*

島珈琲のオススメのブレンドは?

公開日: : coffee

コーヒーは実に分かりにくいもので、分かりにくいというかなんというか。

 

味わいの表現が一般的に通じるのが「酸味と苦味」ですが、もっと詳しく言うとフルーティだとかスパイシーだとか、フローラルだとか、ワインの用語を用いて味わいを表現したりするのです。

 

コーヒーの味わいをフローラルというと、フローラルとは花のような、になるのですが、コーヒーに花のような味わいってなんだ?と余計に分からなくなってしまうのですね。

 

もちろん知っている方もとおられますが、お店でお客さんとお話していると、大方その表現に対して「?」となっていると、現場で実感しております。

 

ですから、僕は酸味か苦味かまずお伝えして、そしてお好みを聞いて、好みにあうコーヒー豆をオススメするというカタチを取っております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

そしてまずオススメコーヒーから説明しています

 

お店の人にいろいろ言われて、よく分からなかったらどうしよう、という不安を、特に初めてのお客さんは持ってしまうと思うので、とりあえず島珈琲のオススメのブレンドコーヒーが、2つあることを説明します。

 

1つはブレンド花。
こちらは中焙煎でマイルド、あっさりして心地良い酸味があり、優しい味わい。
軽めのコーヒーがお好きな方には、こちらをオススメしてます。

 

もう1つは、ブレンド風。
花とは逆に深焙煎の濃い目のコーヒー。
コクと苦味がしっかりしていて、濃い味派が好む味わいに。
ミルクとも相性が良いです。

 

このツートップが島珈琲のオススメ。
まずこの2つのどちらかを選んでもらい、それからその後の感想を聞いて、お客さんのお好みの味わいに更に近づいていくようにしております。

 

選択肢が多すぎると選べない

 

だからオススメはコレって、必要ですよね。

 

冒頭でも書きましたように、コーヒーの味わいは分かりにくい、というか表現しにくいので、結局飲んでみないと分からないわけですが、分からない人のために、まずこれって言うのがあれば分かりやすいですものね。

 

どれがオススメ、と聞かれれば正直、全部オススメです、だって僕が選んだのだもん、って言いたくなるのですが (笑)、それじゃ分からないですもんね。

ですので、島珈琲のオススメはマイルドタイプならブレンド花、苦味のあるしっかりしたタイプならブレンド風、をオススメしております。

 

どちらも開業2002年から名前は変われど、味わいの改良を続けながら、常に磨き続けてきたブレンドです。

 

僕自身のブレンドの歴史が、この2つにぎっしりと詰まってます。

 

もうすぐ10月、秋へ移行してまいりました。
秋は更にコーヒーが美味しく感じる季節ですね。

 

この2つのオススメで、深い秋に深い味わいをお楽しみくださいね。

島珈琲の人気のブレンドのお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

僕は何のためにコーヒー屋をやっているのか?

プロローグ 8月5日は藤村正宏先生のエクスマセミナーに行ってきました。臨時休業を頂きましてありがと

記事を読む

便利です!その道具は「メジャーカップ」

昨日、家に帰ると2階にいる娘がダダダッと玄関に降りてきて、おかえりー!と抱きついてきました。

記事を読む

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

コーヒー豆を冷凍保存にするときに注意すること

前号では東京での短パンコーヒーツアーのブログを書きました。   ほんとにね、や

記事を読む

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。 あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分

記事を読む

コクのあるコーヒーを選ぶにはどうしたらよいですか?

昨晩は友達と忘年会でした。 楽しい時間を過ごし、楽しいとうっかり飲み過ぎてしまう僕、ついつい遅い時

記事を読む

比べるところがコンビニコーヒーになった

昨日は福祉のお仕事をされている方を対象とした、コーヒー講座をカフェBeで開催しました。 &nb

記事を読む

no image

スペシャルティコーヒーのラインアップ

 コロンビア アンデスコンドル (ボヤカ) グァテマラ ラスローザスオークランド (サンマ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの香り成分は何でできているのか

昨晩は娘に「たこ焼き」をお土産に。   たこ焼き

ハンドドリップにおける「蒸らし」にはどんな役目があるのか

昨晩は、パワーポイントで資料を作成していました。 慣れない手つきで、

コーヒー豆の炭酸ガスとは何ぞや

コーヒーの粉をドリッパーにセットし、お湯を落とす、ドリップをする。

「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業す

お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

→もっと見る

PAGE TOP ↑