*

もう戻れない

公開日: : coffee

まず、ブログを読んでもらおうと思うならタイトルが重要で、目を引くような、おっ!と気を引くようなタイトルをつけることが大事なのは重々承知しています。

 

昔、よく言われたのがスポーツ新聞の見出しを勉強せよ、と。
コンビニなどで新聞立てに並んでいる各社の新聞。

 

パッと目についたその第一印象がそのまま購買意欲に直結する。
なので、以前はスポーツ新聞の見出しをよく見て勉強し、ブログを見てもらうためには!と鼻息荒くして研究しておりました。

 

ですが、最近はその逆の考えになってきて、その逆の考えとは、あまり目につかないように派手なタイトルにせず、読んでくれる方だけ読んでくれればいいという、消極的なスタイルに。

 

だれかれみんなに読んでもらおうと思わず、島珈琲ファンやお客さんに届けばいいとの考えで、タイトルに毒を盛ったり、派手にしたりして沢山の方の気を引こうとは考えず、タイトルもシンプルにして、ややもすれば味気ないタイトルに最近はなっております。

 

今回も「もう戻れない」、知らない人はまず見ようとは思わないタイトルです。
でも、これでいいのです。笑

 

さて、昨日お客さんとお話していたことを書こうかなと。

 

 

美味しいのを飲むと戻れなくなる

 

家で飲む、コーヒーも含む飲み物って美味しいのを飲むと、今まで飲んでいたそれに戻れなくなる、と感じてます。
僕も感じてますし、お客さんもそう言われます。

 

不思議ですよね、食べ物とかでしたら今日は特別にってご馳走を食べても、毎日ご馳走でないと、とは思いません。
もちろん飲み物もご馳走的なものもありますが、それはちょっと今回は例外としてお話を続けます。

 

開店した当初は、今の様なグレードの高いものを使っていませんでした。
というか手に入らなかったのです、僕のような小規模なお店では。

 

オープンして2年たったくらいでしょうか。
2003年、2004年あたりから今に言われるスペシャリティコーヒーと呼ばれる、高品質なコーヒー生豆を仕入することができたのは。

 

マニア時代を含めそれまでは、普通のというと語弊があるんだけど、適当な言葉が見つからないので、普通のよりもちょっと上のものを使っていました。

 

その高品質コーヒー生豆仕入れしてそして僕自身も毎日の様に飲みカップテストしてからは、その今まで使ってものが飲めなくなったのです。

 

一度、美味しいのを知るともう戻れなくなるのですね。
飲み物の味わいを言葉で表現にすることは、難しいと皆さんもお思いだと思います。

 

だから何がと言われてもわからないとなるのですが、美味しいからで片づけてもらってそこは大丈夫です。
後口とか良いとか口残る嫌味なものがないとか、いろんな美味しいがありますが、常飲している飲み物はグレードを上げると戻れなくなる、これはお客さんとお話していて共有しているものだと確信しております。

 

そう考えると、第三のビールってすごいなぁと思ったり。
研究に研究をして、更に磨いてあの味が完成したんだろうなぁ。

 

岡町本店が日曜日だけで営業で着ているのもそれのおかげ

 

一番初めにお客さんに聞いたのは、こんなことでした。
開店当初3年、岡町本店は月曜日を休みにして火曜日から日曜日まで週に6日営業してましたが、2005年4月から日曜日だけのお店に。

 

それまでは、お客さんも手持ちの分が切れたらお店にコーヒー豆を買うことができましたが、営業日が日曜日のみになってからはそのペースを乱すことに。

 

日曜日までどうしてもコーヒー豆が持たないので、スーパーなどでコーヒー豆を買って飲んだら、島珈琲と全然味が違って、島珈琲の美味しさを改めて知ることになった、とお伝えしてくれました。

 

そうして日曜日だけのお店ということにも関わらず、皆さんわざわざコーヒー豆を買うために島珈琲に足を運んでくださって・・・感謝感謝です。

 

僕がお商売を続けていけるのも、コーヒーのこの力があるからこそ。
お客さんとこんなお話をしていたのですが、改めて美味しいコーヒーをリーズナブルな価格で(安売りはしませんからね)提供し続けようと思う島であった。この話 完

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもほんとうにありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーでチョコレート味を作ろう!

昨日、奥さんと話していたんですが体力落ちたよなぁって。 奥さんは僕と同い年で、今年で43歳。(正確

記事を読む

コーヒーのプロの僕が買ったコーヒーメーカー

高槻店へは、だいたい朝6時半から7時過ぎくらいに来ています。 来てすぐに防犯スイッチを在宅にして、そ

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

定番ネタ カフェラテとカフェオレの違いって何か

昨晩はエクスマ塾69期の同窓会でした。   個性あるメンバーが集い、わいわいと

記事を読む

コーヒーチェリーの果肉ってどうなるの?

8月はどちらかというと閑散期で、お客さんの流れが緩やかです。   緩やかだなと

記事を読む

いつも同じ味わいを作り続ける、という努力

昨日はお休み。 2週間ぶりのやっとの休み。 カミさんと頑張った自分へのご褒美に、お昼は高槻店のご近所

記事を読む

ひがし北海道のかわいい動物たちがパッケージ!ちょっと見て!見て!

佐藤章さんとは、マーケティングの師匠、藤村正宏先生が主催するマーケティング塾エクスマ塾の同じ塾生とし

記事を読む

アルヨ

  ギフトもアルヨ! まいど!おおきに

記事を読む

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑