*

コーヒー焙煎とは何の作業なのか

公開日: : 焙煎アーティスト

昨晩、淀川の方で大きな花火が上がりました。
僕は見てないのですが、家族は家の3階からそれを見ていたそうで、その花火が終わると、カミさん曰く娘がおもむろに紙を取り出し、絵を描きだしたと。

 

花火を絵を描き、父ちゃんにも見せたかったからと、それはそれは花火をちゃんととらえた娘なりの表現で、それを見た時、僕に感動を与えてくれました。

 

夜遅くに家に帰り、ご飯を食べながら、カミさんからその話を聞いて、ちょっとウルッときた父ちゃんでした。

 

その絵は大事に大事にしまいました。

 

その優しさをいつまでも、と父ちゃんは思ったり。

 

はい、今回はですね、コーヒー焙煎と言う作業は要約すればなんなのか、を書いていきますね。

 

 

焙煎とは豆を膨らます作業

 

写真がコーヒー生豆(なままめ)と呼ばれる、焙煎する前のコーヒー豆です。
これに熱をあて、その熱で化学変化を起こして、あの芳香なコーヒー豆となります。

 

その化学変化の過程でガスが発生し、それが香りとなるのですね。
そのコーヒーの焙煎における化学変化では、いろんなガスや香りの物質がでるのですが、かなりの数が未だ解明されておらず、コーヒーがどこか謎めいている飲み物なのは、そのせいかもしれませんね。

 

コーヒー生豆は顕微鏡で見ると繊維の塊で、例えるなら食器洗いのスポンジですね、スポンジをイメージしてください。

 

そのスポンジは中にいくつの空洞がありますよね。
熱によって繊維を伸ばして、伸ばすと空洞が大きくなっていき、その空洞にガス、これが香り成分ですね、これが溜まるという感じです。

 

コーヒー豆を挽くときに、その空洞に潜んでいるガス、香り成分ですね、これが放出されあたり一面はコーヒーの香りが広がる、というわけです。

 

焙煎とは繊維をふっくらと伸ばす、そんな作業

 

ご飯を炊くの同じ感じですね。
コーヒー生豆に熱をあて、繊維を伸ばす。

 

それだけの作業ですが、シンプルが故に奥が深いというか、難解な部分があり、そこが焙煎する人をひきつけ魅了し、奥へ奥へと進めてしまうのですね。

 

どんな味わいにしたいか、潜在する香りをどれだけ引き出すか、これは焙煎のテクニックになります。
強い味わい、優しい味わい、焙煎する人の性格も味わいにでますね。

 

コーヒー生豆という繊維質の塊を、熱を利用して膨らませ、化学変化をおこさせ、香りとそしてあの味わいを発生させる。
簡単に言うとコーヒー焙煎とは、これをする作業です。

 

シンプルが故に誤魔化しがきかないのが、焙煎。
すべてそのコーヒーに出ますからね。

 

そこに愛が表現できるように、この先も修行の身であります。
楽しい修行ですけどね。笑

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎したてのコーヒーをドリップするとどうなるか?

プロローグ 昨日の月曜日はお休みを頂きまして、娘と公園で遊んだりし家族でゆっくりと時間を過ごしまし

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

家でコーヒーを楽しむとき、ミルクは何を使うべきか?

プロローグ 昨日、奥さんが用意したアイスコーヒーが美味しかったー。こんにちは 焙煎アーティスト島規

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

暑い時に欲しくなる、あまーいコーヒーのレシピ教えちゃう

プロローグ 実は僕、昔バーテンダーになりたいと夢見た時期がありました。シェーカーを振りグラスに注ぐ

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

今日の #島珈琲録

久しぶりに書くことが浮かばない。 困ったなぁ。   ブログは書きたいのだけど、今朝はいつも

記事を読む

仕事を楽しむ、とは何ぞや

なぜ僕が「エクスマ=エクスペリエンスマーケティング」にこんなにも興味を持っているのか。 &nb

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

1日どれくらいのコーヒー豆の焙煎をしているの?

プロローグ 朝、高槻店や岡町本店に到着すると、まず一番初めに行うのは神棚の水を取り替え、手を合わし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
丁寧な接客を心がけて

高槻店の営業日はは火曜日から土曜日。 岡町本店の営業は日曜日だけ。 &

島珈琲の香りの定期便 香りあふれる便 version up しようか考え中

最近ですね、有難いことに島珈琲の香りの定期便、香りあふれる便のオーダー

粉の香りは細挽きより中挽きの方がいい?

昨晩、娘とカミさんがドラえもんの映画を観ていたので、僕はちょっと一人の

エスプレッソのお湯割りも美味しいで

最近、ファミリーコンピュータクラシックに家族でハマっています。 スーパ

高槻店の喫茶コーナーは続けていきます!

昨晩、娘と一緒に2月のカレンダーを見ていて、あれこれ話をしていて、2月

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑