*

ドリップポットの口(首)の太さの違いを考える

公開日: : ドリップコーヒー

 

綺麗ですね。
これどこだかわかるでしょうか。

 

実はこの写真は北海道の摩周湖。
摩周ブルーが鮮やかですね。

 

実はこの写真、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いている、北海道は屈斜路湖畔の森の中に佇む、コーヒーと手作りスィーツのお店「Coffee&Sweets 花音」のオーナーさんから送って頂きました。

 

はぁーもうこれは行きたくなる、吸い込まれるブルーですね。

 

花音さんの詳しい情報はこちらです。

https://www.sweets-kanon.com/

 

あー北海道、いいなぁ。笑

 

ドリップポットの口の部分を考える

 

ドリップポットの注ぐお湯が出るところを口、鶴のような口に見えるから、つる口と僕らは読んでいますが、その胴体につながるまでの部分はなんていうのか。

 

調べてみてもちょっとわからなかったのですが、ゾウの鼻のようでもあるし、鶴の首のようにも見えるし、首の部分でいいのかな。

 

写真のように、同じつる口でも、胴体につながっている部分から細くなっているタイプ。
それから写真手前ですね、胴体とつながっている部分は太いけど、じょじょに細くなるタイプ。

 

 

どちらがどうなのか、を今回は説明しますね。

 

ドリップするときは、注ぐお湯の線を細くするのが良いのですが、そうなると口がより細いタイプが良くて、胴体からつる口まで細く伸びている方が安定して細い線でお湯を出すことができ、優しくドリップすることができます。

 

安定したお湯の細さを求めるなら、写真の奥の胴体からつる口まで細いタイプがいいでしょう。

 

胴体からつる口に向かってだんだん細くなるタイプの長所は?

 

ポットを傾ける角度や勢いによって、ドバっとお湯がでてしまいますので、上の細いつる口のタイプに比べると、細い線でお湯を出すことはテクニックがいります。

 

このポット利点は、例えば1杯分だけではなく、時に4杯分を一気にドリップするな併用するときは便利なのです。

 

胴体から細いタイプは傾けても、スピードはちょっと上がりますが、胴体から太くなってじょじょに細くなるタイプのポットのスピードとはかなり違います。

 

複数杯一気にドリップするときは、1杯分の時よりもお湯を注ぐスピードを上げないと、ドリップが終わるまでに時間がかかりすぎるのですね。

 

ですからお湯を注ぐスピードも上げることになりますが、細いタイプだと比べて時間がかかってしまうのです。

 

僕の所見では、1杯分もしくは2杯分くらいのドリップがメインなら、胴体から細くでているつる口のタイプをおススメします。

 

一杯分もドリップするけど、結構4杯分5杯分を一気にドリップすることもあるなぁという方は、写真手前のような、胴体につながっているところは太く、そして口に向かって細くなるタイプのドリップポットがおススメです。

 

昨日、お客さんとお話していたことを書いてみました。
参考になれば嬉しいです。

 

それでは。

 

いつもありありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

プロの僕がハンドドリップで気をつけていること

実は僕、クレジットカードであまり買い物しない人なんです。   カードを作ったの

記事を読む

溶けた氷の水で薄まらないアイスコーヒーを作るのは、どうしたらよいか?

さて、大阪は暑く、夏の入り口にさしかかったそんな気候が続いています。 朝晩は比較的過ごしやすい気温

記事を読む

ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ込み、ワイヤをジョイントしなが

記事を読む

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが、3月27日の火曜日 高槻店は

記事を読む

ペーパードリップでの「蒸らし」のコツを書いてみた

物事を始めるのには、たいていきっかけがありますよね。 誰かのを見て始めようと思った、とか。

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

円すいと台形3つ穴のドリッパーのそれぞれの良いところ

昨晩はドリップバッグの仕込み焙煎を10キロのコーヒー豆を焙煎し、翌日、今日ですね、に工場で一つ一つパ

記事を読む

ドリップで薄味と濃味を作るちょっとしたコツ

プロローグ 3歳の娘がなぜかよくわかりませんが、ニトリが大好きでしょちゅう近所のニトリに連れて行け

記事を読む

ハンドドリップ、ちょっと肩の力を抜く考え方

昨日は休日。 午前中は仕事をしまして、幼稚園は正午までに終了した娘と、2人でイオンでデートしま

記事を読む

ドリップの粉の膨らみはテクニックではない

先日もお知らせしましたが、1月15日火曜日は高槻店は臨時休業いたします。 ご迷惑をおかけしますが、よ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
あのコーヒーが帰ってくる TAPANCOFFEEが

本日、高品質高級コーヒー豆が届きました。 あのコーヒーが帰ってくるので

2/25,26 高槻天神祭りは中止になりました

昨日、天神祭り実行委員会の方が残念そうなお顔をして、写真にある用紙を持

コーヒーへの思い

あるお願い事を頂きまして、この「コーヒーへの思い」を考えています。 考

煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなく

BGMを川のせせらぎにして

昨日はお休みでしたが、半日を焙煎機のメンテナンスの時間にあて、焙煎機を

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑