*

どうしてますか?ペーパードリップで使うペーパーフィルターの保管のお話

こうしてブログを毎日のように書いていると、以前にも書いた似たような内容のブログは、もう書かなくてもいいかな、と思うことしばしばです。

 

そうすると、もう僕の知っているコーヒーのことについては、出し切ったのでは、と思うことも、これまたしばしばです。

 

すると、ブログはもう書く必要がないのではないか、なんて思いそうですがそのことを忘れてたり、まだそのことを知らない人もおられたりするので、たまにこうしてリライト、新たに書き直しですね、をしてもう一度投稿しております。

 

基本的な伝えたいことは同じでも、その時々に思うことは違うので、昔の記事をコピーしてそのまま掲載するのではなく、必ず新たに書き直しています。

 

今回はペーパーフィルターの保管について、注意して欲しい事を書き直しました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

紙は湿度を吸収する

 

特にこうした雨の多い季節には、気を付けて頂きたいのですが、雨が多いときだけじゃなく、いつもそうして保管してもらえると、コーヒー達はきっと喜ぶはずです。

 

紙は湿度とニオイを吸収します。
これも以前にも書きましたが、昔、八百屋さんで野菜を新聞紙にくるんでくれたり、おばあちゃんが野菜を宅急便で送ってくれたりすると新聞にくるまったりしているのは、野菜を湿気やニオイから守るため、なんですね。

 

野菜にそれらがつかないよう、外気を新聞紙に吸収させ野菜を守るわけです。

 

今はほとんどビニールなので、この例えが若い方に通用するのかどうかはちょっと不安になりますが、紙というは湿気を吸うのですね。

 

段ボールなんかでも梅雨の時期はなんかはいつもよりも、フニャフニャ感があるのですね。

 

よかったら一度、晴れの日に段ボールの硬さを確かめてから、雨の多い時季に段ボールをさわってみてください。
きっと違いますから。

 

紙がニオイや湿気を吸うと書きました、ではペーパーフィルターは何でできているのか、というとそうです、ペーパーです、日本語に訳すと紙ですね。(わかっとるわ!ですね 笑)

 

ペーパーフィルターを湿気やニオイから守るために

 

まず、どうして守らないといけないのか。
ペーパーフィルターを外気にさらした状態で保管し、ニオイや湿気がそれについたとします。

 

そのペーパーでコーヒーをドリップすると、それがコーヒーの液体に移ってしまうのですね。
コーヒーはとてもデリケートなんです。

 

乗り移れば、美味しくない要素を追加してしまうことになり、結果いつもと違う味わいのコーヒーができてしまうわけです。

 

それを防ぐために、タッパーやジップロックなど外気を遮断する容器に入れて、保管をして頂きたいのです。
簡単でしょ。

 

買ってきたペーパーフィルターがビニール袋に入っていれば、開封してもそのビニールに入れて、更にジップロックに入れると場所も取らず二重になってかなり厳重になりますよね。

 

それだけで大丈夫です。
味わいが向上するテクニックではありませんが、ダメージから守ることができるテクニックなのです。

 

これは直ぐにできることですよね。

 

それでは、美味しくそして楽しいコーヒーライフを引き続きお過ごしくださいね。
今回はペーパーフィルターの保管のお話、でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

中煎りのコーヒー粉はお湯が通りにくい

商社さんからエチオピアモカのサンプルが届きました。 以前に、エチオピアモカはアジャレを今年分の予約を

記事を読む

昨日はアイスコーヒー塾、一番反応があったアイスコーヒーは?

プロローグ 昨晩はアイスコーヒー塾の開催日でした。3名と少人数でアットホームなコーヒー教室、質問に

記事を読む

ドリップのあとはこうなる

なぜか、このタイトルを考え、書いたあとから、アン・ルイスのつわものどもの夢のあとだね、というあの歌が

記事を読む

コーヒーの香りをドリップで引き出す方法はあるのか?

昨日、母から電話がありました。   少し先ですが、3月27日の火曜日 高槻店は

記事を読む

僕のオススメのコーヒードリッパーはコーノ式の名門 円すいタイプです

プロローグ 今やコーヒーの器具も様々なものがあって、正直どれがいいのか?わからない方も多いようです

記事を読む

ハンドドリップの時のお湯の温度は計る必要はあるの?

このドリップするときのお湯の温度、のこともお客さんからよく聞かれる質問の一つです。 皆さんはどうさ

記事を読む

アイスコーヒーを作るのは、急冷か、時間をかけて冷やすのか、どっちがどっち?

現在、お店のいろんな契約が個人名義になっているので、法人の名義に変更するため、悪戦苦闘している、いや

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

ハンドドリップのやり方もいろいろあるよね

3月15日金曜日は高槻店臨時休業します。 明日は娘の卒園式。 娘のためにビシッとスーツで決めて、行っ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑