しコーヒーでNGなこと (4987)

昨日の晩は、ホットプレートで餃子大会でした。   先日購入し

味見のテストはペーパードリップです (4986)

今日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑