*

中焙煎に向く豆、深焙煎に向く豆

公開日: : 最終更新日:2020/03/06 coffee, 焙煎アーティスト ,

コーヒー豆が皆一緒かというと、ご存知の通り産地よって、また種によって違ってきます。
味わいもそうですし、豆のカタチや大きさ、いろんなことが違ってます。

 

人間と一緒で、いろんな人種があるのと一緒です。
そして暮らす環境によって、様々な風習や暮らしや知恵、そしての趣向などの違いがでますよね。

 

コーヒー豆も一緒で、非常に厳しい気候の中で育てられたものや、そうでないもの。
暑い所であったり、寒暖差が大きいところなどなど、様々な要因により、その産地の、その農園の味わいや特徴などが出来上がります。

 

その延長に、中焙煎に向く豆、深焙煎に向く豆があるのですが、今回はそれを簡単に説明してみようかなと。

 

どうぞ、ごゆっくりお楽しみください。笑

 

 

中焙煎=中煎りに向く豆とは

 

コーヒー豆を焙煎するプロ、焙煎士によってそれぞれの考えがあるので、必ずしも各々が正しいわけではありません。
あくまでも個人的な考えで、これはプロとしての僕の考えです。

 

育つ環境によって、コーヒーの豆にも硬さがあります。
焙煎する時に火が通りやすいもの、火が通りにくいもの、とあり、柔らかいから火が通りやすく、硬いから火が通りにくい、とは一概には言えませんが、柔らかいものは比較的火が通りやすいものが多いです。

 

そして柔らかい豆の場合、深焙煎=深煎りに向かない場合も多いです。
柔らかい、硬いはコーヒーの焙煎する前の生豆のお話で、柔らかいからといっても一定の固さがあり、歯では噛めない固さなのでご注意ください。

 

中焙煎に向く豆は、逆から言うと深焙煎に向かない豆で、カリブ海系の産地は柔らかい豆が多く、皆さんの良く知るところで言うと、ジャマイカのブルーマウンテン、キューバ、それからパナマもそうですね、中焙煎では味わいの持ち味がキラリと光るけども、深焙煎では個性が見えにくくなるのが、中焙煎に向くコーヒー豆と言えます。

 

深焙煎に向く豆

 

逆に深焙煎の向くコーヒーは、中焙煎にすると味わいの個性がキリリとし過ぎて、その個性になじめないというか、なので、熱をしっかり入れ、その個性が熱を入れることによってコクや苦みに変わり、結果、深焙煎でもしっかりと個性を残す味わい、知るところでいいますとマンデリンなんかはそうです。

 

もちろん、野球のユーティリティプレイヤーのように、中焙煎でも深焙煎でもどっちでも個性を出せるコーヒー豆、知るところで言いますとブラジルなんかそうなります。

 

あとはですね、焙煎士もいわば調理師なので、焙煎によってコーヒーの味わいを作る、料理みたいなもので、その銘柄をどの焙煎度合いにするかは、その焙煎士の作品、みたいなものと考えてもらえばいいかと思います。

 

お店によってコーヒーの味わいが違うのは、焙煎士による考えの違いでもある、とも言えます。
この銘柄は深焙煎、この銘柄は中焙煎に、と言う各々の考えや自論がありますからね。

 

今回もちょっと突っ込んだお話になりましね。
ということで、中焙煎に向く豆、深焙煎に向く豆のお話でした。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーフレッシュにも種類がある

昨日はお休み、家族で東条湖おもちゃ王国へ行ってきました。 現地で娘のお友達の家族と合流し、2家族で遊

記事を読む

no image

わたし草食系です

 朝市をやり出してから 野菜をもっと知らないといけないし また葉野菜は余るとどうしようもな

記事を読む

なぜコーヒー豆は購入する都度に挽くのか?

プロローグ コーヒー屋、コーヒー専門店にとって基本中の基本であり、その都度挽かないってどうなん?と

記事を読む

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

インスタントコーヒーってカフェインが多いの?

プロローグ 昨日の記事、フェイスブックにリンクして投稿すると面白いなぁと思うコメントがたくさんあり

記事を読む

マグボトルで飲むコーヒー、味わいが変わるのはなぜ?Ⅱ

前号で、マグボトル飲むコーヒー、味わいが変わるのはなぜ? というタイトルで、マグボトルで持ち歩き、飲

記事を読む

岡町本店の焙煎機は使用12年 焙煎機に進化はあるの?

本日、月曜日はお休み。 今日午前中は障がい者支援施設とコラボする、cafeBeでのミーティングへ出席

記事を読む

ブレンドとシングル どっちがいいの?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ来て営業しております。 日曜日だけ、というのがインパクトあ

記事を読む

最近のカップコーヒーの味わいの傾向

先日、家族で実家へ行った時、お昼ご飯の後、近くの公園へ遊びに行きました。 娘が公園で遊びたーいという

記事を読む

こつこつと学ぶ 相手を理解すること 

今朝は起きると少し蒸し暑く 涼しかった朝の空気が 夏に1歩後退し 秋を少し遠ざけるような 気温で

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心を軽くするための思考

思えばコーヒーも心を軽くする飲み物、ですね。 行き詰った時、ちょっと気

ありがとうございます、岡町本店はこの年の3月29日で19周年です!

本日は日曜日。 日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店で営業しつつ

開封しなくても冷凍保存!~粉で購入編~

僕は掃除するのが好きな方で、お店の掃除はほとんど僕がしています。 朝、

コーヒー器具は銅製が良いの?

次の休みはもう3月になるんだなぁなんて思ったり。 次の休みはこの週末が

あの「そばかりんとう」入荷しました。再販してます!

本来なら、2月25日と26日は毎年、高槻天神祭りが開催され、高槻店の前

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑