*

ビジネスに愛は必要か

公開日: : 焙煎アーティスト

ブログを始めようと思ったきっかけは、コラムを読むことが好きだったから。

 

コラムを読むことが好きで、ブログという自分のメディアを持ったとき、あっ自分のコラムを書くことできるやんか、と思ったことがきっかけの一つだったと記憶しています。

 

新聞のコラム、僕は特に石井英夫さんが書く産経抄から、多くの影響を受けました。

 

現在は実家に行ったときなど、読売新聞の編集手帳を必ず読んでいます。

 

コラムって、入り始めが遠いところから、そして段々と伝えたいところへゆっくりと近づき、最後それが言いたかったのか、なるほどって感じの構成が多いですよね。

 

なかなかに高等テクニックで、マネをしてみるけども、やはり僕はまだまだなぁなんて思います。

 

今回は先日読んだ、読売新聞の編集手帳について。
ビジネスに愛は必要か。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

ジャズの巨人と言われたジョン・コルトレーン

 

その回の編集手帳では、ジャズの巨人と呼ばれたサックス奏者、ジョン・コルトレーンの新曲が見つかったことについて書かれてありました。

 

そして終わりの部分をそのまま引用しますね。

 

亡くなる前年66年、コルトレーンは来日している。
記者会見で音楽で何を伝えたいか聞かれ、こう答えた。
「愛。愛が中心です。」
ただならぬ愛なき事件の報に痛くなるばかりの胸に、その人のサックスがこいしい。

 

もうね、憎いほど終わり方が上手いですよね。
コルトレーンの話から、現在に起こるただならぬ愛のない事件に対しての筆者の想い、そして今の世の中を表現する術。

 

そのうまさに、ため息がでました。

 

全文を読みたい方は、2018年6月9日の読売新聞朝刊の編集手帳をお読みくださいね。

 

エクスペリエンスマーケティングの略して、エクスマの創始者でマーケティングの師匠でもある、藤村正宏先生もよく「愛を届けることが大事」 ということを言われてます。

 

その教えに沿って今までも大事にしてきましたし、そしてこれからも「愛」を大事にしていきます。

 

ビジネスで愛が必要か聞かれれば、もちろんイエスです。
僕の場合、コーヒービジネスを通じて愛を届けることこそが、僕のビジネスの本質だと思ってます。

 

愛のない機械的なビジネスなのか、人には温度があるその温度のあるビジネスなのか。
僕は人として温度のある、そして愛のあるビジネスを選択します。

 

愛は伝えないと伝わらない

 

恋愛でもそうじゃないですか。
どれだけ気を寄せているように見えても、いやそれは僕の勘違いだろう、ってことがだいたいじゃないですか。

 

思い違いなんて誰にでもあるでしょ。

 

その逆もあると思いますし、結局は「好きだ」って伝えないと、その人があなたのことを本当に好きかどうかは伝わってこないし、逆もまた真なりで、伝えないと伝わらないですよね、核心の部分は。

 

だから僕はブログやSNSって、とっても有効な手段だなぁって思ってます。

 

お客さんに愛を、それは恋愛ではなくて、素敵な時間をこのコーヒーで過ごして欲しいとか、仕合わせな時間を過ごして欲しいだとか、香りに癒されて欲しいだとか、そんな僕からの愛をこうして伝えることができるのですからね。

 

これからもブログやSNS、そしてリアルな場面でも、コーヒー豆とコーヒーを通じて、そんな愛をお届けしたい、改めてその編集手帳を読んで思いました。

 

あなたはあなたの焙煎したコーヒーで何を伝えたいですか、と今後聞かれれば、「愛。愛が中心です。」と答えますね。(笑)

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お肉を焼くのにアミかフライパンかで味が変わるように、実はコーヒー焙煎もかわる

6月16日火曜日・6月17日水曜日は高槻店臨時休業させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

記事を読む

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

実は中華料理のコックを目指していた

高校を卒業して就職した会社は、中国料理店。 コック見習いとして勤務し始めました。   お客

記事を読む

コーヒーが好きなあなたへ 僕がブログを書きたい理由

日曜日は、日曜日だけが営業の岡町本店へ。 ここに来ると、開業して駆け出しの時のことをよく思い出しま

記事を読む

コーヒー生豆をお米のように水で研いで焙煎するとどんな味?

以前、タモリの番組でお米は洗うと言うのではなく、研ぐと言うのは洗うのではなく、お米どうしをこすり、そ

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

お店の看板だって繋がりの時代になった

プロ野球が好きな方は、投手が分業制になっているのはご存じのことですね。 先発・中継ぎ・セットアッパ

記事を読む

趣味を仕事に生かすには、を考えた (3093)

さて本日は、お休みです。 火曜日から土曜日までは高槻店。 高槻店は日曜、月曜が定休日。  

記事を読む

お店のBGMを考える BGMの目的は?

昨日はお休みで、午後からは実家に遊びに行きました。 娘はおじいちゃん、おばあちゃんが大好き。

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ということでミル掃除とバーナーメンテナンスできました (4974)

昨日の高槻は午後からひどい雨でした。   そのひどくなる前に

大雨の日はメンテナンスを (4973)

本日、高槻では朝から大雨警報が。   今日は家からお店までは

刷り込み (4972)

来週の月曜日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です。  

年齢、感じてます (4971)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に朝は7時くらいに到着しまし

出力を抑えて (4970)

基本的に焙煎はコーヒー豆の持っているポテンシャルをどれだけ引き出すか、

→もっと見る

PAGE TOP ↑