*

ビジネスに愛は必要か

公開日: : 焙煎アーティスト

ブログを始めようと思ったきっかけは、コラムを読むことが好きだったから。

 

コラムを読むことが好きで、ブログという自分のメディアを持ったとき、あっ自分のコラムを書くことできるやんか、と思ったことがきっかけの一つだったと記憶しています。

 

新聞のコラム、僕は特に石井英夫さんが書く産経抄から、多くの影響を受けました。

 

現在は実家に行ったときなど、読売新聞の編集手帳を必ず読んでいます。

 

コラムって、入り始めが遠いところから、そして段々と伝えたいところへゆっくりと近づき、最後それが言いたかったのか、なるほどって感じの構成が多いですよね。

 

なかなかに高等テクニックで、マネをしてみるけども、やはり僕はまだまだなぁなんて思います。

 

今回は先日読んだ、読売新聞の編集手帳について。
ビジネスに愛は必要か。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

ジャズの巨人と言われたジョン・コルトレーン

 

その回の編集手帳では、ジャズの巨人と呼ばれたサックス奏者、ジョン・コルトレーンの新曲が見つかったことについて書かれてありました。

 

そして終わりの部分をそのまま引用しますね。

 

亡くなる前年66年、コルトレーンは来日している。
記者会見で音楽で何を伝えたいか聞かれ、こう答えた。
「愛。愛が中心です。」
ただならぬ愛なき事件の報に痛くなるばかりの胸に、その人のサックスがこいしい。

 

もうね、憎いほど終わり方が上手いですよね。
コルトレーンの話から、現在に起こるただならぬ愛のない事件に対しての筆者の想い、そして今の世の中を表現する術。

 

そのうまさに、ため息がでました。

 

全文を読みたい方は、2018年6月9日の読売新聞朝刊の編集手帳をお読みくださいね。

 

エクスペリエンスマーケティングの略して、エクスマの創始者でマーケティングの師匠でもある、藤村正宏先生もよく「愛を届けることが大事」 ということを言われてます。

 

その教えに沿って今までも大事にしてきましたし、そしてこれからも「愛」を大事にしていきます。

 

ビジネスで愛が必要か聞かれれば、もちろんイエスです。
僕の場合、コーヒービジネスを通じて愛を届けることこそが、僕のビジネスの本質だと思ってます。

 

愛のない機械的なビジネスなのか、人には温度があるその温度のあるビジネスなのか。
僕は人として温度のある、そして愛のあるビジネスを選択します。

 

愛は伝えないと伝わらない

 

恋愛でもそうじゃないですか。
どれだけ気を寄せているように見えても、いやそれは僕の勘違いだろう、ってことがだいたいじゃないですか。

 

思い違いなんて誰にでもあるでしょ。

 

その逆もあると思いますし、結局は「好きだ」って伝えないと、その人があなたのことを本当に好きかどうかは伝わってこないし、逆もまた真なりで、伝えないと伝わらないですよね、核心の部分は。

 

だから僕はブログやSNSって、とっても有効な手段だなぁって思ってます。

 

お客さんに愛を、それは恋愛ではなくて、素敵な時間をこのコーヒーで過ごして欲しいとか、仕合わせな時間を過ごして欲しいだとか、香りに癒されて欲しいだとか、そんな僕からの愛をこうして伝えることができるのですからね。

 

これからもブログやSNS、そしてリアルな場面でも、コーヒー豆とコーヒーを通じて、そんな愛をお届けしたい、改めてその編集手帳を読んで思いました。

 

あなたはあなたの焙煎したコーヒーで何を伝えたいですか、と今後聞かれれば、「愛。愛が中心です。」と答えますね。(笑)

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

商売に必要なもの それは「カラ元気」ではないだろうか

こんにちは! 唐揚げ大好き 焙煎アーティスト 島規之です 子供みたいでしょ 笑  

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

20年前、コーヒーの情報は本から取っていた

写真は岡町本店の本棚です。 岡町本店は僕の書庫でもあり、コーヒー・紅茶・カクテルなど飲料関係の本、料

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消費税負担のお願い(実施時期 2

記事を読む

朝コーヒーにバターを入れて飲むダイエットがアメリカでブームらしい

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   娘から風邪をもらってしまい 味覚

記事を読む

理由は後付でもいい まずはやってみること

またちょっとコーヒー教室でのお話したことを詳しく書きますね。   コーヒーのペ

記事を読む

毎朝、焙煎してます

明日、1月30日木曜日は久しぶりに、島珈琲社会貢献部のミーティングです。 障がいのある方の働く場所を

記事を読む

なぜ僕がカフェじゃなくて、コーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 岡町本店は2002年3月29日にオープンしました。 カフェを開業しようと思えば、設備

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
「美味しい」と「楽しい」は直結している

昨晩は家族でたこ焼きパーティでした。 新調したたこ焼き器、キレイな球に

店頭で一番聞かれるコーヒーのこと

日曜日は岡町本店の営業日でした。 初めてのお客さんは、なぜ日曜日だけな

おうちコーヒーで、これはあって欲しい道具

朝6時に起床し高槻店へ行き、そして車に荷物を積んで岡町本店へ。 岡町本

完璧を目指さない

島珈琲には高槻店と岡町本店にそれぞれ焙煎機があり、2台所有しています。

職人さんの芸術的技術に触れる

本日も昨日に続き、店前の屋根の修繕工事をしています。雨が長く降ると、壁

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑