*

微調整

公開日: : coffee

 僕の使う 高槻店の焙煎機はすごく繊細だ
ちょっと動作で 微妙にコーヒーの味わいに変化が起こる

岡町店の焙煎機は対照的に
初動作で間違えれば 途中での修正があまりできないのですが
逆に初動作で間違えなければ最後まで安定した
焙煎ができる

対照的だ

で まず高槻店
気候が冬に近くなってきたので
冬用に味わいに微調整をしてみた

僕の焙煎機にはダンパーという
わかりやすく言うと 換気扇
その風力を調整するもの と理解して頂きたいのですが
それを少し変更することで
ずいぶんと味わいが違ってくる

高槻店の焙煎機 誠号
1年のお付き合いになりますが 春夏秋冬を経て
だいぶクセがわかりました

さらに絆を深めて あうん の呼吸で焙煎し
もっと美味しいコーヒーを高槻店からも発信して
行きたいと思います

では
明日は 岡町本店でお会いしましょう

焙煎アーティスト 島 規之

写真は 高槻店焙煎機 誠号のダンパーです
1目盛り変えただけで かなりの味の変化があります

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

花は生き方を迷わない

最近 寝れない 目が覚めれば考え事をしてしまう そうなんです 1年に1度くらいの頻度でくるアイ

記事を読む

カフェ オープン会議

昨日は障がい者支援施設とのコラボカフェ カフェBeの現場に入って 久しぶりにカフェBeで仕事をしてき

記事を読む

ドリップのスピードは、器具で変えられるのか?

プロローグ 昨日、娘が保育園で「桜餅」をつくったらしく、晩ご飯のあとコーヒーと一緒に食べた。 そ

記事を読む

エスプレッソの超極細挽きの粉をペーパードリップした結果

最近の僕のブログを書くパターンとして、序破急の3部構成で序はここの始まりのパートになるわけですが、日

記事を読む

なんでアイスコーヒーの豆は黒くて脂がテカテカなのか?

プロローグ 夏ですね。 コーヒー屋で夏の話題と言えば、アイスコーヒーです。クールダウンするの

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

コーヒーの持つ天然の甘さについて説明しようと思ふ

プロローグ コーヒーって苦味や酸味って表現をよく使って、味を言葉にしますが、甘みもあるんですね。

記事を読む

教えて!おうちでコーヒーミルを使うときの注意点

先日、お客さんから相談がありました。   島珈琲でコーヒー豆を挽いてもらったも

記事を読む

恋も味覚も甘いほうがお好きでしょ

プロローグ 昨日、晩ご飯を食べていて白ご飯を口にいれた瞬間、あっ美味しいなぁと口から漏れた。 何

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
売れる商品とは

先日から娘の質問攻めにあっております。 「父ちゃんは、なんでコーヒー

ブログはお店の売上げにどんな影響をあたえるか

困っている方や悩みがある方に、一番に思いつく人でありたいですよね。

水だしコーヒーの粉の挽き目 どんな感じにすればいい?

散髪に行ってきました。   実は僕、開業してから

疲れているときは変わるコーヒーの味わい

大阪北部に地震があり、6月20日から7月15日までお休みなしのぶっ通し

コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

→もっと見る

PAGE TOP ↑