*

「美味しい」と感じるメカニズムを考える

公開日: : coffee ,

「美味しい」を作る側の人間ですので、「美味しい」を感じる力を鍛え続けることが大事です。

 

だって美味しいものを知らないのに、美味しいものを作れないし、美味しいかどうかよくわかんないなぁって、作っている人の料理より、美味しいと自信を持って作ってくれる料理の方を、皆さんは食べたいですよね。

 

僕もです。

 

なので、日々美味しい力を鍛えるために、美味しいものに対して、なんで美味しいと思うのかなぁって考えて食べたり飲んだりしています。

 

まぁ、理屈抜きに、うまいもんはうまい、でいいのですけどね。
職業病かな。笑

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

コーヒーの味覚に関しての関心度

 

ある本を読んでいて書いていたことです。
コーヒーの味わいにあまり関心のない人 2割
特に関心が強い人 2割
普通 6割

 

コーヒーの味わいに対して関心を持っている、もしくは持っていない、いや別に普通だ、という人がこのように別れているようです。

 

もちろんいろんな条件によって変わると思いますが、僕も感覚的にそう感じかなぁと思ってます。

 

それで、このブログを読んでくれている方は、関心の強い方だと思っておりますので、関心のあるかた向けの話を続けていきますね。

 

味覚は舌の表面にある味蕾という、味の感覚器があるのですね。
この味蕾から、味の刺激が脳に伝達される仕組みになっています。

 

味蕾は20歳前後によく発達し、その数も多いのですが、年齢を加えるとともに数も減り、60歳頃になるとピークの3分の1の数になるそうです。

 

しかしです。

 

訓練をしていると逆に味蕾は増える?

 

自然に過ごしていれば、上に書いたように味蕾は少なくなっていくでしょう。

 

資料によると、訓練をしていれば40代からでも、さらに上昇していくのだそうです。

 

美味しいという感覚が更に研ぎ澄まされる、というわけですね。
美味しいものが更に深く、美味しいと感じることができるのです。

 

これって、しあわせですよね。

 

訓練っていうと、たいそうなことをイメージしてしまいますが、僕がその訓練で大事にしていることは記憶。

 

味覚はまず記憶して、蓄積されていくのですね。
美味しいお肉も、どう美味しかったのかを記憶しているから、どう美味しいか次回、また次回によりわかると思うのです。

 

まず美味しいと思ったとき、よく記憶しておくこと。

 

あとは美味しいと思った時に何が美味しいと思ったのか、を感じるといいのかなぁ。

僕もとりわけものすごい訓練をしているわけではありませんが、日常を意識して過ごしています。

 

例えばビールでも、第3のビールとビールの違いって何かなぁって飲む機会があったときに、いつも考えます。

 

だからビールって美味しいんだなぁ、とか、第3のビールはビールに限りなく味わいが近づいて、すごいなぁとか。

 

そんなことをちょっとだけ思ったり、考えたりするだけでも訓練になりますのでね。

 

年齢を重ねても、美味しいと感じる力を下げることなく、持続させて、日々の食事などを美味しいと思えるしあわせを、食べ物や飲み物と一緒に噛みしめていたいですね。

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーを夜飲むと眠れなくなるのは、本当か

プロローグ あなたは1日コーヒーを何杯飲みますか? 僕はだいたいお店で3杯くらい、家では夜に食後

記事を読む

アイスレモンコーヒーをつくったYO!

プロローグ 秋に出版するだろう僕のコーヒー本の、最終章の構成を練っていました。  

記事を読む

お家で淹れるコーヒーで「美味しい」に重要なことはコレ!

プロローグ 徐々に朝が涼しくなり、焙煎が楽になってきたこの頃。 岡町本店、高槻店ともに小さなお店

記事を読む

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを美味しいと思って、大人は飲んで

記事を読む

コーヒー豆も、個人よりチームで力を発揮する豆がある

プロローグ 今回の記事は個人で力を発揮できるコーヒー豆もあれば、チームいわゆるブレンドですね、ブレ

記事を読む

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12時半、奥さんが体調が芳しくなか

記事を読む

結婚をお手伝いした、ちょっとイイ話

プロローグ 「先日はありがとうございました。おかげ様で上手くいくことができました!」 満面の笑み

記事を読む

コーヒーはあなたの身体のバロメーター

プロローグ さて、あなたは自分の体調を何で管理していますか? うーん今日はちょっと身体がこってる

記事を読む

no image

コロンビア

 しばらく 焙煎のポイントが少しだけずれていた 火力やら排気ダンパーの微調整と 焙煎時間の

記事を読む

父の日にコーヒーギフトを贈りたい方必見!その選び方とは?

プロローグ 明後日6月21日は父の日 父の日を14日だと思ってた僕です。14日と思って家族旅行の日

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑