*

心のゆとり

公開日: : 最終更新日:2019/09/20 カフェオープンに参考になる話

今朝、家を出る時、娘が玄関でお見送りをしてくれました。
父ちゃん、なんでそんな朝早く行くのフフッと笑って。

 

お店10時から開けるのにー、と娘。
娘からしたら不思議ですよね。

 

10時からオープンなのに早い時は6時過ぎには家を出ていくこと。
とりあえずその時は言葉少なめに、夜早く帰りたいから、そうじゃないと娘ちゃんと遊べないやろ、と言うと、娘が帰ってくるの遅い時もあるやんと。
そう言われ沈黙する僕。

 

まぁ娘よ、大人になったらわかるよ。笑
ということで、僕は焙煎は朝にするタイプです。
夜は配達とかも入りますし、はよ帰ってビール飲みたい、娘と遊びたい、というのもありますので、ね。笑

 

さて、今回はゆとりの話。
珈琲とはゆとりの飲み物です。

 

 

そのゆとりの飲み物を売る人に心のゆとりがなかったら

 

お世話になっている地銀の担当の方と、お話をしていたのですね。
コーヒーはゆとりの飲み物、心がほっとしたりする飲み物じゃないですか、それを売る人にゆとりがなかったら、不思議と売れないもんなんですと。

 

写真は岡町本店の入り口ですが、岡町本店をオープンしたのが2002年26歳の時、最初は全然コーヒー豆が売れなくて、ゆとりなんて全くありませんでした、心にも経済的にも。

 

どうしたらお客さんが買いたいと思ってもらえるのか、その時いろいろ悩み、考えました。
で、たどり着いた答えの一つが、心にゆとりが必要なんだと。

 

コーヒーという、ゆとりを飲み物を販売している僕に心のゆとりがない。
それも一因があるはず、と思いそこから心の勉強をしました。

 

勉強っていっても、偉人の言葉などを読んで、どうやって心を常にいい状態に持っていくか。
優しさも持って、思いやりも持てる、そんなゆとりのある心。

明るい考え方に持っていき、常に明るく居るようにできるか。

 

その心を持てるように、追い求めました。

 

心の見えない部分、だけどお客さんから見えているのです

 

売れてないときは、売れないからどうしようと悩んでいるわけです。
悩んでいるから、お客さんと会話してても、顔がこわばってたり、悩んでいる顔になっているものなんです。

 

笑う門には福来る、という諺があるように、心に「笑」がないと福は訪れないのですね。
いつも笑顔で居られるような心とは、それを求めることが大事だなと思ったわけなのです。

 

それで偉人の言葉などの書いた本を貪るように読み、その言葉の学びから、心を常に明るく、そしてご機嫌にいられるように、自分の心をコントロールできるように意識しました。

 

未だ、まだまだですけどね。

 

ゆとりの商品を扱っているからには、まずは自分の心のゆとりを持つこと、今も大事にしていることです。

 

心にゆとりがあるからお店が繁盛する、と、直結はしないとは思いますが、お客さんからの目線で考えた時、それはとても大事なことと僕は考えます。

 

銀行員の方と話していて、改めて思い出したことはそんなことでした。

 

あと、楽しそうにしてる、も大事だなぁ。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カフェオープンする方へ お客さんからのアドバイスは聞く耳半分でいい

最近、島珈琲へカフェで使うコーヒー豆のお問い合わせが増え、嬉しく思っている僕です。  

記事を読む

大事なことは、そこが好きな場所かどうか

さて本日より家族旅行に行ってきます。 南紀白浜アドベンチャーワールドへ、2泊3日。   高

記事を読む

ベースカバー論

本日、1月2日も高槻店は営業しております。 10時よりスタート。   三が日は時短営業で1

記事を読む

あなたのお店の口コミは目に見えてますか?

昨晩、布団に横になり三島由紀夫の「金閣寺」をおもむろに手にする。 全部読み切るつもりで手にしたわけ

記事を読む

続けていくコツとは

信じてもらえないと思いますが、僕は学生の頃「続かない」人でした。 部活なんかそうですし、何事も直ぐ

記事を読む

おしゃれなお店 楽しそうなお店 どっちがいい?

5月28日火曜日は、長野県白馬五竜スキー場にて開催される短パンフェスに、島珈琲が出店します。 前日よ

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えていたら書きますね、と書きまして、

記事を読む

ほんとですか?環境によって味わいも変わります

実は僕、毎食後に新ビオフェルミンS 乳酸菌のくすりを飲んでいます。 と言うのも、すぐにお腹いたにな

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

コーヒーの需要と供給はどうなっていくか

最近、お客さんから以前テレビで見たんですけど、世界的なコーヒーの需要が

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑