*

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド花の味わいについて

世間では3連休のはじまり 各地ではイベントなど盛大に行われているのではないでしょうか?こんな日 高槻店は動きが穏やかなので(笑) そんなときこそ しっかりとブログを書きたいと思います!(いつも一生懸命に書いてますけどね)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

今日はコーヒー豆屋らしく コーヒーの事しっかりとお伝えしたい思います
コーヒーの豆知識を僕のフェイスブックで毎朝更新してますので よろしければフォローして見てくださいね!
https://www.facebook.com/shimacoffee

IMG_4660

 

さて 島珈琲ではブレンドの豆を常時8種類ご用意しております ブレンド 花・鳥・風・月 特撰ブレンド四季 アイスコーヒーのブレンド 1ヶ月ごとに変化する「季節のブレンド」 そして店販売のみの 隠しブレンド鱗雲

今日はブレンド花について 解説しようと思います

 

中煎り(中焙煎)で あっさりタイプの飲みやすいタイプの味わいで 1番売れている島珈琲定番のブレンドです 創業が現時点で12年になりますが ブレンドネームは変わってきたものの 味わいは基本変わらずに育て そしてお客様に育ててもらいました

 

ちなみにブレンドネーム 花・鳥・風・月は四季折々変わる味覚の中で風流な味わいをそれぞれに楽しんで頂きたい という思いで3本の矢ではありませんが 4つで一つ的な意味をこめて名付けました

 

ブレンド花の内容は 中煎り(中焙煎)ブラジル50% コロンビア25% タンザニア(キリマンジャロ)25%で合わせています

 

ブラジルは人間で言うところの「協調性のある人」的な存在で 全体をつないでくれるような役割をしてくれます そして味わいがなめらかで優しい そして香りがいい
優しい味わいをイメージしたかったので まずブラジルをベースに選びました

 

そしてコロンビア ここでのコロンビアの役割は甘みと酸味
ブラジルの優しさに少しコロンビアの甘みを加えて さらに飲みやすくし 口に含んだときの甘み それから飲み終わったあと(アフターテイスト)の甘み 例えば飴ちゃんをなめ終わったあと 少しばかりの時間 口の中に甘みが残ってますよね
あの感じを残すためにコロンビアを使用しました

 

そしてタンザニア(キリマンジャロ) このコーヒーはややワイルドな味わいなのでこのブレンドでの役目はコクを(深み)だす役目です
バンドで例えれば ボーカル ベースがブラジル ギターがコロンビア ドラムがタンザニアで重低音をきかせるような役割を このブレンド中で持たせました

 

ブラックで飲めばブラジルの香りとコロンビアの甘さ タンザニアのコクが絶妙なバランスで ミルクや砂糖をいれると ちょっと感じる良質な酸味とミルク感と甘みのハーモニー

 

優しくて苦味もあまり感じず甘みがあって飲みやすい これが島珈琲オリジナルブレンド ブレンド花の味わいになっております

 

島珈琲の12年がぎっしりと詰まった いわば僕の12年の思いもそこに詰まっている と言えるブレンドなんですね

 

いかがだったでしょうか?ではまた明日お会いしましょう♪

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早くに家を出ていくのかが疑問に思う

記事を読む

ご存じですか!こんなドリッパーがあったのです

先日、岡町本店での出来事。   「島さん、ブログのネタにと思って、こんなドリッ

記事を読む

コーヒーの挽き目 粉の細かさ 粗さは なににつながる?

さて昨日は臨時休業を頂きまして、両親と家族で池田の伏尾にある不死王閣という温泉旅館に行ってまいりまし

記事を読む

なぜいつも同じ味のコーヒーにならないのか。

ブログは序破急で構成しております。 3部構成ですね。   徐々に始まり、本題に入って、急速

記事を読む

コーヒー豆の中に茶色い「皮」が入っていた。異物なの?

プロローグ 先日、岡町本店に友達が来てコーヒー豆をストックケースからビンに移し替えている時に、「何

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

関東はミルク 関西はフレッシュ そんなコーヒーにいれるミルクの話

プロローグ 実はSNSを見ていて知ったのですが、コーヒーに入れる生クリームは関西ではフレッシュ、関

記事を読む

無糖 無糖 無糖!!

さて 今季2度目のコーヒーシロップ無糖の新ロットが明日到着しますそうです 4倍の牛乳で割るととても美

記事を読む

ハンドドリップを上達させるために

プロローグ 8月の終わりを迎え、朝が少し過ごしやすくなっている高槻です。 焙煎が少し楽になってき

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑