*

コーヒー焙煎とは何の作業なのか

公開日: : 焙煎アーティスト

昨晩、淀川の方で大きな花火が上がりました。
僕は見てないのですが、家族は家の3階からそれを見ていたそうで、その花火が終わると、カミさん曰く娘がおもむろに紙を取り出し、絵を描きだしたと。

 

花火を絵を描き、父ちゃんにも見せたかったからと、それはそれは花火をちゃんととらえた娘なりの表現で、それを見た時、僕に感動を与えてくれました。

 

夜遅くに家に帰り、ご飯を食べながら、カミさんからその話を聞いて、ちょっとウルッときた父ちゃんでした。

 

その絵は大事に大事にしまいました。

 

その優しさをいつまでも、と父ちゃんは思ったり。

 

はい、今回はですね、コーヒー焙煎と言う作業は要約すればなんなのか、を書いていきますね。

 

 

焙煎とは豆を膨らます作業

 

写真がコーヒー生豆(なままめ)と呼ばれる、焙煎する前のコーヒー豆です。
これに熱をあて、その熱で化学変化を起こして、あの芳香なコーヒー豆となります。

 

その化学変化の過程でガスが発生し、それが香りとなるのですね。
そのコーヒーの焙煎における化学変化では、いろんなガスや香りの物質がでるのですが、かなりの数が未だ解明されておらず、コーヒーがどこか謎めいている飲み物なのは、そのせいかもしれませんね。

 

コーヒー生豆は顕微鏡で見ると繊維の塊で、例えるなら食器洗いのスポンジですね、スポンジをイメージしてください。

 

そのスポンジは中にいくつの空洞がありますよね。
熱によって繊維を伸ばして、伸ばすと空洞が大きくなっていき、その空洞にガス、これが香り成分ですね、これが溜まるという感じです。

 

コーヒー豆を挽くときに、その空洞に潜んでいるガス、香り成分ですね、これが放出されあたり一面はコーヒーの香りが広がる、というわけです。

 

焙煎とは繊維をふっくらと伸ばす、そんな作業

 

ご飯を炊くの同じ感じですね。
コーヒー生豆に熱をあて、繊維を伸ばす。

 

それだけの作業ですが、シンプルが故に奥が深いというか、難解な部分があり、そこが焙煎する人をひきつけ魅了し、奥へ奥へと進めてしまうのですね。

 

どんな味わいにしたいか、潜在する香りをどれだけ引き出すか、これは焙煎のテクニックになります。
強い味わい、優しい味わい、焙煎する人の性格も味わいにでますね。

 

コーヒー生豆という繊維質の塊を、熱を利用して膨らませ、化学変化をおこさせ、香りとそしてあの味わいを発生させる。
簡単に言うとコーヒー焙煎とは、これをする作業です。

 

シンプルが故に誤魔化しがきかないのが、焙煎。
すべてそのコーヒーに出ますからね。

 

そこに愛が表現できるように、この先も修行の身であります。
楽しい修行ですけどね。笑

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

豆と粉の違い コーヒー豆は香りのカプセル

プロローグ 最近ちょっと距離があいていた、障がいを持っている方の仕事を増やそうプロジェクト。 寒

記事を読む

ソーシャルネットワークの力って すごいね

朝が早く 夜も帰るのが最近 遅くなっています ですから 起きてる娘に会えてません! 寂しー 悲し

記事を読む

テレビに出てどんな効果があったの?

昨晩はカフェBeのスタッフ5名と僕とで、お食事会をしました。 日頃のスタッフのお仕事に感謝をこめて

記事を読む

ますます値上がりするの?今後のコーヒーの動向

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です さて今回は昨今多くなりました「コーヒーの値上げ」

記事を読む

島珈琲のロゴがライオンの理由

どうやら夏バテになった様です。 毎朝焙煎をしているのですが、その時は冷房をかけていないのですね。 &

記事を読む

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前、いやもっと前、10年位前にな

記事を読む

家庭用ミルの掃除の仕方~ナイスカットミル・みるっこ編~

プロローグ 家庭用ミルの中で、結構お持ちの方が多いのではないかと思われるカリタ「ナイスカットミル」

記事を読む

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒーを作るとき、今まで聞いたことな

記事を読む

コーヒーシロップ焙煎物語 ~無糖スィートメモリー~

プロローグ 懐かしい痛みだわ ずっと前に忘れていた でもあなたを見たとき 時間だけ後戻りしたの

記事を読む

目先の利益を取るのか?永続的なパイプラインを取るのか?

目を閉じて吐息を聞いてみる 楽しかったとき 悲しかったとき うれしかった時 思い悩んでいた時 そ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
美味しいテイクアウトコーヒー強化宣言!

前々から言っていたのですが、ついに実現できそうなところまで来ました。

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております

コーヒー教室は開催しません、が、

昨日、お客さんとお話していて、コーヒー教室とかは開催されないのですか?

ドリップの方法、人によって言うことが違うのはなぜ?

昨日はお休み。 実家に行き、母と家族で父のいる施設へ。  

星野伸之さんのスタイルの様に

野球選手の中で誰のようなスタイルで生きて行きたいか、という問いがもしあ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑