*

どうしてますか?ペーパードリップで使うペーパーフィルターの保管のお話

こうしてブログを毎日のように書いていると、以前にも書いた似たような内容のブログは、もう書かなくてもいいかな、と思うことしばしばです。

 

そうすると、もう僕の知っているコーヒーのことについては、出し切ったのでは、と思うことも、これまたしばしばです。

 

すると、ブログはもう書く必要がないのではないか、なんて思いそうですがそのことを忘れてたり、まだそのことを知らない人もおられたりするので、たまにこうしてリライト、新たに書き直しですね、をしてもう一度投稿しております。

 

基本的な伝えたいことは同じでも、その時々に思うことは違うので、昔の記事をコピーしてそのまま掲載するのではなく、必ず新たに書き直しています。

 

今回はペーパーフィルターの保管について、注意して欲しい事を書き直しました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

紙は湿度を吸収する

 

特にこうした雨の多い季節には、気を付けて頂きたいのですが、雨が多いときだけじゃなく、いつもそうして保管してもらえると、コーヒー達はきっと喜ぶはずです。

 

紙は湿度とニオイを吸収します。
これも以前にも書きましたが、昔、八百屋さんで野菜を新聞紙にくるんでくれたり、おばあちゃんが野菜を宅急便で送ってくれたりすると新聞にくるまったりしているのは、野菜を湿気やニオイから守るため、なんですね。

 

野菜にそれらがつかないよう、外気を新聞紙に吸収させ野菜を守るわけです。

 

今はほとんどビニールなので、この例えが若い方に通用するのかどうかはちょっと不安になりますが、紙というは湿気を吸うのですね。

 

段ボールなんかでも梅雨の時期はなんかはいつもよりも、フニャフニャ感があるのですね。

 

よかったら一度、晴れの日に段ボールの硬さを確かめてから、雨の多い時季に段ボールをさわってみてください。
きっと違いますから。

 

紙がニオイや湿気を吸うと書きました、ではペーパーフィルターは何でできているのか、というとそうです、ペーパーです、日本語に訳すと紙ですね。(わかっとるわ!ですね 笑)

 

ペーパーフィルターを湿気やニオイから守るために

 

まず、どうして守らないといけないのか。
ペーパーフィルターを外気にさらした状態で保管し、ニオイや湿気がそれについたとします。

 

そのペーパーでコーヒーをドリップすると、それがコーヒーの液体に移ってしまうのですね。
コーヒーはとてもデリケートなんです。

 

乗り移れば、美味しくない要素を追加してしまうことになり、結果いつもと違う味わいのコーヒーができてしまうわけです。

 

それを防ぐために、タッパーやジップロックなど外気を遮断する容器に入れて、保管をして頂きたいのです。
簡単でしょ。

 

買ってきたペーパーフィルターがビニール袋に入っていれば、開封してもそのビニールに入れて、更にジップロックに入れると場所も取らず二重になってかなり厳重になりますよね。

 

それだけで大丈夫です。
味わいが向上するテクニックではありませんが、ダメージから守ることができるテクニックなのです。

 

これは直ぐにできることですよね。

 

それでは、美味しくそして楽しいコーヒーライフを引き続きお過ごしくださいね。
今回はペーパーフィルターの保管のお話、でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ちょっとやってみて!ドリップコーヒーの為の小技集

プロローグ 私事ですが、今月自宅の引越をすることになりました。   奥様の夢

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

蒸らしを終わらせるタイミングとは

ここ数回、蒸らしに関係するブログが多いような気がしております。 ではおさらい、「蒸らし」とは何か。

記事を読む

ペーパードリップは何分で終わらすのが正解なのか?

プロローグ 使う器具によって違うのですが、今回はペーパードリップは何分で終わらすのが良いか、このこ

記事を読む

ペーパードリップを考える。そもそも「蒸らし」って必要なの?

プロローグ 前回ペーパードリップにおいて、「蒸らし」を上手にやる為の方法を書きました。 前回の記

記事を読む

深煎りと中煎りと同時にドリップをすると、どちらが早いか?

プロローグ 今回の記事は、けっこうどうでもよい記事なのかもと思っておりますが、まぁそんなこともある

記事を読む

コーヒーと味わいと体調のはなし

プロローグ 昨晩、キムチを食べながらふと思いだしたこと、今回はつらつらと。 僕はどちらかというと

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。   スパーリングも

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの正しいやり方  美味しく淹れる方法は?

日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業している僕です。

値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

→もっと見る

PAGE TOP ↑